サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 大変身した新型「シボレー・コルベット」の第1号車がデトロイトの子どもたちに300万ドルをもたらす!

ここから本文です

量産第1号車はレッドボディの「Z51パフォーマンスパッケージ」

1月18日、ゼネラルモーターズは、チャリティオークションにかけられた量産第1号車の新型コルベット・スティングレイが300万ドル(約3億3000万円)で落札、収益をデトロイトの子ども基金に寄付したことを発表した。

“ハリウッドスター”となった「シボレー・サバーバン」と「タホ」がフルモデルチェンジ!

この1月に日本への導入も発表された8代目の新型コルベットは、それまで7代にわたり継承されたフロントエンジンから、ミッドシップモデルに変更された話題のモデル。エンジンは伝統ある6.2L V型8気筒OHVで495hp/637Nmを発揮。トランスミッションは8速DCTを組み合わせる。

おすすめのニュース

サイトトップへ