現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 軽SUVに「新顔」登場!? 半円ライト装備の新型「デリカミニ」2023年投入へ! ゴツかわいい姿とは?

ここから本文です

軽SUVに「新顔」登場!? 半円ライト装備の新型「デリカミニ」2023年投入へ! ゴツかわいい姿とは?

掲載 72
軽SUVに「新顔」登場!? 半円ライト装備の新型「デリカミニ」2023年投入へ! ゴツかわいい姿とは?

■三菱「軽SUV」の新顔として登場!?

 三菱は、新型軽スーパーハイトワゴン「デリカミニ」を東京オートサロン2023に参考出品し、2023年初夏に投入するとアナウンスしています。

【画像】軽SUVに新顔!? ゴツかわいい新型「デリカミニ」の姿とは(50枚)

 すでに公開された外観デザインからは、SUVらしいタフなスタイルが強調されていますが、どのような新型軽自動車として登場するのでしょうか。

 新型デリカミニは、SUVとしての走破性とMPVとしての居住性を融合させた同社の「デリカD:5」の世界観を軽スーパーハイトワゴンに凝縮したモデルとして登場。

 外観は、三菱車のファミリーフェイス「ダイナミックシールド」に、半円形のLEDポジションランプを内蔵したヘッドライトを組み合わせた、親しみやすさと力強さを兼ね備えたフロントフェイスが特徴的です。

 フロントバンパーとテールゲートガーニッシュには立体的な「DELICA」ロゴを配したほか、ブラックのホイールアーチに加え、前後バンパー下部にプロテクト感のあるスキッドプレート形状を採用。デリカシリーズならではのSUVらしい走破性が表現されます。

 アルミホイールは、タフさを表した形状とスタイリッシュさを持ち合わせたダークシルバー塗装で仕上げたほか、新色ボディカラーとしてアッシュグリーンメタリックを採用。都会からアウトドアレジャーまであらゆるシーンに馴染むテイストとしています。

 SUVづくりで定評のある三菱が、群雄割拠の軽スーパーハイトワゴン市場でさらに存在感を発揮できるのか、注目されます。

※ ※ ※

 三菱のデリカシリーズに新たに加わるデリカミニですが、シリーズの頂点にあたるデリカD:5は、現行モデルが2007年に発売されました。

 2019年にビッグマイナーチェンジを受け、フロントフェイスが刷新されたほか、ガソリン車がラインナップから廃され、ディーゼルエンジンのみの仕様の展開となりました。

 並のSUVを超える悪路走破性も魅力のひとつで、アプローチアングル21.0度、ランプブレークオーバーアングル16.5度、ディパーチャーアングル23.0度、最低地上高185mmを確保し、泥濘地や岩場などのオフロード走行に耐えうるスペックを兼ね備えています(数値は標準車)。

 また、三菱のSUVラインナップとしては、最新モデルにあたる2021年12月発売の「アウトランダーPHEV」などが存在するほか、海外向けモデルにも目を向けると「パジェロスポーツ」や「エクスパンダークロス」(SUVルックの3列MPV)なども存在します。

 それではここでクイズです。

 クーペSUVタイプのボディを持つ三菱のSUV新規車種として、日本では2018年3月に新発売された車種の名前は次のうちどれでしょうか。

【1】パジェロ

【2】エクリプス クロス

【3】RVR

【4】アトラージュ

※ ※ ※

 正解は【2】の「エクリプス クロス」です。

 エクリプスクロスは、近年はやりのクーペSUVルックなデザインを採用しつつ、SUVとしての機能性を一切妥協せず開発された「三菱らしいクーペSUV」として登場。

 2020年12月にはビッグマイナーチェンジが実施され、プラグインハイブリッド仕様車が新たに追加されました。

※クイズの出典元:くるまマイスター検定

こんな記事も読まれています

ブリッツがスロットルコントローラー「Power Thro」とターボ車ブーストアップ製品「Power Con」に『スペーシアカスタム』の適合を追加
ブリッツがスロットルコントローラー「Power Thro」とターボ車ブーストアップ製品「Power Con」に『スペーシアカスタム』の適合を追加
レスポンス
【MotoGP】ジョアン・ミル、ホンダの24年マシンに不満「僕らは間違った方向性を選択してしまった」
【MotoGP】ジョアン・ミル、ホンダの24年マシンに不満「僕らは間違った方向性を選択してしまった」
motorsport.com 日本版
大きくなっても“ミニらしさ”健在? 新型「ミニ・カントリーマン」公道での印象は? キャラ立ちしたデザインと操作系&走りが好印象
大きくなっても“ミニらしさ”健在? 新型「ミニ・カントリーマン」公道での印象は? キャラ立ちしたデザインと操作系&走りが好印象
VAGUE
22年の歴史に幕! マツダ「最上級セダン」終了も”まもなく”「次期型」登場へ!? 「新型マツダ6」どうなるのか
22年の歴史に幕! マツダ「最上級セダン」終了も”まもなく”「次期型」登場へ!? 「新型マツダ6」どうなるのか
くるまのニュース
日産の名車といえばハコスカ、ケンメリだけじゃない! 幕張メッセにまさかのプリメーラが?…オートモビルカウンシル2024
日産の名車といえばハコスカ、ケンメリだけじゃない! 幕張メッセにまさかのプリメーラが?…オートモビルカウンシル2024
レスポンス
フェラーリ「296」とトヨタ「GR86」がバトル! SUPER GT「GT300」クラスはクルマ好き必見です【参戦26台を一挙紹介Vol.3】
フェラーリ「296」とトヨタ「GR86」がバトル! SUPER GT「GT300」クラスはクルマ好き必見です【参戦26台を一挙紹介Vol.3】
Auto Messe Web
初めてのマイカーを運転した時に戸惑ったこと、3位サイドミラーの調整、2位給油口の開け方、1位は?
初めてのマイカーを運転した時に戸惑ったこと、3位サイドミラーの調整、2位給油口の開け方、1位は?
@DIME
メルセデス・ベンツ EQAがマイナーチェンジ、新開発の高性能大容量バッテリーを搭載
メルセデス・ベンツ EQAがマイナーチェンジ、新開発の高性能大容量バッテリーを搭載
Webモーターマガジン
王者36号車au TOMSが堂々ポール。ただQ1担当の山下は”複雑”な心境|スーパーGP開幕戦岡山:GT500 PP記者会見
王者36号車au TOMSが堂々ポール。ただQ1担当の山下は”複雑”な心境|スーパーGP開幕戦岡山:GT500 PP記者会見
motorsport.com 日本版
軽トラなのにオシャレさを追求……って魂動デザインの起源か! マツダB360は情熱と魂の結晶だった
軽トラなのにオシャレさを追求……って魂動デザインの起源か! マツダB360は情熱と魂の結晶だった
WEB CARTOP
アウディ スタイリングとスポーティネスに磨きをかけた新型S3を発表
アウディ スタイリングとスポーティネスに磨きをかけた新型S3を発表
Auto Prove
刑事モノといえばクルマは劇中の華! スカイラインにRX-7にガゼール……心に刺さりまくった記憶に残るモデルたち
刑事モノといえばクルマは劇中の華! スカイラインにRX-7にガゼール……心に刺さりまくった記憶に残るモデルたち
WEB CARTOP
マセラティはカスタマイズ「フォーリセリエ」を訴求…オートモビルカウンシル2024
マセラティはカスタマイズ「フォーリセリエ」を訴求…オートモビルカウンシル2024
レスポンス
顔がスゴイ! “斬新顔”のスバル「3列SUV」!? 大排気量“6気筒”エンジン搭載の最上級モデル「B9トライベッカ」とは
顔がスゴイ! “斬新顔”のスバル「3列SUV」!? 大排気量“6気筒”エンジン搭載の最上級モデル「B9トライベッカ」とは
くるまのニュース
新方式導入で“初めて”ポール獲得。篠原「自分で名乗れるのはちょっと嬉しい」|スーパーGP開幕戦岡山:GT300 PP記者会見
新方式導入で“初めて”ポール獲得。篠原「自分で名乗れるのはちょっと嬉しい」|スーパーGP開幕戦岡山:GT300 PP記者会見
motorsport.com 日本版
スーパーGT、2024年第1戦岡山を皮切りに全大会で公式練習をYouTube無料ライブ配信
スーパーGT、2024年第1戦岡山を皮切りに全大会で公式練習をYouTube無料ライブ配信
AUTOSPORT web
過去の名車の現代化――それは実現しなかった夢でありながら、叶えられた祈りでもあった…【アメリカンカープラモ・クロニクル】第24回
過去の名車の現代化――それは実現しなかった夢でありながら、叶えられた祈りでもあった…【アメリカンカープラモ・クロニクル】第24回
LE VOLANT CARSMEET WEB
スーパーGT第1戦決勝前に航空自衛隊がウエルカムフライト。2機のF-2戦闘機がサーキット上空を飛行
スーパーGT第1戦決勝前に航空自衛隊がウエルカムフライト。2機のF-2戦闘機がサーキット上空を飛行
AUTOSPORT web

みんなのコメント

72件
  • この軽、いい顔してんじゃん!
  • 黒い樹脂のサイドシルと
    フェンダーの黒い塗装で
    車高を上げてる様に見せてるけど
    やっぱりekの顔違いでしかないな。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

250.0360.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

9.8167.0万円

中古車を検索
MPVの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

250.0360.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

9.8167.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村