現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型セントラの米国スポーツ版が超カッコいい! これを日本導入しないのはもったいない!!

ここから本文です

新型セントラの米国スポーツ版が超カッコいい! これを日本導入しないのはもったいない!!

掲載 3
新型セントラの米国スポーツ版が超カッコいい! これを日本導入しないのはもったいない!!

 日本国内では、スカイラインのみとなってしまった日産のセダンだが、米国市場では、ヴァーサ、セントラ、アルティマ、マキシマと、4台ものセダンが投入されている。なかでもベストセラーとなっているのが「セントラ」だ。2023年10月31日から11月3日まで米国ラスベガスで開催されていたSEMAショー2023では、このセントラに待望のDETが搭載されたコンセプトカーが出展され、ファンをざわつかせた。爆速セダンとなっているであろう「セントラDETコンセプト」の詳細をご紹介しよう。

文:吉川賢一
写真:NISSAN

新型セントラの米国スポーツ版が超カッコいい! これを日本導入しないのはもったいない!!

日産セントラカップから着想を得たコンセプトカー

 「セントラ」は、北米日産で2番目に売れているミドルセダンだ。たとえば、2023年7月から9月の3か月間の販売は31,612台、月平均で1万台が売れていることになる。ちなみに北米日産でもっとも売れているのは「ローグ(日本名:エクストレイル)」(同期間で63,346台)で、3番目は「アルティマ」だ(同29,270台)だ。(セントラは)サニーやブルーバードシルフィの系統に属するセダンであり、現行モデルは8代目にあたるモデル(B18型)だ。

 「セントラDETコンセプト」の「DET」とは、「デュアルオーバーヘッドカム(Dual overhead cam)」、「電子燃料噴射(Electronic fuel injection)」、「ターボ(Turbo)」の頭文字をとったもので、かつて日産がシルビアや180、パルサー、スカイラインなどのスポーツモデル向けの高性能エンジンで使っていたネーミング。セントラといえば、2021年からカナダで「日産セントラカップ」というワンメイクレースが開催されており、2024年にはその米国ラウンドが追加されることから、そのワンメイクレースに参戦するマシンから着想を得たのが、この「セントラDETコンセプト」だという。

セントラDETコンセプトは、ワンメイクレースに参戦するマシンから着想を得たコンセプトカー

[usedcar-search brand_cd="1015" body_cd="6,11" car_cd="10151010" keyword="スカイライン" limit=30]

エンジンスペックは未公開だが、爆速セダンには違いない

 その中身は実に豪華だ。ギャレット社製のインタークーラーやターボチャージャーを装着した2.0L 直4エンジンは、エンジンピストンやロッドを交換したうえで耐摩擦摩耗処理も施すなど、カリカリにチューンされている(スペックは未公表)。これに6速マニュアルトランスミッションを組み合わせた。

 タイヤはヨコハマADVAN NEOVA(245/40R18サイズ)を、ホイールにはNISMO製の鍛造軽量ホイールLM-RS6を採用。ブレーキにはニッサンZ用のフロント/リアキャリパーと、CZP製軽量ローターを採用している。ホイールロックナットもNISMO製だ。

 内装にはレカロ製のプレミアムスポーツシート(Sportster CS)とニスモ製シフトノブを装着。外装はおもにNISMOのステッカーでチューンされているが、エンジンフードには、冷却用のエアアウトレットダクトが2基あり、派手な演出もなされている。

 セントラカップは、性能の近いマシン同士が車体をガシガシぶつけながら競い合う、肉弾戦のようなレース展開もある激しいレースだ。ライバルより少しでも早いマシンを手に入れたいというユーザーにとって、このセントラDETコンセプトは、すぐにでも欲しくなる内容といっていいだろう。

レカロ製のプレミアムスポーツシートとニスモ製シフトノブも装着されている

エンジンフードには、大型のエアアウトレットが2基、装着されている

NISMOの鍛造軽量ホイールと、超ハイグリップのヨコハマADVAN NEOVAタイヤを装着

大衆セダンでレースを楽しむ文化があるのは羨ましい限り

 セントラに関しては、以前「日本導入もあるかも!??」という話題もあったが、いまではそんな話題すらなくなってしまった。いまでも日本に導入して欲しい日産車の一台ではあるが、残念ながら日本導入されることはないのだろう。

 セントラカップには、老若男女問わず、幅広い人がレーサーとして参戦している様子が確認できる(しかもめちゃくちゃ楽しそう)。セントラのように、身近な大衆セダンでレースを楽しむ文化があるというのは、なんとも羨ましい限りだ。

こんな記事も読まれています

2023年に世界で一番売れたクルマはテスラ・モデルY! なぜ電気自動車がトップに? 世界のEVの10%を占めるモデルYは何がスゴイ?
2023年に世界で一番売れたクルマはテスラ・モデルY! なぜ電気自動車がトップに? 世界のEVの10%を占めるモデルYは何がスゴイ?
WEB CARTOP
2024スーパーGT開幕! 公式練習は下馬評高いau TOMSがトップタイム。2番手以下にコンマ5秒の差つける
2024スーパーGT開幕! 公式練習は下馬評高いau TOMSがトップタイム。2番手以下にコンマ5秒の差つける
motorsport.com 日本版
ホンダの「斬新軽トラ」がスゴかった! めちゃ「画期的な荷台」にオシャグリーン採用! バン×軽トラ“融合”の「HOBICK」は登場が早すぎたのか
ホンダの「斬新軽トラ」がスゴかった! めちゃ「画期的な荷台」にオシャグリーン採用! バン×軽トラ“融合”の「HOBICK」は登場が早すぎたのか
くるまのニュース
アロンソ、アストン残留の決め手のひとつはホンダ「新規定のF1を、ホンダとの新プロジェクトで走りたかった」
アロンソ、アストン残留の決め手のひとつはホンダ「新規定のF1を、ホンダとの新プロジェクトで走りたかった」
AUTOSPORT web
首都高「江戸橋JCT」周辺が大化け? 巨大再開発ビルが建設へ 道路の地下化で地上もかなり変わる!
首都高「江戸橋JCT」周辺が大化け? 巨大再開発ビルが建設へ 道路の地下化で地上もかなり変わる!
乗りものニュース
マツダ「痛ロードスターSUV」実車展示! ゴツさ爆発に注目度高し!? なぜ2人乗りスポーツをオフ化?
マツダ「痛ロードスターSUV」実車展示! ゴツさ爆発に注目度高し!? なぜ2人乗りスポーツをオフ化?
くるまのニュース
トヨタ新型「4ランナー」世界初公開! 15年ぶりの全面改良で登場した“新・ハイラックスサーフ”は オフローダーとして大胆に進化
トヨタ新型「4ランナー」世界初公開! 15年ぶりの全面改良で登場した“新・ハイラックスサーフ”は オフローダーとして大胆に進化
VAGUE
変更可能?バイクのヘッドライトの決まりごと
変更可能?バイクのヘッドライトの決まりごと
バイクのニュース
マツダの新型SUV『CX-80』、4月18日デビューへ
マツダの新型SUV『CX-80』、4月18日デビューへ
レスポンス
クロストレックは全方位で死角なし! 先々代フォレスターを大学生に推したいワケは? 若者にオススメしたいSUV6選
クロストレックは全方位で死角なし! 先々代フォレスターを大学生に推したいワケは? 若者にオススメしたいSUV6選
ベストカーWeb
「長澤まさみ」さんをBYDが新CMに起用した理由とは? 日本で全面攻勢に転じるという戦略を東福寺社長に直接聞いてみました
「長澤まさみ」さんをBYDが新CMに起用した理由とは? 日本で全面攻勢に転じるという戦略を東福寺社長に直接聞いてみました
Auto Messe Web
「X-804RS」は【NOLAN】レーシングヘルメットの新フラッグシップ!高速走行時でも安定
「X-804RS」は【NOLAN】レーシングヘルメットの新フラッグシップ!高速走行時でも安定
モーサイ
ホンダ、軽商用EV「N-VAN e:」 2024年秋に発売延期 サプライヤーの生産設備に遅れ
ホンダ、軽商用EV「N-VAN e:」 2024年秋に発売延期 サプライヤーの生産設備に遅れ
日刊自動車新聞
ポルシェライフスタイルより「ターボNo.1コレクション」をリリース。タータンチェックがアクセント!
ポルシェライフスタイルより「ターボNo.1コレクション」をリリース。タータンチェックがアクセント!
Webモーターマガジン
Honda、2026年F1参戦に向け、パワーユニット運用拠点「HRC UK」を設立
Honda、2026年F1参戦に向け、パワーユニット運用拠点「HRC UK」を設立
カー・アンド・ドライバー
トヨタが“爆ゴツ仕様”の「新型3列シートSUV」世界初公開! 15年ぶり全面刷新した「ハイラックスサーフ後継車」USに登場! 先代モデルからの「超進化」を詳しく解説!
トヨタが“爆ゴツ仕様”の「新型3列シートSUV」世界初公開! 15年ぶり全面刷新した「ハイラックスサーフ後継車」USに登場! 先代モデルからの「超進化」を詳しく解説!
くるまのニュース
アプリ売りのオジさん彷徨記 Vol.33 お宝発見ツアーIN群馬編 Part2
アプリ売りのオジさん彷徨記 Vol.33 お宝発見ツアーIN群馬編 Part2
AutoBild Japan
【MotoGP】マルティン、今季限りでのプラマック離脱をほぼ認める。目指すはファクトリーチーム移籍
【MotoGP】マルティン、今季限りでのプラマック離脱をほぼ認める。目指すはファクトリーチーム移籍
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

3件
  • もっちゃん
    基本的に端正でカッコイイのは分かる。
    最近海外ニッサンはこういうスポーツモデル発表時に
    4ドアのサイド面に大きく吹き上げる様なグラフィックを入れるんだけど
    このグラフィックがあると4ドアが2ドアに見えて
    すごくスポーティに見えるのは確かだけど
    市販品にこんなグラフィックはあり得ない。
    最近味をしめて毎回やってる。
  • rvu********
    いわゆるアフターマーケットのイベントで展示されたチューニングカー。米国でも市販予定のないものを日本導入しないのかって何を言ってるのでしょう。あとマキシマは販売終了済み、ヴァーサ、アルティマは2024年を最後に生産中止予定ですから北米日産ももうすぐセダンはセントラ1モデルになりますね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村