現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 真夏のエアコンがもたらす燃費への影響【石井昌道の自動車テクノロジー最前線】

ここから本文です

真夏のエアコンがもたらす燃費への影響【石井昌道の自動車テクノロジー最前線】

掲載
真夏のエアコンがもたらす燃費への影響【石井昌道の自動車テクノロジー最前線】

車の最新技術 [2022.08.15 UP]


真夏のエアコンがもたらす燃費への影響【石井昌道の自動車テクノロジー最前線】
文●石井昌道 写真●トヨタ

「日本のクラウン」が世界を目指す【ニュースキャッチアップ】

 前回のコラムでは、過去にエコドライブ・インストラクターを務めていたときに様々なテストをしたなかから、アイドリングストップの効果等について話したところ、真夏のエアコンの影響はどうなんだと質問があった。夏を迎える前に展開すればよかったと思いつつ、テスト結果を振り返ってみたい。

 テストを行ったのは2.5L NAエンジンのミニバン。外気温が25℃の場合、エアコンオフで走行すると8.1km/L、エアコンを24℃設定で走行すると7.1km/Lで約14%の悪化。外気温がそれほど高くなく、設定温度も控えめではあってもエアコンの燃料消費は決して少なくない。

 外気温35℃のときのテストでは、24℃設定のエアコンオン(内気循環)で5.8km/L、エアコンオン(外気導入)で5.6km/L、エアコンMAXで5.1km/Lだった。エアコンを使わないときに比べて真夏にMAXで効かせると60%近くも燃費が悪化することになる。これは極端な例だが、春秋の過ごしやすい季節でエアコンを使わないか、負荷がほとんどかからない状態と真夏でも快適な室内温度になるようにエアコンを使いながら走ったときでは燃費は約20%違う。だから燃費やエコドライブを考えるうえでエアコンは重要なファクターなのだが、真夏にエアコンオフで走るなんて不快を通り越して危険さえある。ドライバーが快適に過ごせることは安全に繋がるともいえる。そこで快適に過ごしつつ、賢い使い方がないかと考えたわけだが、じつはびっくりするほどの裏技や大技はなかった。

 それでも炎天下で車室内が60℃近くにもなっているときに、どうすれば快適かつ効率的かを探ったところ、とりあえずは窓を全開にするなどして室内温度を下げるのが、あたりまえだが効果的。ほんの30秒程度で10℃ほどグンと下がる。余裕があればエンジンはかけずに室内の空気を入れ換えるだけしてもいいし、窓を開けてすぐに走り出してもいい。窓を閉めたままエアコンオンで走りだすのが一番燃費的にはよくない。車室内が60℃近くのときに、1分間窓を開けてから走り出したクルマと、窓を閉めたまま走り出したクルマで、5kmほどの燃費を測ったところ、約20%の差があった。5~10分程度で車室内の温度は快適になってきてそこからはエアコンの負荷はかわらないので、差は出ない。走り出しで車室内の空気を入れ換えるかどうかが重要なだけだ。

 結果としては、炎天下に駐めていたクルマで走り出すときには、まず窓を開けて30秒から1分程度は過ごす。そのときにエアコンオンでかまわないだろう。これは何もデータをたしかめなくても多くの人が実践していることだろう。

 もう一つは酷暑ではないものの、エアコンオフではつらいというときの効率的な使い方だが、普通に考えれば温度設定を高めにしていけばそれだけ燃費の悪化も防げると思いがちだが、それは意外と効かないこともある。というのもカーエアコンは、冷たい空気を作りだして室内に供給してくれるが、28℃などの高めの温度設定に対しては、冷たい空気にエンジン廃熱の暖かい空気を混ぜて出してくるだけ。だから効率良く使おうとするなら、車室内が冷えてきたら小まめにエアコンオフ、あるいはA/Cボタンオフにするなど、オンオフで切り替えるのがいい。ちょっと面倒くさいけれど。というわけで、夏のエアコンにまつわるエコドライブ・テクニックは、大した裏技・大技はないものの、走り出しのときに窓を開けることはかなり効く。短い走行の後に駐車して、車室温度が上がってまた走り出すなど、ショートトリップを繰り返すと燃料消費は増えるので、できれば用事はまとめて済ます、駐めるにしても地下駐車場や日陰などを選ぶなどの工夫が効いたりもする。

 細かいところでは、窓を全開で走ったら空気抵抗が増えて燃費が悪化するのでは? と思う人もいるだろう。たしかに窓全開の影響は想像以上に大きく、高速道路のテストで計測すると空気抵抗は約10%も増加し、燃費も5%ほど悪化した。ただし、街中での影響は燃費にして1~2%ほどの影響しかないので、炎天下の走り始めの短時間ならば問題はないだろう。それよりも車室温を10℃ほど下げられるほうが取り分は大きい。

 熱源が少ないかほとんどない電動車は冬場のヒーターの効率化が課題だが、エンジン車が夏場のエアコンで燃費が悪化するのは致し方ないところ。多少の工夫で乗り切るしかないのだ。

こんな記事も読まれています

高速のSA・PAで「車中泊」してもいいの?「法令違反」の可能性も?! 「これは仮眠ですから!」主張は許されるのか
高速のSA・PAで「車中泊」してもいいの?「法令違反」の可能性も?! 「これは仮眠ですから!」主張は許されるのか
くるまのニュース
じ~ん。ポルシェを手に入れた瞬間の幸福
じ~ん。ポルシェを手に入れた瞬間の幸福
レスポンス
アウトドアシーンでも活躍!? ホンダ新型バン「N-VAN e:」10月に発売 人気の軽商用バンをベースにしたEV
アウトドアシーンでも活躍!? ホンダ新型バン「N-VAN e:」10月に発売 人気の軽商用バンをベースにしたEV
VAGUE
ダッシュ! 軽量スポーツカーメーカーのアリエルが電動アシスト自転車を発表
ダッシュ! 軽量スポーツカーメーカーのアリエルが電動アシスト自転車を発表
レスポンス
アルピーヌ、ル・マンの夜を前にダブルリタイア。エンジントラブルで夢潰える「来年、強くなって戻って来る」
アルピーヌ、ル・マンの夜を前にダブルリタイア。エンジントラブルで夢潰える「来年、強くなって戻って来る」
motorsport.com 日本版
知っておきたい! ブレーキパッドのメリット・デメリットとカスタマイズ術~カスタムHOW TO~
知っておきたい! ブレーキパッドのメリット・デメリットとカスタマイズ術~カスタムHOW TO~
レスポンス
ダイハツ斬新「スゴいSUV」登場! 2.8リッター&5速MT採用!? カクカクデザイン「謎のSUV」海外で発見される
ダイハツ斬新「スゴいSUV」登場! 2.8リッター&5速MT採用!? カクカクデザイン「謎のSUV」海外で発見される
くるまのニュース
年々増加するEVの「電欠」の救世主となるか!? 給電できるバイクの仕組みと課題とは?
年々増加するEVの「電欠」の救世主となるか!? 給電できるバイクの仕組みと課題とは?
バイクのニュース
予算約50万円の軽二輪選び】不景気だからこそスカッとスポーツしたい! 国産ロードスポーツ5選
予算約50万円の軽二輪選び】不景気だからこそスカッとスポーツしたい! 国産ロードスポーツ5選
モーサイ
【10年ひと昔の新車】スバル インプレッサWRX STIの4ドアに待望の「スペックC」が登場した!
【10年ひと昔の新車】スバル インプレッサWRX STIの4ドアに待望の「スペックC」が登場した!
Webモーターマガジン
【スーパースポーツ試乗】フェラーリ296GTBと296GTSに乗って実感。エレガントにしてレーシー、スポーツカーは永遠に不滅
【スーパースポーツ試乗】フェラーリ296GTBと296GTSに乗って実感。エレガントにしてレーシー、スポーツカーは永遠に不滅
カー・アンド・ドライバー
マツダ新型ハイブリッドに秘策あり!! ロータリーは伏兵だ……スカイアクティブXの燃焼技術が生きるかも?
マツダ新型ハイブリッドに秘策あり!! ロータリーは伏兵だ……スカイアクティブXの燃焼技術が生きるかも?
ベストカーWeb
強力な高圧洗浄機なのに、充電式のコードレス! 「FIXNOW」が応援購入を受付中
強力な高圧洗浄機なのに、充電式のコードレス! 「FIXNOW」が応援購入を受付中
月刊自家用車WEB
5年ぶり復活! トヨタ新型「ランドクルーザー“プラド”」発表! 豪華な“6人乗り”仕様&最上級パワトレに反響アリ! 「カクカク本格SUV」中国に登場
5年ぶり復活! トヨタ新型「ランドクルーザー“プラド”」発表! 豪華な“6人乗り”仕様&最上級パワトレに反響アリ! 「カクカク本格SUV」中国に登場
くるまのニュース
[コレ貼ったクルマには注意を] 初心者マーク以外にもある、クルマに貼られるマーク×3種
[コレ貼ったクルマには注意を] 初心者マーク以外にもある、クルマに貼られるマーク×3種
月刊自家用車WEB
新型M5をBMWがチラ見せ!!   5シリーズが4気筒だけでいいわけない! 700psオーバーでニュル最速のBMWってマジなんですか
新型M5をBMWがチラ見せ!!   5シリーズが4気筒だけでいいわけない! 700psオーバーでニュル最速のBMWってマジなんですか
ベストカーWeb
フェラーリカスタマーの83号車が首位。トヨタ8号車が3番手……夜と共に雨が襲来|ル・マン24時間レース:6時間経過
フェラーリカスタマーの83号車が首位。トヨタ8号車が3番手……夜と共に雨が襲来|ル・マン24時間レース:6時間経過
motorsport.com 日本版
スズキ「バーグマンストリート125EX」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
スズキ「バーグマンストリート125EX」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

85.9162.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

9.342.0万円

中古車を検索
MAXの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

85.9162.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

9.342.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村