サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェラーリF1で2年目、真エースへ……シャルル・ルクレール「セットアップの柔軟性が高いマシンになるよう、努力しなきゃいけない」

ここから本文です

 フェラーリは2020年シーズン用のニューマシンSF1000を発表した。ドライブするのは、4回のチャンピオン獲得経験を持つセバスチャン・ベッテルと、チーム加入2年目、F1で3年目のシーズンを迎えるシャルル・ルクレールのふたりである。

 ルクレールは昨年、フェラーリ加入1年目にも関わらず2勝を挙げるなど印象的な活躍を見せ、ベッテルよりも上のドライバーズランキング4位でシーズンを終えた。

■フェラーリ、新型マシンSF1000は“エクストリーム”に変化? 狙うはダウンフォース増量

 ちょうど1年前、フェラーリはルクレールの才能に期待しつつも、全幅の信頼を寄せていたわけではなかった。事実、シーズン当初はベッテルを優先すると、チームも公言していたほどだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ