現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 凛とした電動ステーションワゴン 1500L超の大容量トランク、実用EVが新登場

ここから本文です

凛とした電動ステーションワゴン 1500L超の大容量トランク、実用EVが新登場

掲載 8
凛とした電動ステーションワゴン 1500L超の大容量トランク、実用EVが新登場

英国ブランドからEVワゴン登場

英国の自動車メーカーであるヴォグゾールは、新型電動ステーションワゴンのアストラ・スポーツツアラー・エレクトリックを発売した。価格は3万9995ポンド(約750万円)から。

【画像】端正なステーションワゴン、英国ブランドから登場【ヴォグゾール・アストラ・スポーツツアラーを写真でじっくり見る】 全22枚

Cセグメント車のアストラ・スポーツツアラーのEV版で、1回の充電での航続距離は412kmとされる。欧州では、兄弟ブランドのオペルから同名ですでに販売されている。現時点では日本導入の情報は未確認。

54kWh容量のバッテリーと1基の電気モーターを搭載し、最高出力155psと最大トルク27.5kg-mを発生。前輪駆動方式を採用しており、0-100km/h加速は9.2秒となる。

ヴォグゾールによると、エネルギー効率は6.7km/kWhに達するという。充電は最大100kWに対応し、20~80%の充電に26分かかる。

インテリアでは、全車に10.0インチのインフォテインメント・タッチスクリーンとデジタルメーターディスプレイを標準装備する。トランク容量は516Lで、後部座席を倒せば1553Lに拡大できる。

ミドルグレードの「GS」にはブラックの外装アクセント、360度カメラ、アダプティブ・クルーズ・コントロールが装備され、価格は4万2445ポンド(約790万円)から。最上位グレードの「アルティメット」には、アダプティブ・ヘッドライトとパノラミック・サンルーフが追加され、4万5505ポンド(約850万円)からとなる。

ライバル少ない「ブルーオーシャン」?

アストラ・スポーツツアラー・エレクトリックには実質的な競合車種が少ない。英国では長い間、MG 5 SW EVがほぼ唯一の電動ステーションワゴンだったが、現在はアストラの兄弟車であるプジョーe-308 SWが加わっている。他社も少しずつ参入しつつあり、今後成長が期待されるジャンルだ。

しかし、ヴォグゾールにとって販売の主力となるのは、全長が短いハッチバック仕様のアストラ・エレクトリックと見られている。同社の英国部門代表、ジェームズ・テイラー氏は5月の取材で次のように述べた。

「電動のアストラをラインナップに加えることは、当社にとって非常に重要です。ヴォグゾールは、BセグメントであろうとB-SUVセグメントであろうと、純EVで優位に立ち、勝利を収めてきました。(アストラ・エレクトリックは)CセグメントのEVという、より大きなチャンスへの大きな足がかりを与えてくれるでしょう」

トレンドに沿った電動パワートレインをヒットモデルに搭載することは、競争力を維持するうえで重要だとテイラー氏は説明する。

「EVのトップメーカーになりたいのです。ヴォグゾールは今、EV第一主義を徹底しています」

「EVはすべてのブランドにリセットのチャンスを与えました。当社もその機会を利用したい」

こんな記事も読まれています

ジープ・アヴェンジャー 詳細データテスト 低重心ゆえの良好な操縦性 日常的な乗り心地には注文あり
ジープ・アヴェンジャー 詳細データテスト 低重心ゆえの良好な操縦性 日常的な乗り心地には注文あり
AUTOCAR JAPAN
信頼関係が生んだ“ターゲット1.5倍の過激なセットアップ”。小池エンジニアが振り返る岩佐歩夢の予選PP劇
信頼関係が生んだ“ターゲット1.5倍の過激なセットアップ”。小池エンジニアが振り返る岩佐歩夢の予選PP劇
AUTOSPORT web
フェルスタッペン、覚醒ノリスの追撃振り切り優勝。角田裕毅は10位で母国戦RBにポイント届ける|F1エミリア・ロマーニャGP決勝
フェルスタッペン、覚醒ノリスの追撃振り切り優勝。角田裕毅は10位で母国戦RBにポイント届ける|F1エミリア・ロマーニャGP決勝
motorsport.com 日本版
いいクルマだったなぁ…… 「走り」にこだわったマツダ3代目プレマシー新車時試乗記プレイバック
いいクルマだったなぁ…… 「走り」にこだわったマツダ3代目プレマシー新車時試乗記プレイバック
ベストカーWeb
メルセデスと「近代ロケットの父」フォン・ブラウン博士との関係とは? 「220Sポントンクーペ」を愛用し、北米ダイムラー・ベンツの取締役でした
メルセデスと「近代ロケットの父」フォン・ブラウン博士との関係とは? 「220Sポントンクーペ」を愛用し、北米ダイムラー・ベンツの取締役でした
Auto Messe Web
F1エミリア・ロマーニャ決勝速報|フェルスタッペンが逃げ切り優勝! ノリス惜しくも届かず。角田裕毅は10位入賞
F1エミリア・ロマーニャ決勝速報|フェルスタッペンが逃げ切り優勝! ノリス惜しくも届かず。角田裕毅は10位入賞
motorsport.com 日本版
悪路のスーパーヒーロー ジープ・ラングラーへ試乗 ロックレールで側面衝突に対応 12.3型モニター獲得
悪路のスーパーヒーロー ジープ・ラングラーへ試乗 ロックレールで側面衝突に対応 12.3型モニター獲得
AUTOCAR JAPAN
なんちゃってセレブがアストンマーティン新型「ヴァンテージ」を砂ぼこり上げながらスペインで激走!?「打てば響くようなレスポンスだったわ~」
なんちゃってセレブがアストンマーティン新型「ヴァンテージ」を砂ぼこり上げながらスペインで激走!?「打てば響くようなレスポンスだったわ~」
Auto Messe Web
Juju、初サーキットでのトラブルで走行時間削られるも悲観せず「レース後半はチャンスがあるのかな」/SF第2戦
Juju、初サーキットでのトラブルで走行時間削られるも悲観せず「レース後半はチャンスがあるのかな」/SF第2戦
AUTOSPORT web
米ジャンクヤードで見つけた「廃車」 40選 後編 朽ちた名車の味わい
米ジャンクヤードで見つけた「廃車」 40選 後編 朽ちた名車の味わい
AUTOCAR JAPAN
ライバルに先を越され続けた5年間。スーパーフォーミュラ初優勝の牧野任祐が明かす苦悩「言い訳できない環境で勝てず、もどかしかった」
ライバルに先を越され続けた5年間。スーパーフォーミュラ初優勝の牧野任祐が明かす苦悩「言い訳できない環境で勝てず、もどかしかった」
motorsport.com 日本版
ランドローバー・ディスカバリーの2025年モデルの日本における予約受注がスタート
ランドローバー・ディスカバリーの2025年モデルの日本における予約受注がスタート
カー・アンド・ドライバー
米ジャンクヤードで見つけた「廃車」 40選 前編 朽ちた名車の味わい
米ジャンクヤードで見つけた「廃車」 40選 前編 朽ちた名車の味わい
AUTOCAR JAPAN
ベントレーの「V8」がハイブリッドで新設計! W12を上回る750馬力以上の「ウルトラ パフォーマンス ハイブリッド」に期待大
ベントレーの「V8」がハイブリッドで新設計! W12を上回る750馬力以上の「ウルトラ パフォーマンス ハイブリッド」に期待大
Auto Messe Web
リカルド、RB母国戦での予選Q3ダブル進出を喜ぶ「ユウキに比べて苦戦していたけど、僕も少し前進できた」
リカルド、RB母国戦での予選Q3ダブル進出を喜ぶ「ユウキに比べて苦戦していたけど、僕も少し前進できた」
motorsport.com 日本版
「主人公」のような高揚感 フォード・マスタング 289  中毒性あるV8の加速! 誕生60年をルート66で祝福(1)
「主人公」のような高揚感 フォード・マスタング 289  中毒性あるV8の加速! 誕生60年をルート66で祝福(1)
AUTOCAR JAPAN
「ポニーカー」では表現不足 フォード・マスタング 289  誕生60年をルート66で祝福(2) 夢のロードトリップ
「ポニーカー」では表現不足 フォード・マスタング 289  誕生60年をルート66で祝福(2) 夢のロードトリップ
AUTOCAR JAPAN
涙があふれ続けた……牧野任祐、SF初優勝でチェッカー直後から半周ずっと大号泣「多分、俺意外と泣くタイプの人間です(笑)」
涙があふれ続けた……牧野任祐、SF初優勝でチェッカー直後から半周ずっと大号泣「多分、俺意外と泣くタイプの人間です(笑)」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

8件
  • ocean breeze
    こういったBEVのバリエーションが日本でも選択できるようにならないかなぁ。でもEV嫌いな国民性ゆえ国内ではBEVは一向に売れず、結果として日本に導入しないことになるのでしょうね。日本国民は新しいものを知らされないまま、そうち気が付いたときには、安価な中国製BEVが世界中を席巻して、国内メーカーのICE車はジリ貧、という事態は避けたいものです。
  • jas********
    リーフe に乗ってます。
    信頼性うんぬんは置いといて、、デザインいいなぁ。。特に内装、、
    リーフは乗るたびがっかりします。
    信頼性とか乗り味はいいのですけども。
    せめて内装をなんとかして欲しい。。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

235.0320.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

44.044.0万円

中古車を検索
アストラの車買取相場を調べる

オペル アストラの中古車

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

235.0320.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

44.044.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村