現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「GT-R」の影に隠れたホットハッチ! 300台限定の「パルサーセリエVZ−R」が本気すぎるも「シビック」には勝てず

ここから本文です

「GT-R」の影に隠れたホットハッチ! 300台限定の「パルサーセリエVZ−R」が本気すぎるも「シビック」には勝てず

掲載 17
「GT-R」の影に隠れたホットハッチ! 300台限定の「パルサーセリエVZ−R」が本気すぎるも「シビック」には勝てず

「打倒! シビックタイプR」を目指して開発

1990年代は、国産スポーツカーが熱かった時代だ。日産スカイラインR32GT-Rをはじめ、ホンダNSX、マツダRX-7(FD3S)、トヨタ スープラ(80)を筆頭に、1.6リッタークラスのホットハッチも文字通りホットなクルマが多かった。

300台弱しか販売されなかった幻の日産「サニーVZ-R」を知ってる? 「シビック タイプR」をカモれるサニーとは

N1耐久レースを強く意識したモデル

そうしたホットハッチの中で当時最強と言われたのは、ホンダ シビックタイプR(EK9)。そしてシビックのライバルと言えば、グループAレースでしのぎを削ったトヨタ カローラレビン&スプリンタートレノ。さらにシビックと同じく可変バルブタイミング機構のMIVECを備えた三菱ミラージュもワンメイクレースが盛んで、存在感を持っていた。

そうした中、最強のスペックを誇りながら存在感が薄く、日陰者になってしまったホットハッチがある……。それが1997年に登場した日産パルサーセリエ VZ-R・N1。ベースは5代目パルサーのN15。1995年にデビューしたN15が1997年にマイナーチェンジしたときに追加されたのが、VZ-Rだった。

名前に「N1」と入っているように、当時盛り上がっていたN1耐久レース(1998年からスーパー耐久レース)を強く意識したモデルで、オーテックジャパンがチューニングと販売を担当。

200psを誇るSR16VEエンジンを搭載

目玉は可変バルブタイミング&リフト機構「NEO VVL」を備え、NA1.6リッタークラスでは最強の200psを誇った新開発のSR16VEエンジンだ。200ps専用のシリンダーヘッド(通称:赤ヘッド)をはじめ、吸排気チューン、クランクシャフト、フライホイールのバランス取り、ポート研磨、燃焼室研磨、吸排気マニフォールド研磨など、かなり本格的なチューニングを施し、ライバルであるシビックタイプRの名機B16Bを15psも上まわっていた(車重は1110kgでシビックRより50kgヘビー)! 車体価格は259万2000円(シビックRは199万8000円)。

このスペックからも、日産サイドとしてはかなり本気で「打倒 シビックタイプR」を目指していたことがわかるはず。しかし、実際に走らせてみるとアンダーステアが強く、自慢のパワーが活かせるほどのトラクションもなかった。

限定300台のVZ-R・N1バージョン2も投入

「よく曲がるFF」として高く評価されていたシビックタイプRに比べると、ハンドリングはイマイチ劣り、トータルパフォーマンスでは明らかにEK9に分があった。そこで日産は翌1998年に、VZ-R・N1バージョン2も投入。

今度はサスペンションのスプリングレートを強化してフロントの車高をダウン。ダンパーも減衰力を見直し、タイヤサイズも195/55VR15から205/50VR15にサイズアップ。エンケイ製の軽量ホイールもオプションとして用意した。マフラーもフジツボ製の専用マフラーとなって、シートもR32GT-Rの純正シートのフレームを流用した専用スポーツシートに! こちらも限定300台で販売された。

ベースはよかったものの……

そして肝心のスーパー耐久レースではどうだったのか。けっこう有力なチームがパルサーVZ-Rで参戦し、善戦。FALKEN★パルサーは1998年、1999年に2年連続クラス2位(4クラス)。他にも5ZIGEN PULSARや、PMC・S(プリンス モータリスト クラブ・スポーツ)パルサー、ニッサンR&Dパルサーなどが走っていたが、チャンピオンはシビックに持っていかれてしまった……。

考えてみるとパルサーのルーツは日産チェリーで、1973年の富士マイナーツーリングでは、あの星野一義がドライブしたチェリークーペが、高橋健二のサニーに破れチャンピオンを逃している。VZ-Rの先代、N14のパルサーGTI-Rも「ラリーの日産」の復権を目指しててんこ盛りのスペックで登場したが、競技の世界では不発。アンラッキーな血統という面も否めない。

パルサーは、国産ホットハッチの歴史の中で、もっと評価されてもいいはずなのだが、VZ-Rなどは限定車ということもあって、ライバル車たちの間に埋没しており、少し残念な存在だ。

こんな記事も読まれています

4輪独立懸架×4WDでミッションはMTのみ! スバル初のリッターカー「ジャスティ」は個性がウナる1台だった!
4輪独立懸架×4WDでミッションはMTのみ! スバル初のリッターカー「ジャスティ」は個性がウナる1台だった!
ベストカーWeb
こんなデザイン「日本じゃ作れない!」と思ったら日本人の作品だった! 奥山清行氏が描いた「KODコード61バードケージ」のデザインセンスに脱帽
こんなデザイン「日本じゃ作れない!」と思ったら日本人の作品だった! 奥山清行氏が描いた「KODコード61バードケージ」のデザインセンスに脱帽
WEB CARTOP
ホンダ・レーシングのシビック・タイプR CNF-Rが2024年もS耐に参戦。毎戦ごとに異なるドライバーを起用へ
ホンダ・レーシングのシビック・タイプR CNF-Rが2024年もS耐に参戦。毎戦ごとに異なるドライバーを起用へ
AUTOSPORT web
いまや日本じゃイマイチも初代はクールで超絶人気! RAV4すら凌ぐ勢いの初代CR-Vは世界の「愛されSUV」だった
いまや日本じゃイマイチも初代はクールで超絶人気! RAV4すら凌ぐ勢いの初代CR-Vは世界の「愛されSUV」だった
WEB CARTOP
スズキが“超ショート”な「新型“ミニ”ジムニー」実車公開! 「走破性」も抜群な「超コンパクトSUV」! 驚きのベース車とは?
スズキが“超ショート”な「新型“ミニ”ジムニー」実車公開! 「走破性」も抜群な「超コンパクトSUV」! 驚きのベース車とは?
くるまのニュース
山﨑賢人、染谷将太ほか超豪華キャスト集結で“最強の呪術師”安倍晴明の若き日を描く『陰陽師0』
山﨑賢人、染谷将太ほか超豪華キャスト集結で“最強の呪術師”安倍晴明の若き日を描く『陰陽師0』
バイクのニュース
5/16申込締切【無料】「インド」の捉え方と日系サプライヤー進出の落とし穴
5/16申込締切【無料】「インド」の捉え方と日系サプライヤー進出の落とし穴
レスポンス
【スクープ】5ドアの国内導入もまだだけど……、スズキ「ジムニーピックアップトラック」は登場するか!? その市販型を大予想!
【スクープ】5ドアの国内導入もまだだけど……、スズキ「ジムニーピックアップトラック」は登場するか!? その市販型を大予想!
LE VOLANT CARSMEET WEB
古豪復活へ! 新生セルモの開幕戦は表彰台争い4位。新加入の大湯都史樹は予選&決勝で存在感「『大湯が入って変わった』と思われるように」
古豪復活へ! 新生セルモの開幕戦は表彰台争い4位。新加入の大湯都史樹は予選&決勝で存在感「『大湯が入って変わった』と思われるように」
motorsport.com 日本版
初代から変わらなすぎ、本当に二代目なのか!?「三菱ギャランΛ」【魅惑の自動車カタログ・レミニセンス】第44回
初代から変わらなすぎ、本当に二代目なのか!?「三菱ギャランΛ」【魅惑の自動車カタログ・レミニセンス】第44回
LE VOLANT CARSMEET WEB
ホンダが「新型4ドアセダン」世界初公開! カクカクな「GT CONCEPT」 24年末から新シリーズ続々、中国で発売
ホンダが「新型4ドアセダン」世界初公開! カクカクな「GT CONCEPT」 24年末から新シリーズ続々、中国で発売
くるまのニュース
2つの点灯モードを搭載した LED ランタン「Bamboo ゆらめき・ナイトランタン」がロゴスから発売!
2つの点灯モードを搭載した LED ランタン「Bamboo ゆらめき・ナイトランタン」がロゴスから発売!
バイクブロス
アルファロメオ ミラノがジュニアに。前代未聞の車名変更の珍事
アルファロメオ ミラノがジュニアに。前代未聞の車名変更の珍事
Auto Prove
前代未聞、アルファロメオ ミラノが当局からの指摘で車名を「アルファロメオ ジュニア」に変更
前代未聞、アルファロメオ ミラノが当局からの指摘で車名を「アルファロメオ ジュニア」に変更
Webモーターマガジン
日本橋の「首都高消滅工事」いよいよ本格化!? 都心環状線の「地下ルート切り替え」本体工事が開始秒読み 「空が見える日本橋川」実現へ
日本橋の「首都高消滅工事」いよいよ本格化!? 都心環状線の「地下ルート切り替え」本体工事が開始秒読み 「空が見える日本橋川」実現へ
くるまのニュース
普通自動車免許で運転できる電動リバーストライク Velocifero「MAD-TRUCK」の販売をMakuakeで開始
普通自動車免許で運転できる電動リバーストライク Velocifero「MAD-TRUCK」の販売をMakuakeで開始
バイクのニュース
「えっ…」登場5日で車名変更!? 世界初公開されたアルファ ロメオの新型SUV「ミラノ」が「ジュニア」に! その理由とは
「えっ…」登場5日で車名変更!? 世界初公開されたアルファ ロメオの新型SUV「ミラノ」が「ジュニア」に! その理由とは
VAGUE
いよいよ開幕!2024 SUPER GT第1戦 OKAYAMA GT300kmレースはau TOM’S GR Supraがポールポジションからの圧勝を飾る!!!
いよいよ開幕!2024 SUPER GT第1戦 OKAYAMA GT300kmレースはau TOM’S GR Supraがポールポジションからの圧勝を飾る!!!
AutoBild Japan

みんなのコメント

17件
  • この時代の日産はパルサーもしかり、とにかくデザインが悪くてダメダメだった、そして全モデル売れずルノーに買収された。
  • SRエンジンはシルビアに1番いいの使って欲しかった。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村