現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > シャコタン着地のポルシェ「911」はフラットノーズ!「OLD&NEW」のボディキットを「カブリオレ」に装着したレアケースでした

ここから本文です

シャコタン着地のポルシェ「911」はフラットノーズ!「OLD&NEW」のボディキットを「カブリオレ」に装着したレアケースでした

掲載 10
シャコタン着地のポルシェ「911」はフラットノーズ!「OLD&NEW」のボディキットを「カブリオレ」に装着したレアケースでした

フラットノーズの真っ白な911

フラットノーズの白いボディで注目を集めていたのは、石原雅さんのポルシェ「911(996)」。5年程前に購入した996のカブリオレは、イベントの2週間程前に仕上がったばかりとのこと。詳しい話をオーナーに伺った。

1963台限定、4000万円オーバーのポルシェ新型「911S/T」はMTのみ! 峠から普段遣いまでオールマイティでした

ボディキットありきでクルマを選択

イベントの開始前、搬入の状態から注目を集めていたフラットノーズの白い911。ベースとなったのは1999年式ポルシェ911(996)カブリオレで、オーナーの石原 雅さんによるとイベントの2週間程前に仕上がったばかりだそうだ。ベースとなった996は5年程前に購入したそうで、その時の状態はマフラー以外ほぼノーマルだったという。では、何故このフラットノーズのスタイルに変貌することになったのだろうか?

「実はOLD&NEWのボディキットを付けたかったので、それに合う車を探していたんです。これ(ボディキット)を付けてるクルマが殆ど屋根付きだったんで、屋根開きもいいかなと思ってカブリオレにしました」

「取り敢えずクルマを買ってすぐにボディに仮付けして、そこから塗装とか内装とか足まわりを全部やってえらいことになりました。全塗装も含めてボディで1年半くらいかかって、足まわりに手を入れて、1年くらい前から内装を始めて、一度、5月くらいに上がってきたんですが、不具合をちょっと直していたので完成したのが2週間前くらいですね」

ボディキット以外にも各部に手が入れられている

最大のポイントとなるOLD&NEWのボディキットは、フラットノーズバンパー、マーシャルヘッドライト、ワイドフェンダー、リアウイングで構成されフロント部分は総入れ替え、リアにも当然加工が施されている。

このボディキットに合わせ停車時にボディを着地させるためにエアリフトのエアサスを装着。着地時にフェンダー内へすっぽり収まるよう、タイヤ&ホイールもサイズを合わせたものに変更済となる。

加えて内装はボディカラーに合わせライトシルバーに全面張替えられ、一部をイエローに塗装、カーペットなども張り替えられているという。ちなみにボディカラーのパールホワイト&イエローは、オーナーのオーダーで全塗装となっている。

「どの色にしようかなって考えた時にトヨタのパールホワイトがきれいに光っていたので、この色にしようと。黄色の部分はちょっと透き通るような感じのルノーのものにしました。もともと黄色とかゴールドとか好きだったんで。わりとワイルドに仕上がってくれたので、塗装を少しおとなしめにして良かったなと思います」

その全てがお気に入り

ボディキットを始め各部に手が入れられている石原さんの996。その中でご自身一番のお気に入りのポイントを伺ってみたのだが、これは愚問だったようだ。

「このボディの迫力、カラーリングと内装ですね。これでほぼ完成なので、もうこれ以上クルマはいじらないでしばらく乗りたいと思っています」

つまり、クルマの全てがお気に入りだということだ。

こんな記事も読まれています

18歳、免許取っていきなり「TRUST」コンプリートカー!?「GReddy」パーツオンパレードでカスタム費用がかかりません!
18歳、免許取っていきなり「TRUST」コンプリートカー!?「GReddy」パーツオンパレードでカスタム費用がかかりません!
Auto Messe Web
アバルト「124スパイダー」でサーキットに目覚める! 装着パーツは数しれず、肝心のタイムはといえば…
アバルト「124スパイダー」でサーキットに目覚める! 装着パーツは数しれず、肝心のタイムはといえば…
Auto Messe Web
フィアット初代「パンダ」は「人生に必要不可欠なもの」エンジンブローしても現行パンダに増車するほどの魅力とは
フィアット初代「パンダ」は「人生に必要不可欠なもの」エンジンブローしても現行パンダに増車するほどの魅力とは
Auto Messe Web
斬新過ぎる! マツダ「ロードスターSUV」 現る! ゴツタイヤ履いた謎の個体が凄い…!
斬新過ぎる! マツダ「ロードスターSUV」 現る! ゴツタイヤ履いた謎の個体が凄い…!
くるまのニュース
セリカ復活!? 600万円のトヨタ「セリカ」が激シブ過ぎ! ホワイトボディ&ゴールドホイールに惚れるも…中身は「空っぽ」なぜ? 反響はいかに
セリカ復活!? 600万円のトヨタ「セリカ」が激シブ過ぎ! ホワイトボディ&ゴールドホイールに惚れるも…中身は「空っぽ」なぜ? 反響はいかに
くるまのニュース
ホンダ「ステップワゴン スパーダ」にこだわってカスタムする理由とは? 仲間がドレコンで勝つために協力してくれたカスタムメニューをお教えします
ホンダ「ステップワゴン スパーダ」にこだわってカスタムする理由とは? 仲間がドレコンで勝つために協力してくれたカスタムメニューをお教えします
Auto Messe Web
50億円は無理! でも4万円のフェラーリ「250GTO」なら購入できます! 京商1/18モデルが15年ぶりに復活しました
50億円は無理! でも4万円のフェラーリ「250GTO」なら購入できます! 京商1/18モデルが15年ぶりに復活しました
Auto Messe Web
ド迫力の新型「SUVミニバン」お披露目! ゴツゴツボディがカッコイイ!三菱「デリカ」ベースのブラーバ「オーカス」599万円から
ド迫力の新型「SUVミニバン」お披露目! ゴツゴツボディがカッコイイ!三菱「デリカ」ベースのブラーバ「オーカス」599万円から
くるまのニュース
金を含む塗装も! ポルシェの新プログラム…『パナメーラ』新型を早くもカスタム
金を含む塗装も! ポルシェの新プログラム…『パナメーラ』新型を早くもカスタム
レスポンス
めちゃめちゃ安くて手軽なのに雰囲気激変ってやるしかない! いまホイールキャップのドレスアップが盛り上がっていた
めちゃめちゃ安くて手軽なのに雰囲気激変ってやるしかない! いまホイールキャップのドレスアップが盛り上がっていた
WEB CARTOP
フェラーリオーナーへの近道は「348」しかない! ほぼ未使用車が1000万円以下の謎は右ハンドルだから!?
フェラーリオーナーへの近道は「348」しかない! ほぼ未使用車が1000万円以下の謎は右ハンドルだから!?
Auto Messe Web
老舗BMWチューナー「AC Schnitzer(ACシュニッツァー)製BMW M2」登場! ピュアなレーシングルックでエクストリームがさらにエクストリームに
老舗BMWチューナー「AC Schnitzer(ACシュニッツァー)製BMW M2」登場! ピュアなレーシングルックでエクストリームがさらにエクストリームに
AutoBild Japan
“お手頃中古車”のポルシェ初代「ボクスター」は遊び心を刺激する!? ベルギーで「本気のサーキットマシン」に大改造したワケあり車両を発見
“お手頃中古車”のポルシェ初代「ボクスター」は遊び心を刺激する!? ベルギーで「本気のサーキットマシン」に大改造したワケあり車両を発見
VAGUE
TOM'S、オリジナルの素晴らしさをそのままに圧倒的な存在感を 「LEXUS IS500」用「TOM’S スタイリングパーツセット」発売
TOM'S、オリジナルの素晴らしさをそのままに圧倒的な存在感を 「LEXUS IS500」用「TOM’S スタイリングパーツセット」発売
カー・アンド・ドライバー
レトロな「新型スポーツカー」登場! 丸目4灯×6速MTにめちゃオシャレ内装も魅力!?「M55コンセプト」インテリアの特徴は
レトロな「新型スポーツカー」登場! 丸目4灯×6速MTにめちゃオシャレ内装も魅力!?「M55コンセプト」インテリアの特徴は
くるまのニュース
世界でたった1台の“幻のクルマ”! メルセデス初代Eクラスクーペをベースにしたガルウイング「ボシャートB300」ってどんなモデル?
世界でたった1台の“幻のクルマ”! メルセデス初代Eクラスクーペをベースにしたガルウイング「ボシャートB300」ってどんなモデル?
VAGUE
再再発売のトヨタ ランドクルーザー70 にマッチするホイールは? 4×4エンジニアリングサービスがブラッドレーの装着テスト
再再発売のトヨタ ランドクルーザー70 にマッチするホイールは? 4×4エンジニアリングサービスがブラッドレーの装着テスト
レスポンス
全長3m以下! トヨタの斬新「“ギラギラ”コンパクトカー」実車展示! ド迫力スピーカー&ガルウィング装備の「パリピなiQ」とは
全長3m以下! トヨタの斬新「“ギラギラ”コンパクトカー」実車展示! ド迫力スピーカー&ガルウィング装備の「パリピなiQ」とは
くるまのニュース

みんなのコメント

10件
  • フラットノーズは、良いが車高落ちすぎ〜
    ポルシェで、シャコタンはちょっとね〜
    なんか、ドイツ車らしく無いです……
  • 車検通すにはヘッドライトが保安規準外の低さ「しばらく乗る」ってのはどこの国でか?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1620.04118.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

180.06750.0万円

中古車を検索
911の買取価格・査定相場を調べる

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1620.04118.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

180.06750.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村