サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダの燃料電池車「クラリティ・フューエル・セル」の個人向けリースがスタート

ここから本文です

ホンダの燃料電池車「クラリティ・フューエル・セル」の個人向けリースがスタート

水素ステーションがある都道府県の一部店舗で取り扱いを開始

ホンダは、燃料電池車(FCV)である「クラリティ・フューエル・セル」の個人ユーザー向けリースを6月11日より開始。これまでは法人向けリースのみだったが、「トヨタMIRAI」に続き個人でFCVを楽しむ機会が増えたわけだ。

【国内試乗】「ホンダ・アコード」移動を楽しめる大人のセダン

ホンダは、以前より地球温暖化や化石燃料の枯渇といった課題の解決策としていち早く水素の可能性に着目。30年以上にわたり水素技術、ならびにFCVの研究・開発に取り組んできた。

2016年3月に登場したクラリティ・フューエル・セルは、セダンタイプで世界初の5人乗りを実現。自治体・企業向けへのリースを通じ利用者・関連団体より多様な意見・要望を収集しつつ、昨年12月には一部改良も施されている。

ホンダでは、2017年に掲げた「2030年ビジョン」における「すべての人に“生活の可能性が拡がる喜び”を提供する」ことの実現とともに、長年培ってきた水素技術を含めたカーボンフリー社会の早期実現に向けた取り組みを今後も継続、拡大させていくとのことだ。

「クラリティ・フューエル・セル」の主な特徴

究極のゼロエミッション車ともいわれるFCV。水素の一充填あたりの走行距離は最大で約750km。一回あたりの水素充填時間は3分程度と、ガソリン車と変わらない使い勝手を実現している。水素と酸素から発生させた電力で駆動するモーターは、最高出力130kWを発揮。電動車ならではの静かで力強くなめらかなドライブフィールを兼ね備えている。また、燃料電池パワートレインの小型化を実現したことでセダンタイプFCVとしては世界初の5人乗りを実現した。

・取り扱い販売会社:水素ステーションのある都道府県の一部Honda Cars(2020年6月11日時点で35法人)

・取り扱い販売会社の詳細
https://www.honda.co.jp/CLARITYFUELCELL/dealerlocator/

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します