サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > “ボンド・カー”の魅力とは? アストンマーティンDBS試乗記

ここから本文です

アストンマーティンのフラグシップ「DBS」に小川フミオが試乗した。まもなく公開される映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』にも登場するフラグシップモデルの魅力とは?

V12はやっぱりイイ!

3気筒を侮るな!──日産の新エンジン「KR15DDT」とは?

2021年秋、いよいよ、007シリーズ最新作の『ノー・タイム・トゥ・ダイ』が日本公開される。そこで活躍するのが、ボンドシリーズ第3作「ゴールドフィンガー」(1964年)に登場していらい、ボンド・カーとして常に話題を振りまいてきたアストンマーティンだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン