サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > SFライツ王者の名取鉄平、2022年シーズンのレース活動休止を報告。海外進出の予定も「マネジメント会社と意見の相違」

ここから本文です

 2021年のスーパーフォーミュラ・ライツ(SFライツ)王者である名取鉄平が、1月23日に自身のSNSを更新。2022年シーズンはレース活動を休止するという報告を行なった。

 2019年にFIA F3を戦った経験を持つ名取は、再び海外の舞台へ挑戦するため、Buzzドライバーマネジメントプログラムのサポートの下、2021年のシーズンオフにはFIA F2のポストシーズンテストにトライデントから参加した。

■名取鉄平、トライデントからFIA F2ポストシーズンテストに参加! 2021年はSFライツで戴冠、再び欧州の舞台へ

 名取曰く、昨年12月の段階で海外進出は決まっていたものの、「マネジメント会社との意見の相違」があったため、海外進出を断念したとのこと。

おすすめのニュース

サイトトップへ