現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > サイノスにカレン……ちょっとくだけた「カジュアルFFクーペ」が微笑ましかった時代のモデル3選

ここから本文です

サイノスにカレン……ちょっとくだけた「カジュアルFFクーペ」が微笑ましかった時代のモデル3選

掲載 6
サイノスにカレン……ちょっとくだけた「カジュアルFFクーペ」が微笑ましかった時代のモデル3選

 1990年代初頭、カリカリのスポーツクーペではなく、カジュアルでゆるいキャラクターのカジュアルFFクーペが国産各メーカーからラインナップされていた。あの時代ならではのゆる~いキャラの3台を紹介!

文/ベストカーWeb編集部、写真/トヨタ、日産

サイノスにカレン……ちょっとくだけた「カジュアルFFクーペ」が微笑ましかった時代のモデル3選

■2代続いた“ターセルクーペ”ことサイノス

初代サイノス。小ぶりながらクーペスタイルとしての全体のエクステリアデザインはまとまりがよかった

 1991年1月に登場したのが、まさにカジュアルFFクーペの代表格ともいえる初代サイノスだった。ベースとなったのは1990年に登場した3代目カローラII/4代目ターセル&コルサ。そう、この3代目カローラIIは現在の皇后雅子さまの愛車として有名になったモデルである。

 で、初代サイノスについてはこのカローラIIはおいといて、どちらかというとその兄弟車のターセルとコルサがベースとなっている。北米では3代目ターセルの北米専売モデルとしてクーペも設定されており、いわゆる「セクレタリーカー」(女性秘書向けのクルマ)としての出自を持つ。

 ちなみに日本ではサイノスの車名だったが、海外ではパセオという名で販売されていた。そのデビュー時のキャッチが妙に秀逸で「友達以上恋人未満。」って、当時大学1年だった担当はこのテレビCMでの初代サイノスのキャッチを見て「ああ、アッシー用のクルマなのね~」と勝手に思い込んでいたものだった。

ボリューム感のあるリアビューが特徴的だった初代サイノス

 グレードは2グレード設定だったが、1.5LDOHCを各々設定。上級グレードには電子制御サスのTEMSや4輪ディスクブレーキまでオプションで設定されていた。ボディサイズはターセルとコルサベースなだけあって全長4145×全幅1645×全高1295mm、ホイールベース2380mmと非常にコンパクトにまとめられていた。

 2ドアノッチバッククーペとして当時のトヨタクーペラインナップとしてAE92型カローラレビン/スプリンタートレノの下に位置するカジュアルクーペだったのだが、サイノスは個人的に丸みの帯びたラウンドフォルムがけっこうスタイリッシュで、ミッションもATとMTを設定。

 当時、口の悪い大学の悪友は「ダサイノス」などと酷評していたのだが、3分割式リアスポイラーをまとった全体的なスタイリングは担当も気に入っていた。いや、マジで初代サイノスは自分が乗っても当時のデートカーとしてはイケてるクルマだったのよ。4年間で7万8000台以上売れたし。

2代目サイノスは1995年にフルモデルチェンジを受けて登場。いわゆる正常進化版といった感じであったが……

 兄貴分のレビン/トレノほどカリカリしてなくて、さりげなくオシャレにかつカジュアルに乗りこなすクーペ、そんなイメージが初代サイノスにはあった。なのだが、1995年に2代目モデルに切り替わり、テレビCMでは当時時代の最先端を行く小室哲哉率いるglobeのセカンドシングル、「Joy to the love」が起用されたことしかあまり記憶になかったりする……。

 さらに気合いを入れてコンバーチブルモデルまで用意したのだが、販売台数自体は1999年までの4年間で4万3000台弱と初代の半減ほどに。それ以後、トヨタからはコンパクトクーペは残念ながら出ていない……。

[articlelink]

■ルキノって、いいかも。

端正なノッチバッククーペスタイルのルキノクーペは1994年に登場

 続いては日産ルキノクーペ。1994年に当時の8代目B14型サニーをベースにクーペモデルとして仕上げられたカジュアルFFクーペだ。同じ車名を持つルキノハッチは5代目パルサーセリエがベースなので、そこが異なっている部分。まあ、ベース車同士は一応兄弟車だが、専用部品が多いって事情もあった。

 当初設定されたパワートレーンはこの手のカジュアルクーペの例に則って、直4の1.5Lと1.8Lのわりとおとなしめのエンジン。初代サイノスよりも車格は上だったのだが、当時のターゲットは20代の若者だったのだ。

ベーシックなクーペモデルながらリアスタイルも端正なルキノクーペ

 このルキノクーペはノッチバッククーペとしては後席が広かったのも美点。事実上、NXクーペの後継モデルとして登場したルキノクーペだったのだが、担当はシンプルなスタイリングがけっこう気に入っていた。

 というのもS14シルビアのほか、その先代S13シルビア兄弟車である180SX、R33型スカイラインクーペなど走りを売りにしたクーペがラインナップ上、幅を利かしていたからだ。

 個人的には当時の女友達がこのルキノクーペMT車に乗っていて、まったく洗車しない子だったのでそれを担当は不憫に思い、ちょくちょく代わりに洗車していた思い出がある。そういった経緯から、よくこのルキノクーペを運転していたことだけなのだが(笑)。

■ST205セリカの姉妹車だったカレンには3S-GTEは……なしよ

6代目ST205型セリカがベースの2ドアノッチバッククーペとして設定されたカレン。ターボモデルの設定は残念ながらなし

 最後がカレンである。セクレタリーカーとしてはやや車格が大きめだったのだが、6代目ST205型セリカがベースの2ドアノッチバッククーペだ。6代目セリカは国内では3ドアハッチバックーペとして販売されていたが、北米ではノッチバッククーペ版も存在した。そのフロントマスクを変更したのがカレンだった。

 パワートレーンはST205セリカと同じく直4DOHCの3S-GE系が中心だが、セリカと違って4WD設定はなくFFのみで、ターボの3S-GTEエンジンも設定されなかった。このあたりはカジュアルFFクーペ、そしてスペシャルティクーペとしての性格上からだと思われる。

 最上級グレードとして設定されたZSには、セリカと同じくスポーツDOHCエンジンである3S-GE系が搭載され、スーパーストラットサスペンション仕様まで用意されていた。が、やはりメインとなっていたのはハイメカDOHCの3S-FE系だった。

 5年半で約4万5000台を販売したカレンだったが、クーペモデル不遇の時代に入ったこともあり、1代かぎりで終了することになった。担当個人の好みとしてはクーペはノッチバックタイプが一貫して好きだっただけにちょい残念だったなあ……。

こんな記事も読まれています

免許の「更新講習」がオンライン化! 「ゴールド免許」以外でも対象、エリアは? 反響は? 24年末にエリア拡大へ
免許の「更新講習」がオンライン化! 「ゴールド免許」以外でも対象、エリアは? 反響は? 24年末にエリア拡大へ
くるまのニュース
お尻が痛い!バイクのシートを交換する方法とは
お尻が痛い!バイクのシートを交換する方法とは
バイクのニュース
アメリカで拡大目指すMotoGP、NASCARとの協力で『Win-Win』間違いない? トラックハウスの現役ドライバー期待
アメリカで拡大目指すMotoGP、NASCARとの協力で『Win-Win』間違いない? トラックハウスの現役ドライバー期待
motorsport.com 日本版
三菱ふそうが苦肉の策、工場の従業員を“出稼ぎ”でバスの運転手に[新聞ウォッチ]
三菱ふそうが苦肉の策、工場の従業員を“出稼ぎ”でバスの運転手に[新聞ウォッチ]
レスポンス
「美ら海水族館」直結のバイパス道路が実現へ!? 名護東道路「本部延伸」いよいよ概略ルート決定へ 那覇から”信号ゼロ”アクセス図る
「美ら海水族館」直結のバイパス道路が実現へ!? 名護東道路「本部延伸」いよいよ概略ルート決定へ 那覇から”信号ゼロ”アクセス図る
くるまのニュース
アプリリア「RSV4 Factory/トゥオーノV4 Factory」特別仕様車「SE-09 SBK」発表
アプリリア「RSV4 Factory/トゥオーノV4 Factory」特別仕様車「SE-09 SBK」発表
バイクのニュース
マツダの新型セダン、ティザー…間もなく中国で実車発表へ
マツダの新型セダン、ティザー…間もなく中国で実車発表へ
レスポンス
あっと驚く5000万円車もあった! かと思えば200万円台が最高のメーカーも! 日本車の各ブランド「最高額車」を調べてみた
あっと驚く5000万円車もあった! かと思えば200万円台が最高のメーカーも! 日本車の各ブランド「最高額車」を調べてみた
WEB CARTOP
アルファロメオが新型コンパクトクロスオーバーSUVを初公開。車名は「ミラノ」を予定していたが……
アルファロメオが新型コンパクトクロスオーバーSUVを初公開。車名は「ミラノ」を予定していたが……
カー・アンド・ドライバー
【スタッフ通信】シボレーカマロ ファイナルエディションに乗ったゾっと
【スタッフ通信】シボレーカマロ ファイナルエディションに乗ったゾっと
Auto Prove
ゴルフ、50歳の誕生日おめでとう!8世代にわたるVWゴルフの高みと低み、そして新型VWゴルフ8 GTEへの展望
ゴルフ、50歳の誕生日おめでとう!8世代にわたるVWゴルフの高みと低み、そして新型VWゴルフ8 GTEへの展望
AutoBild Japan
5年ぶり開催中国……いきなりスプリント形式は「賢明なことだね!」フェルスタッペン思わず皮肉
5年ぶり開催中国……いきなりスプリント形式は「賢明なことだね!」フェルスタッペン思わず皮肉
motorsport.com 日本版
なぜ? アルファロメオ『ミラノ』の車名を禁じられる…なら『ジュニア』だ!
なぜ? アルファロメオ『ミラノ』の車名を禁じられる…なら『ジュニア』だ!
レスポンス
日産サクラの売れ行きを見れば日本でBEVが売れないなんてことはない! ただし大ヒットの裏で必要な「次の一手」とは
日産サクラの売れ行きを見れば日本でBEVが売れないなんてことはない! ただし大ヒットの裏で必要な「次の一手」とは
WEB CARTOP
東京・北区のコミュニティーバスに乗って、B級グルメ「区役所カレー」を食べに行ったら絶品だった件
東京・北区のコミュニティーバスに乗って、B級グルメ「区役所カレー」を食べに行ったら絶品だった件
Merkmal
ホンダが新型「CBR650R」を6/13に発売! 新技術Eクラッチ仕様車にはグランプリレッドも
ホンダが新型「CBR650R」を6/13に発売! 新技術Eクラッチ仕様車にはグランプリレッドも
WEBヤングマシン
スズキ新型「ジムニー」発売!何が変わった? 約2年ぶり刷新のカクカクSUV… 165万円から、反響は?
スズキ新型「ジムニー」発売!何が変わった? 約2年ぶり刷新のカクカクSUV… 165万円から、反響は?
くるまのニュース
ホンダ「レブル250」をアドベンチャーに! コンプリート車両「VESGRIDE-hygge」登場
ホンダ「レブル250」をアドベンチャーに! コンプリート車両「VESGRIDE-hygge」登場
バイクのニュース

みんなのコメント

6件
  • kazuaki
    ルキノはクーペではなく、2ドアセダンだと当時乗っていた友人自ら言っていた。
  • dar********
    ユーノス・プレッソとかミラージュ・アスティなんかもあって、この頃のパーソナルクーペ(一部3ドアハッチだけど)は安くてそれなりの車も多かったなあ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村