現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「ハチロク」デビューから「もう40年」!? 「ファミコン発売」1983年デビューした名車3選

ここから本文です

「ハチロク」デビューから「もう40年」!? 「ファミコン発売」1983年デビューした名車3選

掲載 19
「ハチロク」デビューから「もう40年」!? 「ファミコン発売」1983年デビューした名車3選

■ちょうどデビュー40年! 1983年はどんなクルマがデビュー?

 家庭用ゲーム機「ファミコン」が発売され、「東京ディズニーランド」が開園。街では尾崎豊の新曲「15の夜」が流れている1983年(昭和58年)は、今からちょうど40年前にあたります。
 
 そんな1983年にデビューしたクルマから3車種を紹介します。

【画像】名車の数々!「AE86」に「Z31」と「CR-X」! 1983年デビューの3台の詳細を画像でチェック(41枚)

●トヨタ「カローラレビン/スプリンタートレノ」

 トヨタ「カローラ」は1966年の登場以来、高い実用性と品質により同社を代表する大衆車として名高いクルマです。一方「スプリンター」はカローラの兄弟車種として1968年に登場し、スポーティ性を打ち出したクルマとなっています。

 そして1983年5月に発売されたのが、5代目となるカローラ・スプリンターシリーズでした。4ドアセダンと5ドアハッチバックはシリーズ初となるFF駆動を採用し、広い室内空間や低燃費エンジンを採用したことが特徴です。

 一方、スポーツ系重視のモデルには引き続きFR方式が踏襲され、2ドアと3ドア車を用意。これらが「カローラレビン(以下レビン)」「スプリンタートレノ(以下トレノ)」です。

 レビンとトレノとしては4代目モデルとなります。大きな違いとしては、レビンは固定式ヘッドライトを採用するのに対し、トレノはリトラクタブル式ヘッドライトを採用しています。

 トレノとレビン両方に搭載されるエンジンは2種類の直列4気筒エンジンで、ベーシックグレード向けの1.5リッターのベーシックな3Aエンジンに加え、最大出力130馬力・最大トルク15.2kgmを誇る、当時ではハイスペックなDOHC16バルブの「4A-GEU型」エンジン搭載車を設定しました。

 このハイスペックエンジン搭載車はその型式(E-AE86)から「ハチロク」と呼ばれ、後の「ドリフトブーム」やコミックの「頭文字(イニシャル)D」ブームとともに人気車種に。

 ハチロクは40年立った今でもスポーツカー好きから支持されているクルマです。

●日産「フェアレディZ(3代目・Z31型)」

 1969年に登場した日産「フェアレディZ(以下Z)」はファストバックの流麗なスタイリングに、パワフルな動力性能、高い操縦安定性が特徴の2ドアスポーツカーです。

 1983年6月、先代の「S130型」に代わって3代目となるZが登場。

 3代目Zは、当時国内最高出力となる230馬力を発揮する「VG30ET型」3リッターV型6気筒ターボエンジンを設定。パワーウエイトレシオは当時国産乗用車では最大の5.76kg/PSを誇り、0-400mは14.7秒(4名乗車・運輸省届出値)をマークしました。

 ボディは空気抵抗を重視し、セミリトラクタブル式「パラレルライジングヘッドランプ」を採用。足回りには減衰力を3段階に切り替えられる「3ウェイアジャスタブルショックアブソーバー」が装備され、ほかにもオートワイパーやパワーシート、オートエアコンなど、現代に通用するといっても過言ではないハイテク装備も設定されました。

●ホンダ「バラードスポーツCR-X」

 1983年7月に発売された初代「バラードスポーツCR-X(以下CR-X)」は、3ドアハッチバック、4ドアセダン、ワゴンモデルを揃え同年にデビューした3代目「シビック」シリーズ(通称「ワンダーシビック」)をベースに誕生したクーペスタイルのコンパクトスポーツカーです。

 特徴的なスタイリングは空力特性を重視しており、低いボンネットとCR-Xのアイデンティティともいえるセミリトラクタブルヘッドライトを採用(後に固定式へ変更)。

 ホイールベースの短い800kg台の軽量なボディに、回答性に優れた前後サスペンションや、110馬力を発揮する12バルブの1.5リッター直列4気筒エンジンによりすぐれた運動性能を持ち、ホンダは「FFライトウェイトスポーツ」だとうたっています。

 さらに、世界初のアウタースライド式サンルーフやルーフから風が送られるルーフ・ラム圧ベンチレーションを設定するなど、最新機能も盛り込んだクルマでした。

※ ※ ※

 デビューから40年を経過すると、クラシックカーといっても過言ではありません。今回紹介したモデルは一部に過ぎませんが、1983年デビューのクルマに乗るオーナーは愛車のデビュー40年の節目を祝ってあげてもよいかもしれません。

こんな記事も読まれています

トヨタ、ランドクルーザーの中核モデル“250”シリーズを発売
トヨタ、ランドクルーザーの中核モデル“250”シリーズを発売
AUTOSPORT web
新型「ランドクルーザー250」のタフ感アップ!モデリスタがカスタマイズパーツ発表
新型「ランドクルーザー250」のタフ感アップ!モデリスタがカスタマイズパーツ発表
グーネット
F1中国GPスプリント予選で3番手アロンソ「グリップレベルとリスクのバランスを判断するのが難しかった」
F1中国GPスプリント予選で3番手アロンソ「グリップレベルとリスクのバランスを判断するのが難しかった」
motorsport.com 日本版
スズキ「アルト」が累計506万台! インドで日本より短い40年4カ月で3000万台の生産を成し遂げた理由とは
スズキ「アルト」が累計506万台! インドで日本より短い40年4カ月で3000万台の生産を成し遂げた理由とは
Auto Messe Web
ホンダ 新型SUV「WR-V」車中泊仕様など4台出展 アウトドアデイジャパン名古屋2024
ホンダ 新型SUV「WR-V」車中泊仕様など4台出展 アウトドアデイジャパン名古屋2024
グーネット
マツダ新型「最上級3列SUV」世界初公開! 新型「CX-80」24年秋に欧州で発売! 日本導入も予定!
マツダ新型「最上級3列SUV」世界初公開! 新型「CX-80」24年秋に欧州で発売! 日本導入も予定!
くるまのニュース
マツダ、2024年のスーパー耐久 次世代バイオディーゼルやCN燃料で参戦
マツダ、2024年のスーパー耐久 次世代バイオディーゼルやCN燃料で参戦
日刊自動車新聞
1986年、国内でグループAレース人気が加速する【グループAレースクロニクル1985-1993 JTC9年間の軌跡(3)】
1986年、国内でグループAレース人気が加速する【グループAレースクロニクル1985-1993 JTC9年間の軌跡(3)】
Webモーターマガジン
アウディ「Q8スポーツバックe-tron」新パッケージ発表 一充電航続距離が619kmに
アウディ「Q8スポーツバックe-tron」新パッケージ発表 一充電航続距離が619kmに
グーネット
自然なフォルムで視認性アップ!トヨタ・スズキ純正用ワイドミラー5種発売 カーメイト
自然なフォルムで視認性アップ!トヨタ・スズキ純正用ワイドミラー5種発売 カーメイト
グーネット
MINI、「北京モーターショー2024」でMINIファミリー最新モデル「MINI エースマン」を発表
MINI、「北京モーターショー2024」でMINIファミリー最新モデル「MINI エースマン」を発表
LE VOLANT CARSMEET WEB
将来のスポーツカー開発を視野に入れた取り組みも。マツダが2024年スーパー耐久参戦体制を発表
将来のスポーツカー開発を視野に入れた取り組みも。マツダが2024年スーパー耐久参戦体制を発表
AUTOSPORT web
「海外生産の日本車って大丈夫?」なんて心配いまは無用! それでも国内販売で苦戦する理由とは
「海外生産の日本車って大丈夫?」なんて心配いまは無用! それでも国内販売で苦戦する理由とは
WEB CARTOP
雨の混乱の中、ノリスが驚異の走りでポール! ハミルトンが2番手、角田裕毅はSQ1敗退|F1中国GPスプリント予選
雨の混乱の中、ノリスが驚異の走りでポール! ハミルトンが2番手、角田裕毅はSQ1敗退|F1中国GPスプリント予選
motorsport.com 日本版
全部当てはまったら「クルマ好き老害」認定! ついついやりがちな「他人に煙たがられる」カーマニアの行動7つ
全部当てはまったら「クルマ好き老害」認定! ついついやりがちな「他人に煙たがられる」カーマニアの行動7つ
WEB CARTOP
質実剛健に原点回帰 トヨタ新型「ランドクルーザー250」ついに発売!“丸目”限定モデルも登場
質実剛健に原点回帰 トヨタ新型「ランドクルーザー250」ついに発売!“丸目”限定モデルも登場
乗りものニュース
4月20~21日開催の岩佐歩夢プロデュース「スーパーフォーミュラキャラバン」、Q&Aセッションなどキッズ向け新コンテンツが追加
4月20~21日開催の岩佐歩夢プロデュース「スーパーフォーミュラキャラバン」、Q&Aセッションなどキッズ向け新コンテンツが追加
motorsport.com 日本版
ホンダ、N-VANをマイナーチェンジ 一部仕様に急アクセル抑制機能を追加
ホンダ、N-VANをマイナーチェンジ 一部仕様に急アクセル抑制機能を追加
日刊自動車新聞

みんなのコメント

19件
  • 1983年と言えば、FFになった5代目トヨタカローラやスプリンター、コロナFFシリーズ、いつかはクラウンで有名になった7代目クラウン、7代目の日産ブルーバード、4代目フェアレディZ、6代目セドリック/7代目グロリア、2代目ホンダバラードや初代CR-Xを含めたワンダーシビックシリーズ、三菱の2代目ミラージュ、2代目ランサー·フィオーレ、3代目ギャランΣ/エテルナΣ、2代目ダイハツシャレード、初代スズキカルタス等がありました。
    数えたらキリがねぇ。
  • 日本でドアミラーが認可された年じゃね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

105.8128.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

17.8126.5万円

中古車を検索
Zの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

105.8128.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

17.8126.5万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村