サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【伝説のランボルギーニ(8)】V10エンジンを搭載したガヤルドの登場はランボルギーニの世界を大きく広げることになる

ここから本文です
2003年ジュネーブオートサロンの会場で、ランボルギーニのブースに大きな注目が集まっていた。ムルシエラゴとはまた異なる革新的なV10エンジン搭載モデル、ガヤルドの誕生だった。

ランボルギーニに期待される迫力と息を飲むような美しさ
2003年、ガヤルドの誕生は画期的だった。それは1970年代にウラッコ→シルエット→ジャルパで提案してきたV8エンジン搭載の「日常で使えるスーパーカー」、「ベビー・ランボルギーニ」のコンセプトを復活させるものだったが、そこには新鮮な魅力もあり、たちまちヒット作となる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン