サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > かつてはクロカンの象徴的スタイルだったのに!? なぜ背面スペアタイヤは少数派になったのか?

ここから本文です

 かつてのSUVには、ボディの背面にスペアタイヤを装着する車種が多かった。1980~1990年代のパジェロやランドクルーザーなどでは、背面スペアタイヤが定番のスタイルだった。

 このスペアタイヤが今では荷室の下側(アンダーボックスの内部)に移され、背面に装着するのは、ジムニーやメルセデスベンツGクラス程度だ。

かつてはクロカンの象徴的スタイルだったのに!? なぜ背面スペアタイヤは少数派になったのか?

 なぜ背面スペアタイヤが定番のスタイルになりながら、今では少数派に変わってしまったのか。検証してみたい。

おすすめのニュース

サイトトップへ