現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ハイエース並の長いボディ! でも車高はハチロク並にぺったんこ! なんじゃこりゃが詰まったアストンマーティンの超絶セダン「ラゴンダ」って何もの?

ここから本文です

ハイエース並の長いボディ! でも車高はハチロク並にぺったんこ! なんじゃこりゃが詰まったアストンマーティンの超絶セダン「ラゴンダ」って何もの?

掲載 13
ハイエース並の長いボディ! でも車高はハチロク並にぺったんこ! なんじゃこりゃが詰まったアストンマーティンの超絶セダン「ラゴンダ」って何もの?

 この記事をまとめると

■かつてアストンマーティンにはラゴンダと呼ばれるスーパーセダンが存在していた

007のボンドカーをメーカー自らリメイク!? 世界一有名なクルマといわれる「アストンマーティンDB5」ってそもそも何?

■1979年に発表したラゴンダ・シリーズ2はその後シリーズ3、4と進化を果たして1990年まで販売された

■ラゴンダはアストンマーティンのEVブランドとして復活が発表されたがいまだ実現はしていない

 DBSのホイールベースを300mm延長して誕生したセダン

 1960年代後半から70年代中盤にかけて、イギリスは斜陽国家の誹りを受けつつもテクノロジーに関する世界的なイニシアティブはかろうじて保っていたようです。コンコルドしかり、BMCミニしかり、そしてアストンマーティン・ラゴンダという未来志向のスーパーセダンが生まれたのもこの時代。イギリスの平均的な住宅価格のおよそ2倍から3倍という非常識なプライスタグを下げて登場したラゴンダとは、いったいどんなクルマだったのでしょう。

 そもそも、ラゴンダというのはクルマのメーカー名で、1948年にアストンマーティンと併合されるまではレーシングカーまで製造する高級車ベンダーだったのです。かのW.O.ベントレーさえ一時期働いていたといいますから、技術的な裏付けも確かだったこと、想像がつきますね。で、いまでこそアストンマーティンという社名になっていますが、当時の正式社名はアストンマーティン・ラゴンダであり、同社にとって「ラゴンダ」は伝説的な名前にほかならないのです。

 そんなラゴンダが車名として登場するのは1961年まで待たねばなりませんでした。アストンマーティン・ラゴンダ・ラピードという4ドアセダンで、DB4をベースにスーパーレジェッラで作られたチャーミングなボディを載せたものの、総生産台数はわずか55台で終了しています(2010年登場のラピードもこの車名からかと思いきや、1930年代のレーサーM45 ラピードにちなんだものでした)。

 それでもアストンマーティンは懲りることなく、1974年には再びラゴンダと名付けた4ドアモデルをリリース。当時、同社のトップレンジを担っていたDBSのホイールベースを300mm延長し(!)、社内デザイナーだったウィリアム・タウンズがどうにかこうにか4ドアスタイルに変更しています。この時期、オイルショックなどの影響でアストンマーティンは倒産直前。そのあおりで5台しか作られなかったという悲劇のモデルと呼んでいいでしょう。

 が、やっぱりこのシリーズ1と呼ばれるラゴンダには、イギリス人にありがちな無理があるような気がしてなりません。いまでいう魔改造そのものですからね(笑)。

 そして、新たな経営陣を迎えた1976年、今度はラゴンダ・シリーズ2と呼ばれる新型車を発売。新装開店したアストンマーティンが「景気よくやってまっせー」をアピールするためと噂されています。が、イランのパーレビ国王をはじめとしたオイルダラーがこぞってアストンに「4ドア作れ」コールを送っていたともいわれます。

 ちなみに、パーレビ国王は複数台のラゴンダを注文したようですが、亡命後はいずれも行方知れずに。残念ながら、イランの自動車博物館(すべての収蔵車がパーレビ国王のコレクション)では目録にすら載っていません。

 長くて低いラゴンダ独特のプロポーション

 1976年イギリス国際自動車ショーに続いて、上流階級の社交場として知られたアールズコートでのお披露目には、イギリスはもちろん世界各国から賓客が招かれたといいます。当時のライバルとしては、マセラティ・クワトロポルテ、デ・トマソ・ドーヴィルくらいしかなく、大いに注目されたのですが、発売は1978年にまでずれ込みました。

 未来のアストンマーティンを打ち出すために採用されたブラウン管を用いたメーターパネルの開発に難航したのが最大の原因だそうですが、よせばいいのにメーターは多言語表示の機能を盛り込むなど、マイコン制御だったこともその一因だったかと。ラゴンダの電装は知る人ぞ知る「電気技師泣かせ」な代物なようです。

 それでも、全長5335mmに対し全高1300mmという長く低いプロポーションは話題を呼び、また低いボンネットに収まるよう大改造されたアルミブロック5.3リッターV8エンジン、コノリーレザーを大奮発したインテリアなど、いま見てもゴージャス&アグレッシブな内容には目を目をみはります。全長はハイエースワゴンに等しく、車高はハチロクほどですから、そのコントラストがいかに異様なものかご想像ください。

 なお、デザインはシリーズ1と同じくウィリアム・タウンズですが、どうやらこのラゴンダが彼の遺作かもしれません。現在、アストンマーティンのデザインを率いるマレク・ライヒマンも、「タウンズは常識を壊したいと願っていました。シリーズ2はいまだ人々の記憶に鮮明に残っているので、それは成功したといえるでしょう」とコメントしています。

 ラゴンダ・シリーズ2は465台が製造されたと記録され、1986年にはマイナーチェンジによってシリーズ3となりました。キャブレターからボッシュ製のインジェクションに変更された程度で、1987年までに75台が製造されたにすぎません。とはいえ、これほど尖ったクルマでも、5日で1台作り上げるというのは、ラゴンダの架装工場たるティックフォードの生産効率を称えるべきではないでしょうか(ティックフォードもじつはアストンマーチン・ラゴンダ社に買収されたグループの一員)。

 そして、1987年からは最終モデルのシリーズ4が登場。エッジが効いていたボディラインは角が丸められ、クロームラインやリトラクタブルライトが廃止された結果、ふくよかで現代的なスタイリングにアップデートがなされています。

 じつはシリーズ3まではイギリス国内の法規に抵触する部分(リヤコンビネーションランプがトランクリッドそのものについており、トランクを開けているとリヤランプが見えない等)もあり、早急な改善が求められていたようですが、シリーズ1から数えるとだいぶ時間がかかってしまいましたね。

 なお、搭載エンジンはシリーズを通してほぼ同じパフォーマンスで、100×85mm、5341ccから240(243)馬力/5500rpm、39.8(44.2)kgm/2200(4000)rpm(カッコ内はキャブ仕様のシリーズ1)。アルミボディながら、およそ2トンのラゴンダは0-100km/h加速8.8秒、最高速230km/hを記録しており、当時としてはまあまあ高性能にランク入りしていたのではないでしょうか。

 ラゴンダは、アストンマーティンの4ドアモデルの総称となるはずでしたが、2010年にリリースされたラピードにはどういうわけか使われず、2016年の(ほぼ)限定モデルのラゴンダ・タラフまでお蔵入りとなっていました。このタラフは、シリーズ2が大好きなライヒマンが思い切りオマージュしていることで知られ、プロポーションやディテールのそこかしこに先代のエッセンスが感じられるクルマ。もっとも、工場出し価格が1億2500万円からという凄まじい値付けもオマージュされているかのようです(笑)。

 そして、2019年には4ドアモデルながらEV、しかもSUVというプロポーザルモデルがラゴンダのネーミングでリークされました。しかも、デザインモチーフはヨットのレース艇ともいわれており、これこそラピードでよくね? と思ったのは筆者だけではないでしょう。

 いずれにしろ、ラゴンダは歴史あるアストンマーティンだからこそ「使えるレガシーネーム」にほかなりません。その一翼を大きく支えているのが、シリーズ2/3/4であることもまた、クルマ好きが忘れがたい事実といえるのではないでしょうか。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

世界戦併催TCR南米ラウンドにて、ネルソン・ピケJr.が先代シビックRで初参戦「前輪駆動は新たな課題」
世界戦併催TCR南米ラウンドにて、ネルソン・ピケJr.が先代シビックRで初参戦「前輪駆動は新たな課題」
AUTOSPORT web
V6ターボ&ハイブリッドで367馬力! 新「アウディA5」にハイパフォーマンスモデル『S5』登場
V6ターボ&ハイブリッドで367馬力! 新「アウディA5」にハイパフォーマンスモデル『S5』登場
レスポンス
【鈴鹿8耐】水野涼「ポール獲れなくて悔しい。明日は”真ん中”に」ドゥカティKAGAYAMA、ポテンシャル示し決勝表彰台への期待高まる
【鈴鹿8耐】水野涼「ポール獲れなくて悔しい。明日は”真ん中”に」ドゥカティKAGAYAMA、ポテンシャル示し決勝表彰台への期待高まる
motorsport.com 日本版
長距離ツーリングを楽しめる「新作アドベンチャーバイク」の印象とは? トライアンフの最新モデルは“力強い3気筒エンジン”が魅力的
長距離ツーリングを楽しめる「新作アドベンチャーバイク」の印象とは? トライアンフの最新モデルは“力強い3気筒エンジン”が魅力的
VAGUE
「縁起の良い数字」のナンバープレートとは? “13種類”の人気番号ってなに? 「358」の気になる意味は?
「縁起の良い数字」のナンバープレートとは? “13種類”の人気番号ってなに? 「358」の気になる意味は?
くるまのニュース
キャンピングカーもピカピカ…KeePer技研が東京キャンピングカーショー2024に出展予定
キャンピングカーもピカピカ…KeePer技研が東京キャンピングカーショー2024に出展予定
レスポンス
スーパーフォーミュラ・ライツ第4大会富士は中村仁と小林利徠斗がポールポジションを分け合う
スーパーフォーミュラ・ライツ第4大会富士は中村仁と小林利徠斗がポールポジションを分け合う
AUTOSPORT web
メリットはあれどそう簡単には進まない! トラックやバスのEV化に立ちはだかるいくつもの壁
メリットはあれどそう簡単には進まない! トラックやバスのEV化に立ちはだかるいくつもの壁
WEB CARTOP
グーマガ 今週のダイジェスト【7/13~7/19】注目の最新レーザー&レーダー探知機が登場
グーマガ 今週のダイジェスト【7/13~7/19】注目の最新レーザー&レーダー探知機が登場
グーネット
「もう“イケる”なんて絶対言わない」テスト好調だった山下健太、過去最大級の手応えから裏切られボヤキ止まらず|スーパーフォーミュラ第4戦予選
「もう“イケる”なんて絶対言わない」テスト好調だった山下健太、過去最大級の手応えから裏切られボヤキ止まらず|スーパーフォーミュラ第4戦予選
motorsport.com 日本版
F1ハンガリーFP3速報|マクラーレン1-2でフェルスタッペン退ける! 角田裕毅9番手。RBは2台がトップ10入り
F1ハンガリーFP3速報|マクラーレン1-2でフェルスタッペン退ける! 角田裕毅9番手。RBは2台がトップ10入り
motorsport.com 日本版
マクラーレンがポールポジション最有力候補? ノリスがFP3最速。リカルド6番手、角田裕毅9番手とRB好調|F1ハンガリーGP
マクラーレンがポールポジション最有力候補? ノリスがFP3最速。リカルド6番手、角田裕毅9番手とRB好調|F1ハンガリーGP
motorsport.com 日本版
日本でも活躍した元スーパーカー王者ジェームス・コートニーが2025年限りで引退へ「すべてをやり遂げた」
日本でも活躍した元スーパーカー王者ジェームス・コートニーが2025年限りで引退へ「すべてをやり遂げた」
AUTOSPORT web
【鈴鹿8耐】ホンダHRC、トップ10トライアル初挑戦のザルコが3番手タイム刻む。ライバル先行も高橋巧「明日が楽しみ」と自信
【鈴鹿8耐】ホンダHRC、トップ10トライアル初挑戦のザルコが3番手タイム刻む。ライバル先行も高橋巧「明日が楽しみ」と自信
motorsport.com 日本版
パフォーマンス改善に取り組んできたルクレール、ハンガリーGPでは「この3、4レースで正しい道を進んだかどうか」を評価
パフォーマンス改善に取り組んできたルクレール、ハンガリーGPでは「この3、4レースで正しい道を進んだかどうか」を評価
AUTOSPORT web
ポルシェ『パナメーラ』新型の「GTS」と「ターボS E-ハイブリッド」の予約開始
ポルシェ『パナメーラ』新型の「GTS」と「ターボS E-ハイブリッド」の予約開始
レスポンス
三菱が「新型アウトランダー」を初公開へ!? 3年ぶり「マイナーチェンジ」実施か! 「威風堂々」な「新型SUV」マドリードで公開へ
三菱が「新型アウトランダー」を初公開へ!? 3年ぶり「マイナーチェンジ」実施か! 「威風堂々」な「新型SUV」マドリードで公開へ
くるまのニュース
〝ちょうどいい〟から〝すごくいい〟に進化したホンダの新型「フリード クロスター」
〝ちょうどいい〟から〝すごくいい〟に進化したホンダの新型「フリード クロスター」
@DIME

みんなのコメント

13件
  • ブラウン管メーターやボンネットも電動で動く最先端で当時はスタイルを含め度肝を抜かれた車ですね。
    ただボンネットが電動ってバッテリーが上がったらどうするんだろう?笑
  • マツダのコスモがこれのパクリだと言われてずいぶん盛り上がったのは40年近く前。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2371.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

458.01480.0万円

中古車を検索
ラピードの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2371.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

458.01480.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村