サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「ジムニー」は本当に人気? 盛り上がるカスタム市場で売上が伸び悩む理由

ここから本文です

「ジムニー」は本当に人気? 盛り上がるカスタム市場で売上が伸び悩む理由

■流行りのカスタムは、オフロード系SUV?

 33万人以上の来場者を集めた、日本最大級のカスタムカーの祭典「東京オートサロン2020」。会場では個性溢れるクルマが花を咲かせていましたが、2019年に引き続き来場者の注目を集めていたのが、オフロード系SUVのカスタムカーです。

やはり出てきた「ジムニートラック」! スズキが「ジムニーシエラ」ピックアップ仕様を出展!

 スズキ「ジムニー」をはじめとする50台以上のSUVが出展され、未だに納車が追いつかないジムニーへの渇望感もあるとはいえ、その注目度は高まるばかりです。しかし、なぜオフロード系SUVのムーブメントが起こっているのでしょうか。

 今回のオートサロンの会場において、オフロード色の強かった展示のひとつがヨコハマタイヤのブースでした。

 ヨコハマタイヤは「ホビータイヤ」という位置づけで、5ジャンルのタイヤをリリースしていますが、そのひとつがオフロードです。商品力訴求のために、フォード「F-150ラプター」の荷台の上に、福岡のコンドーオートがカスタムしたジムニーを載せるという大胆な展示を実施。

 その展示について、ヨコハマタイヤの広報担当者は次のように説明します。

「あのブースは、オフロードタイヤだけを強調する目的だったわけではないのですが、ジムニーとラプターの展示には反響をいただきました。

 とくにジムニーに履かせたジオランダーX-ATのサイズについての問い合わせを会場で多くいただきました。他社さんもオフロード系の展示が多かった気がしますが、やはりキャンプブームの影響があるのではないでしょうか」

 2019年に日本オートキャンプ協会が発表したデータによれば、2018年のオートキャンプ人口は850万人と推定され、6年連続で増加傾向にあるといいます。

 ピークだった1996年時点の1580万人には到底及びませんが、東日本大震災以降、確実に回復傾向にあります。オートキャンプ人口の増加に伴って、アウトドアグッズ市場も成長傾向にあり、4400億円規模といわれる市場の中心は、やはりライトにアウトドアを楽しむユーザーです。

 昨今は、中高年のソロキャンパーやゆとり世代のキャンパーの増加が注目されており、そのユーザー層に合致しているクルマがSUVです。都内にあるアウトドアショップのスタッフは次のように話します。

「オートキャンプは登山などに比べると技術的な敷居が低いため、これまでアウトドアライフを経験してこなかった層が多く入ってきており、加えてアウトドアファッションからキャンプに入ってくるという人も少なくありません。

 そういうユーザーのファッションアイテムのひとつがSUV。単にフィールドに道具を運ぶという目的だけではなく、アウトドアの香りを周囲にアピールするのに重要なアイテムのひとつなんだと思います。

 最近では、オートキャンプしかしないのにオフロード系のカスタムをしたSUVに乗っている人が多いです」

※ ※ ※

 今回のオートサロンで、ジムニーのカスタムカーを出展していた大阪の「Kブレイク」。元々はVIP系のカスタムパーツメーカーですが、初めてクロスカントリー系SUVのカスタムを手がけています。

 しかも同社が創り上げたジムニーはローダウン系ではなくリフトアップ系です。開発スタッフに話を聞いてみました。

「会場にはメルセデス・ベンツ『Gクラス』を模したジムニーカスタムが多かったのですが、ウチは先々代ジムニーのイメージを出したかったこともあって、オフロードの香りがするような街乗りカスタムにしました。

 オートサロンでは非常に好評でしたし、なかでも女性のお客さまからの反響が多かったのには驚きました。おそらく、キャンプやアウトドアファッションといったムーブメントに支えられてオフロードテイストが受けているのではないでしょうか。

 弊社はこれまでVIP系やワゴン系のカスタムを中心におこなってきましたが、オフロード系に興味を持つお客さまはこれまでと雰囲気が明らかに違っており、ファッションに敏感な人が多いと感じました」

 さらに会場には、いま販売絶好調のトヨタ「RAV4」のカスタムも多く展示されていました。RAV4の生産を担当している豊田自動織機が“救助隊ルック”のコンセプトカーを出展したほか、モータースポーツのイメージの強いTRDもオフロード系カスタムのRAV4を出展しています。

 TRDの関係者によれば、クルマが趣味の目的ではないアウトドア系のユーザーにも、十分にアピールできたのではと手応えを語っていました。

■オフロード系SUVに注目が集まる一方で冷静な意見も

 オートサロンの常連でもあるSUV系パーツメーカーの関係者は、世の中の空気感は明らかに変わってきていると話します。

「SUVカスタムの市場の空気感は、まちがいなくヘビーデューティな香りをクルマ生活に取り入れたいという方向に向かっています。

 ただユーザーは本物感を求めていても、本物を求めているわけではなく、あくまでも“香り”です。新しく市場に入ってきたお客さまはより手軽な商品を求めており、カタチの良さだけでは受け入れてもらえない気がします。販売店で簡単に取り付けられるとか、そのままで車検に通るとかといった手軽さが重要です」

 乗用車系カスタムブランドの多くも、オフロード系SUVのカスタムに新規参入したことで会場は大いに盛り上がりました。

 しかし、一方でオフロード系SUVのカスタムについて冷静な意見もあります。某パーツメーカーの代表は次のように語ります。

「オフロード系SUVカスタムの反響は相当なものですが、オートサロンに来るお客はオフロード系SUVを目的にして来る人は少ない気がします。

 普段あまり見たことがないクルマだから、新鮮味があってウケている感じです。実際、展示しても、ビジネスと反響の大きさとは比例していません。

 もちろんオートサロンというイベントの主旨が、別なカテゴリーにあるということも要因にあると思います。いずれにせよ、実際にライフスタイルの一環としてSUVに乗っている人が、どこまでカスタムに注目しているのかは未知数です」

 今回オートサロンで、注目を集めたオフロード系SUV。取材の過程で聞いた話では、今後のオートサロンでは、SUV系カスタムカーをひとつの会場に集めて、展示を差別化するという計画も出されているといいます。

 近い将来に市場は縮小するのではないか、という見方もあるSUVカテゴリーにおいて、カスタム業界がかつての四駆ブームのような盛り上がりを見せることができるのか、今後の展開に注目です。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します