現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 不動車のホンダ「ベンリイC92」をエンジンのプロがレストア!ピストン流用を決めた「ベンリイCD125」シリンダーボアアップ用銅ガスケットを製作!【vol.6】

ここから本文です

不動車のホンダ「ベンリイC92」をエンジンのプロがレストア!ピストン流用を決めた「ベンリイCD125」シリンダーボアアップ用銅ガスケットを製作!【vol.6】

掲載
不動車のホンダ「ベンリイC92」をエンジンのプロがレストア!ピストン流用を決めた「ベンリイCD125」シリンダーボアアップ用銅ガスケットを製作!【vol.6】

O/Sピストンに合わせたヘッドガスケットの製作

 メーカー純正のヘッドガスケットは、オーバーサイズピストンのボア径に合わせてノーマル(STD)のものよりも大きい穴径で作られているため、0.5mmや1.0mmといったO/Sピストンに合わせたボーリングを行っても、ヘッドガスケットはSTDの物がそのまま使えるようになっています。

不動車のホンダ「ベンリイC92」をエンジンのプロがレストア!? まずはベンリイC92のエンジン特性から時代背景を徹底解説【vol.1】

 しかしレース用などの、さらに大きなピストン径へのボアアップをするには、純正ヘッドガスケットの穴径を超えてしまう為、専用のガスケットが必須。

 車種別のボアアップキットなど、ヘッドガスケットまでセットになって販売されている物もありますが、今回の様に他車種のピストンを流用する場合は、ヘッドガスケットを別で用意しなければなりません。  そんな時に役立つのが、弊社でおこなっている「銅ガスケット製作」というメニュー。純正ヘッドガスケットから、スキャナーで取り込んだ形状データをCADCAMで編集し、任意のボア径に変更した上でマシニングを使って、銅板から切り出して必要なサイズのヘッドガスケットを作成します。

古い外車等の希少車でヘッドガスケットが入手できない場合でも、実車から外したヘッドガスケットがあれば同様に加工をすることが可能で、厚みを変えて製作する事もできます。

 なお、スキャナーで取り込んだデータを基にしている都合上、どうしても若干の誤差が出てしまう為、切り出してそのまま組める訳ではなく、ノック穴などシリンダーに合わせられるよう、若干の修正は必須。

 同様にボア径も誤差を見越して若干大きくする必要がありますが、今回は敢えて小さく作成し、シリンダーボーリング時にノックピンを入れた状態でガスケットを載せ、同時に加工する事でシリンダー内径とピッタリ同径に仕上げました。

実はノーマルエンジンの圧縮は低い?

冒頭で純正ヘッドガスケットは、O/Sピストンに対応する分ボア径が大きいと説明しましたが、自分がこの事について強く意識する様になったキッカケはスズキ「GS750」のオーバーホールを行った時でした。

 弊社の主力商品であるICBMの耐久テストをする為に、純正STDピストンに合わせたアルミメッキスリーブを4本準備しましたが、全て同じスリーブでは鋳鉄シリンダーとの比較にならないと思い、メッキは2本で1本は鋳鉄材のターカロイ、もう1本は純正スリーブで走行し、減り具合を比較する事に急遽変更。

 純正スリーブはオーバーサイズピストンにしなければならず、仕方なく鋳鉄シリンダー2本は0.5mmO/S、メッキシリンダー2本はSTDで仕上げる事になったのです。

 しかし、エンジンが組みあがって実圧縮を測定すると、メッキシリンダー2本はサービスマニュアル通りの8.7kg/cm2から8.8kg/cm2ですが、鋳鉄シリンダー2本は何故か、9.3kg/cm2から9.4kg/cm2もあったのです。

 多少の変動はあって当然ですが、ここまでの違いがある事は予想外でした。

 さらに上の1mmオーバーサイズだったら、何処までハイコンプになってしまうのか?そこまで変わってしまうと、キャブセッティングも同じとはいきません。

 その要因の一端がヘッドガスケットだったのです。

 一般的にオーバーサイズピストンに合わせてボーリングしたエンジンが以前より力強く感じるのは僅かな排気量の違いよりも、むしろ圧縮が上がった事に依ると考えられます。

 この考えが間違っていない事を確信したのは、ベンリイC92のレストアを始める直前に、通勤用のホンダ「CB250RS」をレストアした時のことでした。

 CB250RSはピストンクリアランスが良好な状態であった為、シリンダーに関してはそのままで組む事にしましたが、ヘッドガスケットはSTDピストンΦ74mmに対して2mmO/Sピストンまで対応しています。

 厚さ1mmのヘッドガスケットで片肉1mmものスキマがあったなら、当然圧縮は下がるので、厚みは同じ1mmのまま銅ガスケットを使用して、Φ74.3mmにしました。

 そうすることで他の要因は変わらずに圧縮が上がった場合、キャブレーションがそのままでは濃すぎる状況になりますが、純正で#112だったメインジェットが#72まで下がったことで、アクセルレスポンスとトルク感が別物の様に良くなり、カタログ値25馬力とは思えない位には速いと感じられるバイクに仕上がったのです。

 話が逸れましたが、これでベンリイC92の部品単位でのオーバーホール作業や必要部品の準備は全て終わり、組立ができる状況が整いました。

 次回は、エンジンの組み立てをしていきます。

関連タグ

こんな記事も読まれています

【クルマの情報を家電が音声で知らせる!】 日産とパナソニックが新サービス開始 快適と安心
【クルマの情報を家電が音声で知らせる!】 日産とパナソニックが新サービス開始 快適と安心
AUTOCAR JAPAN
世界でいちばん売れたテスラ モデルYは何がいいの?【工藤貴宏】
世界でいちばん売れたテスラ モデルYは何がいいの?【工藤貴宏】
グーネット
【F1第5戦中国GP決勝の要点】フェルナンド・アロンソとアストンマーティンが総力戦で掴んだ最高の7位
【F1第5戦中国GP決勝の要点】フェルナンド・アロンソとアストンマーティンが総力戦で掴んだ最高の7位
AUTOSPORT web
アウディRS e-トロンGTへ「パフォーマンス」追加? 改良版プロトタイプへ試乗 一層GTに
アウディRS e-トロンGTへ「パフォーマンス」追加? 改良版プロトタイプへ試乗 一層GTに
AUTOCAR JAPAN
世界最強2リッターエンジン搭載! メルセデスAMG新型「C 63 S Eパフォーマンス」の速さの秘密は? F1の技術が盛り込まれていました
世界最強2リッターエンジン搭載! メルセデスAMG新型「C 63 S Eパフォーマンス」の速さの秘密は? F1の技術が盛り込まれていました
Auto Messe Web
JOTA、キャデラック・ワークスの有力候補に浮上。現パートナーのチップ・ガナッシは今季限りで提携解消
JOTA、キャデラック・ワークスの有力候補に浮上。現パートナーのチップ・ガナッシは今季限りで提携解消
AUTOSPORT web
【ポイントランキング】2024年F1第5戦中国GP終了時点
【ポイントランキング】2024年F1第5戦中国GP終了時点
AUTOSPORT web
「レースには最悪のコース」イモラで重要なトラフィック管理。アウトラップのハイパーカーをLMGT3が抜く?【第2戦決勝展望】
「レースには最悪のコース」イモラで重要なトラフィック管理。アウトラップのハイパーカーをLMGT3が抜く?【第2戦決勝展望】
AUTOSPORT web
「角川61式戦車」未だ現役 映画『ぼくらの七日間戦争』で活躍 直近ではとんでもない場所に登場!?
「角川61式戦車」未だ現役 映画『ぼくらの七日間戦争』で活躍 直近ではとんでもない場所に登場!?
乗りものニュース
2024年版 人も荷物もたくさん運べる「7人乗りモデル」 10選 欧州ファミリーカーの知られざる魅力
2024年版 人も荷物もたくさん運べる「7人乗りモデル」 10選 欧州ファミリーカーの知られざる魅力
AUTOCAR JAPAN
90年以上あるマセラティのオープンカーの歴史を3分で振り返る。ヘンリー・フォード2世をして「美しい」と言わしめたクルマとは?
90年以上あるマセラティのオープンカーの歴史を3分で振り返る。ヘンリー・フォード2世をして「美しい」と言わしめたクルマとは?
Auto Messe Web
フェルスタッペンが大波乱の中国GPを制す。角田裕毅は追突され今季初リタイア【決勝レポート/F1第5戦】
フェルスタッペンが大波乱の中国GPを制す。角田裕毅は追突され今季初リタイア【決勝レポート/F1第5戦】
AUTOSPORT web
シトロエンに「全然見えない」 トラクシオン・アバンが土台 1948年のレナード・エ・ベック・ロードスター
シトロエンに「全然見えない」 トラクシオン・アバンが土台 1948年のレナード・エ・ベック・ロードスター
AUTOCAR JAPAN
“2段階”性能調整ルールの早期導入を望むトヨタ。劣勢に回ったGR010ハイブリッドへの後押しに期待
“2段階”性能調整ルールの早期導入を望むトヨタ。劣勢に回ったGR010ハイブリッドへの後押しに期待
AUTOSPORT web
『31kg増』のプジョー9X8、イモラで大苦戦。悔しさ隠せないベルニュ「どこから改善すべきかは明白」
『31kg増』のプジョー9X8、イモラで大苦戦。悔しさ隠せないベルニュ「どこから改善すべきかは明白」
AUTOSPORT web
2024年問題解決には小型トラックが鍵! 普通免許で運転できる新型モデルをメーカーも続々投入!!
2024年問題解決には小型トラックが鍵! 普通免許で運転できる新型モデルをメーカーも続々投入!!
WEB CARTOP
クルマ愛ゆえの辛口? 自動車評論家「徳大寺有恒」没後もうすぐ10年、モータージャーナリストの私が今でも尊敬し続けるワケ
クルマ愛ゆえの辛口? 自動車評論家「徳大寺有恒」没後もうすぐ10年、モータージャーナリストの私が今でも尊敬し続けるワケ
Merkmal
愛車の履歴書──Vol35. 益若つばささん(前編)
愛車の履歴書──Vol35. 益若つばささん(前編)
GQ JAPAN

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村