サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 自動車レースで使う「スリップストリーム」 日常の運転で燃費を向上させるテクニックと注意点

ここから本文です

前走車を風除けにして空気抵抗を減らす

 F1などのレース中継ではおなじみの用語となっているスリップストリーム。高速で走行するクルマは“空気の壁“が大きな抵抗になる。エンジンの出力がその空気抵抗に打ち勝てなくなったところで、そのクルマの最高速を迎えると言っても過言ではないだろう。

街乗りでも効果を体感しやすい! 素人でも違いが分かるチューニングパーツ5選

 もちろん走行中のクルマには、空気抵抗以外にもタイヤの転がり抵抗や、機械的なフリクションロス、駆動抵抗などの抗力がかかるが、およそ160km/h以上になると、抗力の9割は空気抵抗になる。というのも、空気抵抗は速度の二乗に比例して大きくなるからだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ