サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 超高回転の咆哮こそホンダエンジンの真骨頂! VTECを搭載したスポーツモデル5選

ここから本文です

■かつてホンダ車の真骨頂だった高回転エンジンの咆哮

 国産車の性能向上は1980年代に一気に進みましたが、その立役者になったのがターボとDOHCエンジンの普及です。どちらも決して新しい技術ではありませんが、市販エンジンに普及したのがちょうど1980年代で、メーカー間の馬力競争が勃発したことで次々と高性能車が登場しました。

スープラ並みに速いセダンがあった? 絶滅寸前なスゴいセダン5選

 現在、高性能車ではターボエンジンが主流ですが、かつては高回転・高出力を目指した自然吸気エンジンも数多く存在し、各メーカーがこぞって開発をおこなっていました。

おすすめのニュース

サイトトップへ