サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 傷だらけのブガッティの謎。8年以上世界中を走り回ったシロンに課されたミッションとは

ここから本文です

ボディを覆い尽くす傷は名誉の証

モルスハイムに、満身創痍のブガッティ シロンが佇んでいる。黒一色のボディには跳ね石が刻んだ無数の傷。ところどころ塗装が剥げ、ガムテープの跡が乱雑に残る。世界中のどこを探しても、こんな姿のブガッティを見つけることは難しいだろう。しかし、シロンのボディを覆い尽くしたこの数え切れない傷は、まごうことなき名誉の証なのである。

BBSジャパン、グランツーリスモ「FIA GTチャンピオンシップ2021」シリーズのオフィシャルパートナーに

じつはこのシロン、8年以上にわたってテスト車両として活躍してきた大ベテラン。スカンジナビアの雪原から南アフリカの灼熱地帯まで、“走るラボ”として世界中を走り続けてきた功労者だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン