サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > SFライツ王者の名取鉄平、2022年シーズンのレース活動休止を報告。海外進出の予定も「マネジメント会社と意見の相違」

ここから本文です

SFライツ王者の名取鉄平、2022年シーズンのレース活動休止を報告。海外進出の予定も「マネジメント会社と意見の相違」

SFライツ王者の名取鉄平、2022年シーズンのレース活動休止を報告。海外進出の予定も「マネジメント会社と意見の相違」

 2021年のスーパーフォーミュラ・ライツ(SFライツ)王者である名取鉄平が、1月23日に自身のSNSを更新。2022年シーズンはレース活動を休止するという報告を行なった。

 2019年にFIA F3を戦った経験を持つ名取は、再び海外の舞台へ挑戦するため、Buzzドライバーマネジメントプログラムのサポートの下、2021年のシーズンオフにはFIA F2のポストシーズンテストにトライデントから参加した。

■名取鉄平、トライデントからFIA F2ポストシーズンテストに参加! 2021年はSFライツで戴冠、再び欧州の舞台へ

 名取曰く、昨年12月の段階で海外進出は決まっていたものの、「マネジメント会社との意見の相違」があったため、海外進出を断念したとのこと。上記の通り海外でのレース活動が内定していたことから国内でのオファーは全て断っており、2022年シーズンにレースができない状態となってしまったという。

 以下は本人の声明の全文だ。

「2022シーズン、名取鉄平は1年レースをお休みします」

「11月から再び海外進出に向けて準備を進めており、12月には海外進出が決まっておりましたが、マネジメント会社との意見の相違があり、海外進出を断念しました」

「またその間に日本でのレースに向けて沢山オファーを頂いていましたが、既に海外進出が決まっていましたので、全てお断りさせて頂いていました。その結果、2022シーズンはレースが出来る環境が無くなってしまい、1年レースを休まざるを得ない状況になってしまいました」

「現在は既に2023シーズンに向けて日々活動中です。2023シーズン皆さんに力強い走りをお見せ出来る様に頑張ります」

 なお名取は、声明文にある「マネジメント会社」は現在所属しているPOLYVALENT MANAGEMENTではないとしている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します