現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 3列シートを備えたボルボの新しい電気自動車SUV「EX90」が初公開

ここから本文です

3列シートを備えたボルボの新しい電気自動車SUV「EX90」が初公開

掲載 8
3列シートを備えたボルボの新しい電気自動車SUV「EX90」が初公開

 スウェーデンのボルボ・カーズは2022年11月9日、7名乗り3列シート仕様の新型BEVモデルとなるEX90を発表した。

 ボルボは2030年までに電気自動車のみの販売を目指し、さらに2040年までにはC02などの温室効果ガスの排出量を実質ゼロにするクライメート・ニュートラル(Climate neutral=気候中立)な企業になるという高い目標を設定している。その方向性を明示する電動フラッグシップSUVとして設定されたのが、今回発表されたEX90だ。

ボルボXC40の特別仕様車「アルティメットB4 AWD ダークエディション」が日本デビュー

 エクステリアは機能が形をつくる新しいスカンジナビアンデザインを採用。SUVスタイルを基調に多用途でスタイリッシュなファミリーカーに仕立て、合わせてコアコンピューティングやコネクティビティ、電動化などの最先端技術と組み合わせて、安全性、効率、デザインを最適化する。新しいトールハンマーデザインのLEDヘッドランプおよびデイタイムランプやクローズドタイプのグリル、C字型のLEDコンビネーションランプとリアピラー後端左右に縦型に配したランプ、空力特性を考慮した独特な造形のアルミホイールなども目を引く部分だ。ボディサイズは全長5037×全幅2039×全高1747mmと既存のXC90に比べてロングかつワイドにアレンジし、一方でホイールベースは2984mmと同寸に設定している。

 最新のセンシングテクノロジーによって既存のボルボ車を上回る高い安全性を実現したことも、EX90の訴求点。高性能なカメラやレーダー、そしてLiDAR(ライダー)などの最新センサーを新設計のコアコンピューターに接続し、AI用のNVIDIA DRIVEプラットフォームXavierやOrinなどがボルボの社内製ソフトウェアを実行して、リアルタイムに360度ビューを作り出す。これが安全性を高める運転情報の提供や危険回避に役立てられ、車線変更時のステアリング操作のサポートや運転支援機能のパイロットアシストの信頼性および性能の向上を実現した。なお、EX90は将来の自動運転に対応するハードウェアを備えた最初のボルボ車というキャラクターも有し、コアコンピューターが新しいデータから常時学習するとともにアップデートを繰り返して、走行距離と時間を経るごとにより賢く、より安全なシステムへと進化するという。

 インテリアに関しては、インパネ上部を水平基調にアレンジして前方視界を高めたうえで、Epic Games社の3Dツール「Unreal Engine」を用いた高品質グラフィックスのメータースクリーンおよびヘッドアップディスプレイを配備する。また、バーチカルマウントの14.5インチサイズのセンタースクリーンを採用し、インフォテインメントシステムとして最新のGoogleを搭載。Googleアシスタントによるハンズフリー支援やGoogleマップのナビゲーション、Google Playのお気に入りアプリなど、Googleのアプリやサービスを豊富に組み込み、合わせて5G接続やワイヤレスのApple CarPlayにも対応させた。さらに、ボルボ車で初採用となるドルビーアトモスを搭載。ヘッドレスト一体型スピーカーを組み合わせたBowers&Wilkinsのオーディオシステムや、スマートフォンが車両のキーとなるフォンキーテクノロジーなどの新機能も採用した。一方、キャビン空間自体は2/3/2名乗車の3列式シートで構成。シート表皮にはリサイクル素材を使用したテキスタイルを導入する。さらに、インテリア全体にもサステナブルな素材や責任ある方法で調達された天然素材を使用した。

 パワートレインについては、当初販売するモデルにシステム最高出力380kW/最大トルク910Nmを発生する2基の前後モーターと、容量111kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載。また、同300kW/770Nmを発生する仕様も設定するという。一充電あたりの航続可能距離はWLTPモードで590km~600kmを実現。充電に関しては、最大250kWの急速充電に対応し、バッテリー残量10%から80%までを30分以内で充電することが可能だ。また、ボルボ車で初めて双方向充電に必要なハードウェアを採用。車両に搭載したバッテリーを使用して、自宅や電気機器、さらに別の電動ボルボ車への電力供給が行える。一方、基本骨格は新開発のSPA2プラットフォームと、約15%の再生スチールや約25%の再生アルミニウム、そして48kgの再生プラスチックとバイオベース材料を使用した専用ボディで構成。1台あたりの再生プラスチックの使用比率は、これまでのボルボ車では最高レベルの総量当たり約15%を成し遂げたという。

 なお、EX90の生産は2023年からアメリカで開始し、その後中国でも実施する予定。また、ボルボはEX90 を皮切りに、毎年1台ずつ新しい電気自動車を発表すると予告している。

こんな記事も読まれています

アドバンテージ × SHOWA のリアサスペンション「RSシリーズ」にモンキー125用が登場!
アドバンテージ × SHOWA のリアサスペンション「RSシリーズ」にモンキー125用が登場!
バイクブロス
想像以上に走り自慢のモデルに進化、最新「e:HEV」ハイブリッドの搭載は大正解! 新型フリード先取り試乗インプレ
想像以上に走り自慢のモデルに進化、最新「e:HEV」ハイブリッドの搭載は大正解! 新型フリード先取り試乗インプレ
月刊自家用車WEB
さらばKK線! 都心環状線C1と八重洲線を地下トンネルでつなげる「新京橋連結路」の事業がはじまる。2035年度完成予定。
さらばKK線! 都心環状線C1と八重洲線を地下トンネルでつなげる「新京橋連結路」の事業がはじまる。2035年度完成予定。
くるくら
オジェ、ダカール参戦に興味ナシ。ル・マン24時間には「また戻りたいという気持ちが強くなった」
オジェ、ダカール参戦に興味ナシ。ル・マン24時間には「また戻りたいという気持ちが強くなった」
motorsport.com 日本版
ベンツ、マイバッハの特別仕様車「S580ナイトエディション」発売 販売台数は30台
ベンツ、マイバッハの特別仕様車「S580ナイトエディション」発売 販売台数は30台
日刊自動車新聞
木の質感が最高! リラックスできる癒し空間を備えたトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
木の質感が最高! リラックスできる癒し空間を備えたトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
スズキ新型「ジムニー」いつ登場? めちゃ便利な“5ドア仕様”「発売待ってる!」日本導入に期待する声も!?
スズキ新型「ジムニー」いつ登場? めちゃ便利な“5ドア仕様”「発売待ってる!」日本導入に期待する声も!?
くるまのニュース
【F1第9戦無線レビュー】「問題がある。でもプッシュして」ホームでの勝利から一転。トラブルに苦しんだルクレール
【F1第9戦無線レビュー】「問題がある。でもプッシュして」ホームでの勝利から一転。トラブルに苦しんだルクレール
AUTOSPORT web
日産「ノートオーラ」が大胆イメチェン! 新フロントデザインのインパクトがデカすぎた
日産「ノートオーラ」が大胆イメチェン! 新フロントデザインのインパクトがデカすぎた
THE EV TIMES
唯一の「首都高が通らない区」脱却なるか!? 関越道「都心乗り入れ」計画に反響多数「今すぐ開通して」 練馬から「京葉道路へ直通」の未来も!?
唯一の「首都高が通らない区」脱却なるか!? 関越道「都心乗り入れ」計画に反響多数「今すぐ開通して」 練馬から「京葉道路へ直通」の未来も!?
くるまのニュース
角田裕毅「スペインでのパフォーマンスに不安はない」2戦ぶりポイント獲得目指す
角田裕毅「スペインでのパフォーマンスに不安はない」2戦ぶりポイント獲得目指す
motorsport.com 日本版
将来は中華街へ直結! 横浜郊外の都市計画道路の進捗は 住宅街を貫くトンネルも整備
将来は中華街へ直結! 横浜郊外の都市計画道路の進捗は 住宅街を貫くトンネルも整備
乗りものニュース
「#500 ハリケーンランプ」の100周年記念限定モデルが7/5発売!
「#500 ハリケーンランプ」の100周年記念限定モデルが7/5発売!
バイクブロス
ホンダ「すごいSUV」まもなく発売! 24年夏に約2年ぶりに復活! 新型「CR-V」日本仕様に「RS」&「ハイブリッド」追加はある?
ホンダ「すごいSUV」まもなく発売! 24年夏に約2年ぶりに復活! 新型「CR-V」日本仕様に「RS」&「ハイブリッド」追加はある?
くるまのニュース
アクティブからホンダ CBR600RR用/ヤマハ MT-09用「フェンダーレスキット」が登場!
アクティブからホンダ CBR600RR用/ヤマハ MT-09用「フェンダーレスキット」が登場!
バイクブロス
153ガレージから汎用「オリジナルグリップ」全5色が登場!
153ガレージから汎用「オリジナルグリップ」全5色が登場!
バイクブロス
テラチャージと日栄インテック、機械式駐車場向けEV充電器を提供開始
テラチャージと日栄インテック、機械式駐車場向けEV充電器を提供開始
レスポンス
約30年前のデザインとは思えない! ユーリエ「イントルーダー コンバーチブル」を知ってる? 1140万円なら悪くない投資です
約30年前のデザインとは思えない! ユーリエ「イントルーダー コンバーチブル」を知ってる? 1140万円なら悪くない投資です
Auto Messe Web

みんなのコメント

8件
  • トールハンマーとリアの縦型テールライトもいい感じに進化していますね。どこかのメーカーのある車種がパクリそうですが。
  • シンプルデザインがいいね!
    SUVのEVならボルボが一番カッコいい!
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

421.0552.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

128.0129.0万円

中古車を検索
90の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

421.0552.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

128.0129.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村