現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ワゴン界の大ベストセラーがフルモデルチェンジ! フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントの新型モデルを公開

ここから本文です

ワゴン界の大ベストセラーがフルモデルチェンジ! フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントの新型モデルを公開

掲載 10
ワゴン界の大ベストセラーがフルモデルチェンジ! フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントの新型モデルを公開

 この記事をまとめると

■フォルクスワーゲンの「パサートヴァリアント」がフルモデルチェンジを敢行

世界で愛される名ワゴンは日本でも使い勝手抜群! フォルクスワーゲンの歴代ワゴンモデルを振り返る

■さまざまな新機能を導入し、PHEVモデルなども用意される

■本国での販売は2024年第一四半期を予定している

 世界中で大ヒットしているジャーマンワゴンが生まれ変わった!

 電動化を加速させているフォルクスワーゲンは、日本では輸入車の鉄板ブランドとして多くの人から支持されている。同社は、コンパクトカーであるポロ、Cセグメントのベンチマークと評価されるゴルフ、SUVのT-CROSSやT-ROC、そして話題のBEVであるID.4などなど、じつにさまざまな車種を展開している。

 これらのクルマに共通するのは、工業製品大国であるドイツらしい質実剛健かつスタイリッシュなデザインだ。そういった日本車の雰囲気にもどこか近いところが人気な理由のひとつかもしれない。

 今回紹介するのは、そんなフォルクスワーゲンのなかでもマルチに使える広い車内と、走りなどのパフォーマンスも高い次元にある「パサートヴァリアント(以下:パサート)」だ。これがついにフルモデルチェンジを敢行し、2024年第一四半期にリリースされる予定だという(本国)。

 日本では、フォルクスワーゲンのワゴン=ゴルフヴァリアントというイメージが先行するが、それは狭い道路が多い地域に限った話であり、じつはパサーとヴァリアントは、世界中で累計3400万台以上が販売されている大ベストセラーなのだ。その台数はなんと「ビートル」を上まわり、フォルクスワーゲンのなかで「ゴルフ」に次いで売れているモデルだという。

 詳細を見ていこう。

 この度生まれ変わった新型パサートは、マイナーチェンジなどではなく完全新規設計となるフルモデルチェンジとなる。

 パワートレインは3種類の新しいプラグインおよびマイルドハイブリッドドライブと、5種類のターボチャージャー付きガソリンおよびディーゼルエンジンから構成されており、ライフスタイルに合わせた最適な選択ができるようになっている

 例えば、システム出力150kW(204馬力)および200kW(272馬力)を発生し、完全新開発という2種類のプラグインハイブリッドドライブ(eHybrid)は、容量19.7kWh(ネット値)の新しいバッテリーと組み合わせることで、約100kmの距離を電動モードで走行することが可能となっている。普段の買い物や通勤程度ならガソリンが不要なのだ。

 バッテリーも一工夫されており、以前の3.6kWではなく、11kWのAC(交流)充電器で充電できるようになっており、充電時間も同社が以前販売していたPHEVモデルと比較してさらに短くなってる点も嬉しい。「パサートヴァリアントeハイブリッド」は、DC急速充電ステーションで、最大50kWの出力で充電することが可能。さらに、電気駆動モーターと新しい高効率なターボチャージャー付きガソリンエンジン(1.5 TSI evo2)の組み合わせにより、総航続距離はなんと約1000kmに達する。これは、東京-大阪間を無給油で往復できるほどの数値に匹敵する。

 新たに搭載された48Vマイルドハイブリッドドライブ(110kW/150馬力を発生するeTSI)は、運動エネルギーを電気エネルギーに変換し、内燃エンジンを作動させないで「コースティング(惰性走行)」することが可能。これによって、燃費を稼ぐことができる。

 ラインアップには、150kW(204馬力)および195kW(265馬力)を発生する2種類のガソリンターボエンジン(2.0 TSI)に加え、90kW(122馬力)、110kW(150馬力)、142kW(193馬力)を発生する3種類のディーゼル ターボエンジン(2.0 TDI)も用意される。

 なお、全モデルのエンジンは、フォルクスワーゲンの鉄板であるオートマチックダイレクトシフトギアボックス(DSG)が組み合わせられる。出力195kWと142kWのバージョンには、「4MOTION」4輪駆動システムが標準装備。ほかのすべてのモデルは前輪駆動となる。

 ボディサイズは5m目前!

 インテリアも徹底的に見直されている。

 とくに注目なのは、新開発のデジタル化されたランドスケープディスプレイ。技術的なプラットフォームとして、MIB4が搭載されており、これは直感的に操作することができ、ユーティリティの高さも光る。サイズはなんと驚異の15インチだ。また、オプションで、こちらも新規開発となる「ergoActive(エルゴアクティブ)」シート(空気圧によるポイントマッサージ機能付き)を選択することもできる。さらに、上位互換となる10個のチャンバーを空気圧で制御するポイントマッサージ機能を備えた「ergoActive Plus」シートも用意される。

 そのほか、オプションでは自動駐車機能「Park Assist Pro」が選択可能だ。これは、スマートフォンを使用した遠隔操作で駐車スペースへの駐車/出庫が可能なもので、メモリー機能が付いた「Park Assist Pro」が搭載されている場合、システムはリクエストに応じて最後に走行した50メートルを記録して保存することも可能。なので、このメモリー機能を生かすと、自宅の駐車場など車両が再び同じ位置に辿り着くと、駐車操作を自動で行うことをドライバーに提案するようなシステムも組み込まれている。また、駐車とは逆の駐車スペースから自動で出庫させることも可能だ。

 もちろん、現代では必須とも言える運転支援モードや先進安全装備も搭載されている。

 オプションで新しいアダプティブ シャシー コントロール「DCC Pro」について紹介しよう。このアダプティブシャシー コントロール「DCC Pro」は、サスペンションテクノロジーをまったく新しいレベルへと引き上げている自慢の装備だという。

 ダイナミクスを最大化すると同時に、最高レベルの快適性を提供するとしているこのシステムは、フォルクスワーゲン初採用となる2バルブ技術を導入し設計されている。これにより、どんな路面でも快適でスポーティで心地よい走行性能を手に入れている。

 新型パサートは、ホイールベースが50mm延長され、リヤシートの足元スペースも50mm拡大され、より広い車内空間となっている。これにより、ボディサイズは、全長が144mm延びて4917mmと5m近くとなっているほか、全幅は20mm拡大して1852mmとなった。ワゴン車に欠かせないラゲッジコンパートメントの容量は、最大1920リットルと大容量。

 まったく新しいモデルとなったパサート、このモデルはまだコンセプトモデルで製品版ではないが、ほぼこのままの姿で登場するはずなので、ワゴン車が少ない日本市場への導入も心待ちにしたいモデルと言えそうだ。

こんな記事も読まれています

アルボン「タイヤのデグラデーションに苦戦。オコンを抜くほどのペースもなかった」:ウイリアムズ F1第5戦決勝
アルボン「タイヤのデグラデーションに苦戦。オコンを抜くほどのペースもなかった」:ウイリアムズ F1第5戦決勝
AUTOSPORT web
自転車に乗り続けると骨がスカスカに!? 嘘か真実か、サイクリングと骨粗しょう症の関係
自転車に乗り続けると骨がスカスカに!? 嘘か真実か、サイクリングと骨粗しょう症の関係
バイクのニュース
アンダー230万円! スバル「快速コンパクト」どんな人が買ってる? めちゃスポーティ×上質内装採用! 主力の「インプレッサ」支持するユーザー層は
アンダー230万円! スバル「快速コンパクト」どんな人が買ってる? めちゃスポーティ×上質内装採用! 主力の「インプレッサ」支持するユーザー層は
くるまのニュース
今季ルノー移籍の新鋭がキャリア初優勝、トヨタのロッシも2位表彰台を獲得/TC2000第2戦
今季ルノー移籍の新鋭がキャリア初優勝、トヨタのロッシも2位表彰台を獲得/TC2000第2戦
AUTOSPORT web
オコン「パフォーマンスの面でわずかに進歩。大急ぎでアップグレードを用意したチームに感謝」:アルピーヌ F1第5戦決勝
オコン「パフォーマンスの面でわずかに進歩。大急ぎでアップグレードを用意したチームに感謝」:アルピーヌ F1第5戦決勝
AUTOSPORT web
いやー知らないと絶対わからんよ!!  ロードスターのETC設置位置がもうスゴいとこにあんのよ!!
いやー知らないと絶対わからんよ!!  ロードスターのETC設置位置がもうスゴいとこにあんのよ!!
ベストカーWeb
ニュルで鍛え上げられた高性能EV専用タイヤがデビュー! ピレリがポルシェ・タイカン専用高性能タイヤを2種類発表
ニュルで鍛え上げられた高性能EV専用タイヤがデビュー! ピレリがポルシェ・タイカン専用高性能タイヤを2種類発表
WEB CARTOP
プレミアムBEV販売、国内月間No.1に! 「ボルボEX30」が国内外ブランドを含むBEVプレミアムセグメントのトップに
プレミアムBEV販売、国内月間No.1に! 「ボルボEX30」が国内外ブランドを含むBEVプレミアムセグメントのトップに
LE VOLANT CARSMEET WEB
なぜ「車にかけるお金」は2位から18位に転落したのか?──教えて、博報堂生活総研さん! 30年間の観測データで分かった、若者のクルマと恋愛事情。<前編>
なぜ「車にかけるお金」は2位から18位に転落したのか?──教えて、博報堂生活総研さん! 30年間の観測データで分かった、若者のクルマと恋愛事情。<前編>
くるくら
〈ジャパントラックショー2024〉三菱ふそう、eキャンターのキャリアカーを初公開
〈ジャパントラックショー2024〉三菱ふそう、eキャンターのキャリアカーを初公開
日刊自動車新聞
ペルチェデバイス搭載の冷却ベスト「FREEZETECH 充電式氷嚢ベスト」が4月末発売!
ペルチェデバイス搭載の冷却ベスト「FREEZETECH 充電式氷嚢ベスト」が4月末発売!
バイクブロス
『N-BOXカスタム』用パーツが一挙発売、ブリッツからエアクリーナーシリーズ4種類・5製品が発売
『N-BOXカスタム』用パーツが一挙発売、ブリッツからエアクリーナーシリーズ4種類・5製品が発売
レスポンス
特別感がすごい… 英アストン マーティン「DBX」にタッチスクリーン導入 707馬力の高性能モデルのみ販売へ
特別感がすごい… 英アストン マーティン「DBX」にタッチスクリーン導入 707馬力の高性能モデルのみ販売へ
AUTOCAR JAPAN
日産「新型マーチ」まもなく登場!? “丸目”ライトが超オシャレ! 日本市場“復活”期待の「新型コンパクト」どんなクルマになる?
日産「新型マーチ」まもなく登場!? “丸目”ライトが超オシャレ! 日本市場“復活”期待の「新型コンパクト」どんなクルマになる?
くるまのニュース
自転車専用レーンは走行可能? 電動キックボードで走行できる場所を徹底解説
自転車専用レーンは走行可能? 電動キックボードで走行できる場所を徹底解説
バイクのニュース
規模デカすぎ…! 希少車から改造車まで「スポーツカー」800台が大集合 マスタング60周年記念イベント、英国
規模デカすぎ…! 希少車から改造車まで「スポーツカー」800台が大集合 マスタング60周年記念イベント、英国
AUTOCAR JAPAN
ホンダアクセス、シビック(FL1/FL4)の試作テールゲートスポイラーを初お披露目
ホンダアクセス、シビック(FL1/FL4)の試作テールゲートスポイラーを初お披露目
月刊自家用車WEB
ホンダ「アクティ」をモンスタートラック化! アメリカンテイストにこだわり「クルマは自分を表現するファッションの一部です」
ホンダ「アクティ」をモンスタートラック化! アメリカンテイストにこだわり「クルマは自分を表現するファッションの一部です」
Auto Messe Web

みんなのコメント

10件
  • 収納の使い勝手はかなり良いぞ。
    日本のメーカーも少しは勉強しろや。
  • 昔のマツダみたいな野暮ったいデザインになりましたね

    検討することは無いでしょう
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

521.6677.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

25.0508.0万円

中古車を検索
パサートヴァリアントの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

521.6677.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

25.0508.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村