現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スズキ、新型『スイフト』を発売。CVT車は12月13日、5速マニュアルは2024年1月から

ここから本文です

スズキ、新型『スイフト』を発売。CVT車は12月13日、5速マニュアルは2024年1月から

掲載 5
スズキ、新型『スイフト』を発売。CVT車は12月13日、5速マニュアルは2024年1月から

 12月6日、スズキは新型『SWIFT(スイフト)』を2023年内より順次発売すると発表した。新開発のCVT(無段変速機)を搭載するモデルは12月13日(水)より販売がスタート。5速マニュアル車は約1カ月おくれて、2024年1月17日(水)に発売開始となる。

 10月下旬に開催されたジャパンモビリティショー2023でワールドプレミアされた新型スイフトは、“エネルギッシュ×軽やか 日常の移動を遊びに変える洗練されたスマートコンパクト”をコンセプトに開発され、これまでのスイフトで培われてきたデザイン性や走行性能が進化するとともに、安全装備や利便性の高い装備が充実。“クルマと日常を愉しめる”という新たな価値が加えられた。

一時カタログ落ちの『スイフトスポーツ』6速MT車が復活登場。価格改定で216万円に

 先代モデルのイメージを残しつつ進化したエクステリアは、ボディ全体を包むラウンド形状と外側へ張り出したフェンダーの組み合わせた造形により、“走り”を想起させるスタイルに。リヤは台形フォルムを採用することで安定感のある佇まいが表現された。また、LEDヘッドランプやリヤコンビネーションランプによってワイド感も表現されている。

 9インチのディスプレイオーディオが初採用されたインテリアは、一部に3Dテクスチャーが施されたインパネとドアトリムを繋げ、ドライバーとクルマの一体感を印象づける。浮遊感のあるインパネは軽快さと先進性を表現しているという。

 パワートレインは3種類。新開発の1.2リットル直列3気筒Z12E型エンジンと同じく新たに開発されたCVTの組み合わせと、同システムにマイルドハイブリッドを加えたもの。さらに国内販売されるスズキ車では初めてマイルドハイブリッドと5速マニュアルの組み合わせも登場した。

 新開発されたエンジンは、低速から滑らかに上昇するトルク特性によって街乗り走行での軽快感を実現し、燃費性能と走行性能を両立した。軽量化されたCVTでは静粛性と燃費性能が向上。バックドアサイドスポイラーの採用など先代比で空気抵抗を約4.6%低減された空力性能も相まって22.0~25.4km/L(WLTCモード走行)の優れた燃費性能を実現している。

 安全装備では、ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合せたデュアルセンサーブレーキサポートIIが採用されたほか、停止保持機能を追加したアダプティブクルーズコントロールやブレーキホールド、車線維持支援機能、アダプティブハイビームシステムなどが備わる。また、ドライバーの表情を認識し眠気や脇見をカメラ検知して注意を促すドライバーモニタリングシステムもスズキ車初採用となっている。

 全長3860mm、全幅1695mm、全高1500mmの5ナンバーサイズで、ボディカラーはモノトーン9色と2トーンカラー4色の計13パターンから選べる新型『スズキ・スイフト』の価格は、172万7000~233万2000円(税込)だ。

■新型スズキ・スイフト 価格一覧
機種名エンジン駆動変速機価格(税込)XG1.2L DOHC吸排気VVT2WDCVT172万7000円4WD189万2000円HYBRID MX1.2L DOHC吸排気VVTマイルドハイブリッド2WD5MT192万2800円2WDCVT192万2800円4WD208万7800円HYBRID MZ2WD216万7000円4WD233万2000円

こんな記事も読まれています

「圏央道4車線化」鉄道またぐ橋、一夜で架設! 開通はいつ? スマートICもできる!?
「圏央道4車線化」鉄道またぐ橋、一夜で架設! 開通はいつ? スマートICもできる!?
乗りものニュース
シモーネ・テンペスティーニが初優勝。マックス・マクレーもJr.部門を制覇/ERC開幕戦
シモーネ・テンペスティーニが初優勝。マックス・マクレーもJr.部門を制覇/ERC開幕戦
AUTOSPORT web
40アルファードの静粛性が一変!調音施工で快適性が飛躍的に向上
40アルファードの静粛性が一変!調音施工で快適性が飛躍的に向上
レスポンス
小沢仁志さんの愛車はV8の「“アウトロー”スポーツカー」!? 鮮烈オレンジ光るド派手な「マスタング」 公開に「めっちゃ目立ちますね」「兄貴の愛車かっこよすぎます」の声
小沢仁志さんの愛車はV8の「“アウトロー”スポーツカー」!? 鮮烈オレンジ光るド派手な「マスタング」 公開に「めっちゃ目立ちますね」「兄貴の愛車かっこよすぎます」の声
くるまのニュース
シリンダー内の「旋回流」が鍵? アンモニアは化石燃料の代わりになるか 上智大学の研究チームが発表
シリンダー内の「旋回流」が鍵? アンモニアは化石燃料の代わりになるか 上智大学の研究チームが発表
AUTOCAR JAPAN
2024年もマツダはカーボンニュートラルでモータースポーツ! 「ENEOSスーパー耐久シリーズ2024年」にマツダ3と2台のロードスターで挑戦
2024年もマツダはカーボンニュートラルでモータースポーツ! 「ENEOSスーパー耐久シリーズ2024年」にマツダ3と2台のロードスターで挑戦
WEB CARTOP
恒例のBTCC公式シーズンラウンチ開催。最後のドニントン・テストは王者サットンが最速
恒例のBTCC公式シーズンラウンチ開催。最後のドニントン・テストは王者サットンが最速
AUTOSPORT web
無限、ホンダ・シビック・タイプR専用パーツ『グループA』を発表。新開発エアロで空力性能が大幅向上
無限、ホンダ・シビック・タイプR専用パーツ『グループA』を発表。新開発エアロで空力性能が大幅向上
AUTOSPORT web
性能調整変更でも『ポルシェが本命』とフェラーリのフォコ「僕らには少し厳しいコース」/WEC第2戦
性能調整変更でも『ポルシェが本命』とフェラーリのフォコ「僕らには少し厳しいコース」/WEC第2戦
AUTOSPORT web
“アンチ・スプリント”のフェルスタッペン、新フォーマットにはある程度満足?「前よりは良い。でも“レース”の後に予選というのがね……」
“アンチ・スプリント”のフェルスタッペン、新フォーマットにはある程度満足?「前よりは良い。でも“レース”の後に予選というのがね……」
motorsport.com 日本版
レクサスの“高級オフローダー”日本上陸! 新型「GX」秋頃発売へ “限定仕様車”は早くも抽選受付スタート
レクサスの“高級オフローダー”日本上陸! 新型「GX」秋頃発売へ “限定仕様車”は早くも抽選受付スタート
乗りものニュース
「800万円!?」 超高級な「軽自動車」に驚きの声! 今も「新車」で買える“超高性能”な「斬新モデル」に世界も注目!
「800万円!?」 超高級な「軽自動車」に驚きの声! 今も「新車」で買える“超高性能”な「斬新モデル」に世界も注目!
くるまのニュース
マセラティから第3のEVモデル登場! 新型「グランカブリオ フォルゴレ」にはフォーミュラEカーの技術がフィードバックされていました
マセラティから第3のEVモデル登場! 新型「グランカブリオ フォルゴレ」にはフォーミュラEカーの技術がフィードバックされていました
Auto Messe Web
うぉぉぉ! バスなのに線路も走れるだと!? 徳島県で実用化された「DMV」が「少年の夢」感アリアリで胸熱すぎる
うぉぉぉ! バスなのに線路も走れるだと!? 徳島県で実用化された「DMV」が「少年の夢」感アリアリで胸熱すぎる
WEB CARTOP
スバルとAMDがSoC設計で協業開始。ステレオカメラとAI処理を融合させ、次世代アイサイトに搭載へ
スバルとAMDがSoC設計で協業開始。ステレオカメラとAI処理を融合させ、次世代アイサイトに搭載へ
AUTOSPORT web
RB、角田裕毅苦戦の原因究明急ぐ「まだ彼のマシンに問題は見つかっていない」F1中国GP予選では19番手に沈む
RB、角田裕毅苦戦の原因究明急ぐ「まだ彼のマシンに問題は見つかっていない」F1中国GP予選では19番手に沈む
motorsport.com 日本版
フォーミュラEの東京大会が想像以上に盛り上がった理由
フォーミュラEの東京大会が想像以上に盛り上がった理由
@DIME
サインツJr.、決勝に向けて慎重な構え「レッドブルと対峙することを考えるより、マクラーレンやアストンに勝つ方法を考えなきゃ!」
サインツJr.、決勝に向けて慎重な構え「レッドブルと対峙することを考えるより、マクラーレンやアストンに勝つ方法を考えなきゃ!」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村