現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > カーボンニュートラル実現を目指して!ホンダが中国における次世代EV「烨シリーズ」を発表

ここから本文です
カーボンニュートラル実現を目指して!ホンダが中国における次世代EV「烨シリーズ」を発表
写真を全て見る(3枚)

中国において2027年までに6機種の投入予定

 ホンダが2024年4月16日に、新たに中国市場へ投入する新型EV(電気自動車)モデルとして「烨(yè:イエ)シリーズ」を発表。烨シリーズの第1弾となる「烨P7(イエ ピーセブン)・烨S7(イエ エスセブン)」と、第2弾のコンセプトモデルとなる「烨GT CONCEPT(イエ ジーティーコンセプト)」が世界初公開されました。  烨シリーズは、今後、中国において2027年までに6機種の投入が予定されています。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

ホンダが斬新タテ目の「新型スポーティSUV」初公開! 同時に「スタイリッシュ4ドアセダン」も!? 中国登場だけど日本での反響は?
ホンダが斬新タテ目の「新型スポーティSUV」初公開! 同時に「スタイリッシュ4ドアセダン」も!? 中国登場だけど日本での反響は?
くるまのニュース
日産が北京モーターショー2024でNEVコンセプト4車種を公開! ワクワクするモビリティ体験の提供を目指す
日産が北京モーターショー2024でNEVコンセプト4車種を公開! ワクワクするモビリティ体験の提供を目指す
バイクのニュース
ホンダが「新型SUV」発表! トヨタ「ハリアー」サイズの「“クーペ”ボディ」が「カッコイイ」と早くも評判に! 「e:NS2」中国で予約受付開始へ
ホンダが「新型SUV」発表! トヨタ「ハリアー」サイズの「“クーペ”ボディ」が「カッコイイ」と早くも評判に! 「e:NS2」中国で予約受付開始へ
くるまのニュース
発売は6月! ホンダが特設サイトで2つの新型「フリード」を先行公開
発売は6月! ホンダが特設サイトで2つの新型「フリード」を先行公開
バイクのニュース
航続1000kmの電動SUV発表、中国NIOが新ブランド立ち上げ
航続1000kmの電動SUV発表、中国NIOが新ブランド立ち上げ
レスポンス
ホンダが新型「和製スーパーカー」発売へ 超低い“2ドアモデル”26年登場!? 新シリーズ30年までに7車種投入
ホンダが新型「和製スーパーカー」発売へ 超低い“2ドアモデル”26年登場!? 新シリーズ30年までに7車種投入
くるまのニュース
日産が新型「キックス」を発売! 電動車を象徴するカッパー色をアクセントカラーにした90周年記念車も登場
日産が新型「キックス」を発売! 電動車を象徴するカッパー色をアクセントカラーにした90周年記念車も登場
バイクのニュース
マツダが次世代型「CX-5」の存在を明らかに! 心臓部は“マツダ製ハイブリッド”になる!! デザインは新コンセプトカーがベースか!?
マツダが次世代型「CX-5」の存在を明らかに! 心臓部は“マツダ製ハイブリッド”になる!! デザインは新コンセプトカーがベースか!?
VAGUE
ホンダ、今後の電動車投入計画を発表 EV「ゼロ」シリーズは2026年からグローバルで7モデル投入
ホンダ、今後の電動車投入計画を発表 EV「ゼロ」シリーズは2026年からグローバルで7モデル投入
日刊自動車新聞
ホンダ新型「軽バン」6月発表! 斬新2人乗り×真っ黒テールに注目!?  実車展示続々、7月にも
ホンダ新型「軽バン」6月発表! 斬新2人乗り×真っ黒テールに注目!? 実車展示続々、7月にも
くるまのニュース
テスラより安い中国最新EV オンボ「L60」 航続距離は最長1000km
テスラより安い中国最新EV オンボ「L60」 航続距離は最長1000km
AUTOCAR JAPAN
スポーティな新クロスオーバー登場 キア「EV6」航続距離延長 改良実施
スポーティな新クロスオーバー登場 キア「EV6」航続距離延長 改良実施
AUTOCAR JAPAN
”熟成のW12か、最新V8ハイブリッドか” ベントレー次期主力エンジン発表 新車W12も残りわずか
”熟成のW12か、最新V8ハイブリッドか” ベントレー次期主力エンジン発表 新車W12も残りわずか
AUTOCAR JAPAN
VWの新型EVは500万円以下となるか? 中国シャオペンとの共同開発EV、その姿とは
VWの新型EVは500万円以下となるか? 中国シャオペンとの共同開発EV、その姿とは
レスポンス
Honda的「かつてない感動体験」って、どんな体験? 「2024 ビジネスアップデート説明会」を通して、EVだけじゃない未来が見えてきた
Honda的「かつてない感動体験」って、どんな体験? 「2024 ビジネスアップデート説明会」を通して、EVだけじゃない未来が見えてきた
Webモーターマガジン
コンチネンタルGTが4代目へと進化しPHEVに──6月に世界初披露へ|BENTLEY
コンチネンタルGTが4代目へと進化しPHEVに──6月に世界初披露へ|BENTLEY
OPENERS
BYDがピックアップトラック市場に参入…電動モデル『シャーク』発表
BYDがピックアップトラック市場に参入…電動モデル『シャーク』発表
レスポンス
14歳から運転可能!? 全長2.4mのマイクロEV シトロエン「アミ」誕生4周年 新バージョンが欧州で登場
14歳から運転可能!? 全長2.4mのマイクロEV シトロエン「アミ」誕生4周年 新バージョンが欧州で登場
VAGUE

みんなのコメント

17件
  • bay********
    取り合えず中国でBEVが3割以上な事を考えるとラインナップ揃えるのは当然だな
    ここでEV嫌いがBEVの航続距離や充電時間を出しては叩いてるがそんなのカンケーねぇユーザーは思ったより多いて事なんだがw
  • yasu
    ホンダはもはや中国かアメリカに本社移転したらよろしい。日本じゃ軽か犬みたいなフロントの車しか出さない。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村