現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 本格エンジンチューンが得意な「JUNオート」がライトな仕様を提案!「GR86」は誰もが楽しめる1台です

ここから本文です

本格エンジンチューンが得意な「JUNオート」がライトな仕様を提案!「GR86」は誰もが楽しめる1台です

掲載 1
本格エンジンチューンが得意な「JUNオート」がライトな仕様を提案!「GR86」は誰もが楽しめる1台です

ユーザーに寄り添ったチューニングを提案

2024年2月10日~12日にインテックス大阪で開催された「大阪オートメッセ2024」に出展した「JUNオートメカニック」。内燃機関加工のパイオニアである「田中工業」を母体に持つ、ほかとは一線を画するチューニングショップです。ゆえにエンジンチューニングに並々ならぬこだわりを持ち、度肝を抜くハイパフォーマンスカーを幾多も製作。つねにチューニングシーンを賑わせてきた名門中の名門です。40代以上のクルマ好きならJUNオートメカニックの名前を一度は耳にしたことがあるはずでしょう。

「トムス」のレストモッド「スープラ」に予想以上の反響!「アルファード」と「プリウス」も大阪での手応え十分以上でした

エンジン本体はノーマルで走る楽しさを追求

ハードなチューニングで有名なJUNオートメカニックだが、最近は少し方向を転換。主軸である田中工業は高性能/高出力に耐えうるチューニングパーツの開発や内燃機関の加工を請け負う体制は変わらない。だが、JUNオートメカニックが手がけるマシンメイクは、鈑金塗装、ボディ補強部門であるJUNオートワークスとタッグを組み、エアロパーツの開発、製造に本腰を入れて、ユーザーに寄り添ったトータルチューンを柱のひとつとして提案している。

今回大阪オートメッセに持ち込まれた現行のトヨタ「GR86」(ZN8型)もその流れを組むデモカーで、JUNオートメカニックのイメージカラーであるイエローのボディがただものではない雰囲気を醸し出す。装着されているオリジナル商品は、ウエットカーボン製エアロパーツ(フロント/サイド/リア/ボンネット/サイドミラー)、リアウイングはSARDのLSRウイングという構成だ。

パワー系はトラストのエキマニ/キャタライザー/マフラーに、EcuTekによるエンジンマネージメントプログラムの変更のみというライトチューン仕様(233ps/27kgm・実測値)で、本格エンジンチューンを得意とするJUNオートメカニックのデモカーでありながら、エンジン本体に手が加えられていないことに時代の流れを感じる。

足まわりとブレーキはコストパフォーマンス性能に優れるD2 JAPAN製。このあたりもユーザーファーストのチョイスであることが窺い知れる。

エアロパーツは純正を活かしながら空力性能を高める

「デモカーを導入したら、真っ先にラインアップに加えるのがエアロパーツ。現在は内製で製作しており、技術の進歩により、以前よりも製品化までの期間も短くなりました。対して、エンジンパーツはマネージメントの複雑化、環境性能対応エンジンが増えたことで、製造に特殊な機械が必要となるなど、商品化までにより時間を要するようになっています」

と担当者は語る。

エアロパーツについてはフルバンパーではなく、純正バンパーをよりカッコよく仕立てることをコンセプトにしており、フロントディフューザー/サイドステップ/リアディフューザー/ボンネットが主力アイテム。ただ、ビジュアルでなく、性能が最優先。ただのリップではなく、ディフューザーとしたこともそのひとつで、最小限の変更で、ダウンフォース/整流効果が得られるようにデザイン。そのあたりは、自社製造の強みといえるだろう。

また、先代の86でも好評を博した強化リアサスペンションメンバーは、現在市販に向けて最終調整中。純正をベースとしながら各部に補強を加え、剛性アップとアライメントの最適化を両立させている。サーキットなどのハード走行で、絶対的な安心感を加えてくれる優れモノだ。

今後は、サーキットのタイムアタックなどに参加し、GR86の性能を引き出すべくテストを重ねるというから、新たなパーツ開発&リリースを楽しみに待ちたい。

関連タグ

こんな記事も読まれています

アルボン「タイヤのデグラデーションに苦戦。オコンを抜くほどのペースもなかった」:ウイリアムズ F1第5戦決勝
アルボン「タイヤのデグラデーションに苦戦。オコンを抜くほどのペースもなかった」:ウイリアムズ F1第5戦決勝
AUTOSPORT web
アンダー230万円! スバル「快速コンパクト」どんな人が買ってる? めちゃスポーティ×上質内装採用! 主力の「インプレッサ」支持するユーザー層は
アンダー230万円! スバル「快速コンパクト」どんな人が買ってる? めちゃスポーティ×上質内装採用! 主力の「インプレッサ」支持するユーザー層は
くるまのニュース
自転車に乗り続けると骨がスカスカに!? 嘘か真実か、サイクリングと骨粗しょう症の関係
自転車に乗り続けると骨がスカスカに!? 嘘か真実か、サイクリングと骨粗しょう症の関係
バイクのニュース
今季ルノー移籍の新鋭がキャリア初優勝、トヨタのロッシも2位表彰台を獲得/TC2000第2戦
今季ルノー移籍の新鋭がキャリア初優勝、トヨタのロッシも2位表彰台を獲得/TC2000第2戦
AUTOSPORT web
オコン「パフォーマンスの面でわずかに進歩。大急ぎでアップグレードを用意したチームに感謝」:アルピーヌ F1第5戦決勝
オコン「パフォーマンスの面でわずかに進歩。大急ぎでアップグレードを用意したチームに感謝」:アルピーヌ F1第5戦決勝
AUTOSPORT web
いやー知らないと絶対わからんよ!!  ロードスターのETC設置位置がもうスゴいとこにあんのよ!!
いやー知らないと絶対わからんよ!!  ロードスターのETC設置位置がもうスゴいとこにあんのよ!!
ベストカーWeb
ニュルで鍛え上げられた高性能EV専用タイヤがデビュー! ピレリがポルシェ・タイカン専用高性能タイヤを2種類発表
ニュルで鍛え上げられた高性能EV専用タイヤがデビュー! ピレリがポルシェ・タイカン専用高性能タイヤを2種類発表
WEB CARTOP
プレミアムBEV販売、国内月間No.1に! 「ボルボEX30」が国内外ブランドを含むBEVプレミアムセグメントのトップに
プレミアムBEV販売、国内月間No.1に! 「ボルボEX30」が国内外ブランドを含むBEVプレミアムセグメントのトップに
LE VOLANT CARSMEET WEB
なぜ「車にかけるお金」は2位から18位に転落したのか?──教えて、博報堂生活総研さん! 30年間の観測データで分かった、若者のクルマと恋愛事情。<前編>
なぜ「車にかけるお金」は2位から18位に転落したのか?──教えて、博報堂生活総研さん! 30年間の観測データで分かった、若者のクルマと恋愛事情。<前編>
くるくら
〈ジャパントラックショー2024〉三菱ふそう、eキャンターのキャリアカーを初公開
〈ジャパントラックショー2024〉三菱ふそう、eキャンターのキャリアカーを初公開
日刊自動車新聞
ペルチェデバイス搭載の冷却ベスト「FREEZETECH 充電式氷嚢ベスト」が4月末発売!
ペルチェデバイス搭載の冷却ベスト「FREEZETECH 充電式氷嚢ベスト」が4月末発売!
バイクブロス
『N-BOXカスタム』用パーツが一挙発売、ブリッツからエアクリーナーシリーズ4種類・5製品が発売
『N-BOXカスタム』用パーツが一挙発売、ブリッツからエアクリーナーシリーズ4種類・5製品が発売
レスポンス
特別感がすごい… 英アストン マーティン「DBX」にタッチスクリーン導入 707馬力の高性能モデルのみ販売へ
特別感がすごい… 英アストン マーティン「DBX」にタッチスクリーン導入 707馬力の高性能モデルのみ販売へ
AUTOCAR JAPAN
日産「新型マーチ」まもなく登場!? “丸目”ライトが超オシャレ! 日本市場“復活”期待の「新型コンパクト」どんなクルマになる?
日産「新型マーチ」まもなく登場!? “丸目”ライトが超オシャレ! 日本市場“復活”期待の「新型コンパクト」どんなクルマになる?
くるまのニュース
自転車専用レーンは走行可能? 電動キックボードで走行できる場所を徹底解説
自転車専用レーンは走行可能? 電動キックボードで走行できる場所を徹底解説
バイクのニュース
規模デカすぎ…! 希少車から改造車まで「スポーツカー」800台が大集合 マスタング60周年記念イベント、英国
規模デカすぎ…! 希少車から改造車まで「スポーツカー」800台が大集合 マスタング60周年記念イベント、英国
AUTOCAR JAPAN
ホンダアクセス、シビック(FL1/FL4)の試作テールゲートスポイラーを初お披露目
ホンダアクセス、シビック(FL1/FL4)の試作テールゲートスポイラーを初お披露目
月刊自家用車WEB
ホンダ「アクティ」をモンスタートラック化! アメリカンテイストにこだわり「クルマは自分を表現するファッションの一部です」
ホンダ「アクティ」をモンスタートラック化! アメリカンテイストにこだわり「クルマは自分を表現するファッションの一部です」
Auto Messe Web

みんなのコメント

1件
  • ump********
    現在の車は高等難解な制御のコンピュータだから、特殊な高額な投資が必要になるから、旧世代の車見たいにはいじれないからね
    ABS、TRC、VDC等々、リンクして総合制御だから。まぁ全ての機能を殺しては時代的に合わないしね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

291.6392.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

189.0777.0万円

中古車を検索
GR86の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

291.6392.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

189.0777.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村