サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホントに入ってる? かつては「ココにあり!」感の強かった「エアバッグ」が目立たなくなったワケ

ここから本文です

 小型化と併せて目立たないようにする工夫がなされている

 エアバッグを世界初で装備したのは1981年に登場したメルセデス・ベンツのSクラス。日本車では1987年に登場したホンダのレジェンドで、一時話題になったタカタ製を搭載していた。

なくすには惜しすぎる! 時代の流れで消えるも復活してほしいクルマの技術7選+α

 1990年になると続々と普及が進んだが、当時をご存じの方なら覚えているだろうが、とにかく大きかった。ハンドルのセンター部分やインパネに設置されているのは今と変わらないが、いかにもここに入れてあります的な形だったり、出っ張りぶりだった。安全のためには仕方がないとは思いつつも、格好はよくないなというのが正直なところだった。

おすすめのニュース

サイトトップへ