現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > サーキット遊び車を「R33 GT-R」から「アバルト500」に乗り換え!「うまいこと操ってる感がいいんです」

ここから本文です

サーキット遊び車を「R33 GT-R」から「アバルト500」に乗り換え!「うまいこと操ってる感がいいんです」

掲載 13
サーキット遊び車を「R33 GT-R」から「アバルト500」に乗り換え!「うまいこと操ってる感がいいんです」

チャオイタリア2023で走っていた2009年式アバルト

2023年10月22日(日)に兵庫県のセントラルサーキットで開催された「Ciao Italia 2023」はイタリア車限定のサーキットイベント。定番ヒストリックカーから最新のスーパーカーまで、年式もメイクスも多様なモデル187台がエントリーした一大イベントの会場から、気になるクルマのオーナーにお話を伺ってみた。

彼女の「アバルト500」はフルバケ×4点式シートベルト!「いつかはラリーに参戦してみたいです」

サーキット用にアバルトを購入

コース走行終了後、追加メーターのログをチェックしていた、2009年式「アバルト500」のオーナーの萬代和弘さん。聞けば、アバルトの前はBCNR33「スカイラインGT-R」でサーキット走行を楽しんでいたのだという。

「嫁さんがフィアットの500に乗っていて、ちょっとサーキットに見に行ったらアバルトで走ってる人がいて。結構台数も出ていてまるでワンメイクみたいになっていたんで、それもいいかなと思って9年前くらいにサーキット用として購入しました。ハイパワーのクルマの絶対速度とかタイムとかに興味もなくなっていて、あえて非力なのをいかに速く走らせるかっていうのが楽しそうだったんで、アバルトにした感じです」

クルマを操っている感が楽しい

中古でベースとなる車両を購入し、G-TECHマフラーやサブコン、アラゴスタのショック、クルマを見てもらっているという大阪のユニコルセのオーバーフェンダーなどのエアロパーツでサーキット用に仕上げていった萬代さん。

ちなみにタイヤはポテンザRE-12Dを履いているが、サーキットに行くにはラゲッジスペースに2本しかタイヤが積めないため、フロントのみ違うタイヤに履き替えているのだという。

ところでサーキット走行車をGT-Rからアバルトに変更したわけだが、その走りの魅力とはどんなものなのだろうか?

「GT-Rの方が当然速いですけど、こっちのはちょうどええスピードで楽しんで乗れる感じですね。フルブレーキングするとリアが軽くてバタついたり結構不安定にはなるんですけど、電子デバイスに頼って速いんじゃなくて、そんなのもうまいことコントロールしながら操っている感があるのがいいんですよ」

セッティングを煮詰めていくのも楽しさのひとつ

エンジン自体はノーマルだが、よりアバルトの走りを楽しむためにサブコンやハイフローのギャレット製タービン、インジェクター、プラグの番手変更などでパワーアップが行われている、萬代さんのアバルト。

馬力は正確に計測したことはないそうだが、周りからは他のマシンと比較して220~230psは出ていると言われているそうだ。今後もサーキット走行を楽しむつもりだというが、さらに手を加える予定はあるのか聞いてみた。

「あんまりパワーを上げすぎても壊れるので、今のところこれ以上大きくどうしたいって部分はないんですが、細かいところはときどき変えたりしてるんですよ、今日なんかも、リアのブレーキローターを大きくしているんですが、なんだかバランスが悪くなって結構大変だったんです。だからちょっと減衰など足まわりを詰めていきたいですね。サーキットでレースする人は皆そうでしょうけど、中古買ってある程度走れるまでのベースに持っていって、そこから煮詰めていくのも楽しいんですよ」

こんな記事も読まれています

衝撃デザインの新型「コンパクトSUV」世界初公開! トヨタ「ヤリスクロス」級のボディに“最新ハイブリッド”搭載! 斬新すぎる「超スポーティSUV」ミラノ登場
衝撃デザインの新型「コンパクトSUV」世界初公開! トヨタ「ヤリスクロス」級のボディに“最新ハイブリッド”搭載! 斬新すぎる「超スポーティSUV」ミラノ登場
くるまのニュース
イラストレーター「わたせせいぞう」が描いてきた昭和~令和という時代、対象はクルマから鉄道へ その魅力とは
イラストレーター「わたせせいぞう」が描いてきた昭和~令和という時代、対象はクルマから鉄道へ その魅力とは
Merkmal
1980年代バイクブームを加速させた懐かしの250ccモデル3選
1980年代バイクブームを加速させた懐かしの250ccモデル3選
GQ JAPAN
阪神高速4号湾岸線「10日間通行止め」 16日から一部区間で改修工事 関空方面「激しい渋滞」に注意
阪神高速4号湾岸線「10日間通行止め」 16日から一部区間で改修工事 関空方面「激しい渋滞」に注意
乗りものニュース
圧倒的な存在感!ベントレーから史上最高にダークでエッジの効いたSUV「ベンテイガSブラック エディション」が登場
圧倒的な存在感!ベントレーから史上最高にダークでエッジの効いたSUV「ベンテイガSブラック エディション」が登場
@DIME
メルセデス・ベンツならではの1台──新型CLEクーペ試乗記
メルセデス・ベンツならではの1台──新型CLEクーペ試乗記
GQ JAPAN
0-100km/h加速は3.0秒、最高速度は330km/h!マクラーレンが次世代スーパーカー「アルトゥーラ スパイダー」を公開
0-100km/h加速は3.0秒、最高速度は330km/h!マクラーレンが次世代スーパーカー「アルトゥーラ スパイダー」を公開
@DIME
「排気量それしかないの!?」大きいのに小さなエンジン搭載車、なぜ増えた? 税金安くてエコ、とも限らない?
「排気量それしかないの!?」大きいのに小さなエンジン搭載車、なぜ増えた? 税金安くてエコ、とも限らない?
乗りものニュース
新型「爆速“スポーティ”セダン」実車公開! 斬新シフト&超美麗ボディ採用! 580馬力超えの「ギセラ」米に登場
新型「爆速“スポーティ”セダン」実車公開! 斬新シフト&超美麗ボディ採用! 580馬力超えの「ギセラ」米に登場
くるまのニュース
【2024年版】トヨタ ヤリスクロス VS スバル クロストレックを徹底比較
【2024年版】トヨタ ヤリスクロス VS スバル クロストレックを徹底比較
グーネット
アコードにはホンダの最新技術とセダンならではの魅力が詰まっている【石井昌道】
アコードにはホンダの最新技術とセダンならではの魅力が詰まっている【石井昌道】
グーネット
ドイツからやってきた新星クルッテンがスーパーGTデビュー戦いきなりの3位表彰台。相方の荒聖治も驚き「見事な適応力。21歳とは思えない」
ドイツからやってきた新星クルッテンがスーパーGTデビュー戦いきなりの3位表彰台。相方の荒聖治も驚き「見事な適応力。21歳とは思えない」
motorsport.com 日本版
[サウンド制御術・実践講座]クロスオーバー…フロント2ウェイにてこれが設定されるのはなぜ?
[サウンド制御術・実践講座]クロスオーバー…フロント2ウェイにてこれが設定されるのはなぜ?
レスポンス
【MM Another Story:レンジローバースポーツSVの「別腹」】史上最高性能をスピリッツから味わうための「特別すぎるメディアドライブ」に嫉妬してみた
【MM Another Story:レンジローバースポーツSVの「別腹」】史上最高性能をスピリッツから味わうための「特別すぎるメディアドライブ」に嫉妬してみた
Webモーターマガジン
F1日本GPは春開催でどうなる……結果は心配なし! 桜満開の鈴鹿がみせた激熱の闘いをカタール航空のパドッククラブから観戦した
F1日本GPは春開催でどうなる……結果は心配なし! 桜満開の鈴鹿がみせた激熱の闘いをカタール航空のパドッククラブから観戦した
WEB CARTOP
まもなく日本発売!? トヨタ新型「ランドクルーザー250」が待ち遠しい! 「ランクル300」や「ランクル70」の違いとは
まもなく日本発売!? トヨタ新型「ランドクルーザー250」が待ち遠しい! 「ランクル300」や「ランクル70」の違いとは
VAGUE
マツダ「2.0L ロードスター」実車展示! 1200万円超え“丸目4灯ライト”クラシック仕様!? マツダ車じゃない… 謎のクルマとは
マツダ「2.0L ロードスター」実車展示! 1200万円超え“丸目4灯ライト”クラシック仕様!? マツダ車じゃない… 謎のクルマとは
くるまのニュース
大幅改良を図ったアウディS3が本国デビュー。最高出力は333ps、最大トルクは420Nmへとアップ
大幅改良を図ったアウディS3が本国デビュー。最高出力は333ps、最大トルクは420Nmへとアップ
カー・アンド・ドライバー

みんなのコメント

13件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村