サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「チューニングパーツ誕生秘話」レース用と同一ラインで生産されるタナベの高精度スプリングに迫る

ここから本文です

確かなモノ作りから生み出される優れた性能と品質、耐久性

性能探求とともに安全性も考慮されたストリートスペシャル!

「これぞ点火革命」純正よりも安くて高性能なイグニッションコイル! シルビアからプリウスまで豊富なラインナップも魅力

愛車をチューニングしたいのに、パーツが少なくて思うようにイジれない。そんな走りに対する欲求をきっかけとして、GTパーツブランドであるタナベ(tanabe)は1982年に立ち上げられた。

ファーストラインアップは、走りとスタイルの双方から引き締める強化スプリングを軸に、メタルクラッチや軽量フライホイールといった駆動系パーツも展開。

おすすめのニュース

サイトトップへ