サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 燃費はトヨタ一強時代か なぜ燃費表記が変更? 激化する燃費事情とは

ここから本文です

燃費はトヨタ一強時代か なぜ燃費表記が変更? 激化する燃費事情とは

■変わりゆく燃費表記。どのような流れがあるのか。

 クルマを購入検討する際の重要な要素に「燃費性能」が挙げられます。クルマのカタログには、決められた測定方法で計測された燃費値が記載されており、ユーザーはこの数値を見て判断しています。
 
 そんななか、国土交通省は2021年3月31日に2020年末時点で販売されている乗用車のうち燃費の良いモデルが公表されました。前年とは、どのような違いがあるのでしょうか。

次期型「プリウス」は超絶進化? トヨタが「全固体電池」に全集中する訳とは

 クルマのカタログなど記載されている燃費値は、時代と共に変わっています。

 過去30年ほどでは、1991年から使用された「10・15モード」、2011年からの「JC08モード」が使用されており、現在でも一部車種ではJC08モードでの表記を見かけます。

 そして、2017年の夏以降から順次「WLTCモード」が使われるようになりました。

 WLTCモードとは、「世界統一試験サイクル」といわれる国際的な試験方法です。

 2014年3月に国連欧州経済委員会自動車基準調和世界フォーラムで採択され後、これまで日本独自の「JC08モード燃費(国土交通省審査値)」に代わる燃費測定方法として導入されました。

 燃費表記上の違いは、従来のJC08モードでは一条件のみの数値が記載されていましたが、WLTCモードでは「市街地モード」「郊外モード」「高速道路モード」の3つの走行モードとそれらを総合した「WLTCモード」という計4つの燃費が記載されます。

 そのため、WLTCモードは一条件のみのJC08モードよりも実際の走行シーンに近い状況の数値となるのです。

 国土交通省では、毎年3月31日に前年末時点で発売されている乗用車の燃費値を公表していますが、2020年3月31日分ではJC08モードで公表され、燃費が良いクルマのランキングは以下の通りでした。

 1位.トヨタ「プリウス」39.0km/L
 2位.トヨタ「アクア」38.0km/L
 3位.ニッサン「ノート」37.2km/L
 3位.ホンダ「フィット」37.2km/L
 5位.スズキ「アルト」37.0km/L
 5位.マツダ「キャロル」37.0km/L※アルトのOEM車
 
 前回の公表では、元祖エコカーとなるプリウスが1位となり、2位にその弟分のアクア、3位に日産の電動パワートレインe-POWERを搭載する「先代ノート」がランクインしています。

 公表データについて、国土交通省の担当者は、次のように話します。

「2020年3月時点で販売されている車種には、まだJC08モードでしか計測してないものがありJC08モードで公表していました。

 2020年9月以降は、販売されている車種はWLTCモードを表記することになっているため、2021年からはWLTCモードの燃費値を比較します」

■最新燃費ランキングで異変あり?

 では、WLTCモードに変わった最新版となる2021年3月31日分ではどのような結果となったのでしょうか。

 1位.トヨタ「ヤリス」36.0km/L
 2位.トヨタ「プリウス」32.1km/L
 3位.トヨタ「ヤリスクロス」30.8km/L
 4位.トヨタ「カローラスポーツ」30.0km/L
 5位.トヨタ「アクア」29.8km/L

 前年と比較すると上位モデルが様変わりしていることがわかります。1位には2020年2月に発売されたヤリスがランクイン。世界トップクラスの燃費性能を誇っています。

 2位にはプリウス、3位にはヤリスシリーズのコンパクトSUVとなるヤリスクロス、3位にはカローラシリーズのハッチバックとなるカローラスポーツ、そして5位にアクアと、上位はトヨタ車で占められました。

 トヨタ以外では6位日産「ノート(29.5km/L)」、7位ホンダ「フィット(29.4km/L)」がランクイン。

 前年では、軽自動車のアルトがランクインしていましたが、WLTCモードでは25.8km/Lとなりました。

 燃費表記が変わったことでユーザーからはどのような反響なのでしょうか。トヨタの販売店スタッフは次のように話しています。

「最近では、JC08モードとWLTCモードが混在していたこともあり、お客さまから分かりづらいという声を頂いていました。

 最近では、WLTCモードに変わりつつあり、お客さまからすると実燃費に近いことから参考にされるケースが増えています。

 また、トヨタでは以前からプリウスとアクアが王道のエコカーとして人気がありました。

 これに加えてヤリスやヤリスクロスのハイブリッド車が加わったことで、燃費を気にされるお客さまにさまざまなモデルをご提案出来るのが強みとなっています」

 なお、公表されているモデルのなかで、WLTCモードの燃費が悪いモデルでは、レクサス「LX570」の6.6km/Lです。

 また、スポーツモデルでは日産「GT-R」が7.8km/L、マツダ「ロードスター」が15.2km/Lから17.4km/L、トヨタ「86」が11.8km/Lから12.8km/L、スバル「BRZ」が11.6km/Lから12.8km/Lとなっています。

 これらのモデルでは、「そもそも燃費を気にするモデルではない」という声もありますが、年々燃費に関する規制が厳しくなることや、今後電動車のみしか販売出来なくなるなど、純粋な走りを楽しむガソリン車は少なくなっていくのかもしれません。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します