サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 大変身した新型「シボレー・コルベット」の第1号車がデトロイトの子どもたちに300万ドルをもたらす!

ここから本文です

大変身した新型「シボレー・コルベット」の第1号車がデトロイトの子どもたちに300万ドルをもたらす!

量産第1号車はレッドボディの「Z51パフォーマンスパッケージ」

1月18日、ゼネラルモーターズは、チャリティオークションにかけられた量産第1号車の新型コルベット・スティングレイが300万ドル(約3億3000万円)で落札、収益をデトロイトの子ども基金に寄付したことを発表した。

“ハリウッドスター”となった「シボレー・サバーバン」と「タホ」がフルモデルチェンジ!

この1月に日本への導入も発表された8代目の新型コルベットは、それまで7代にわたり継承されたフロントエンジンから、ミッドシップモデルに変更された話題のモデル。エンジンは伝統ある6.2L V型8気筒OHVで495hp/637Nmを発揮。トランスミッションは8速DCTを組み合わせる。

このたびオークションにかけられた量産第1号車は、高性能な「Z51パフォーマンスエディション」だったのだが、このモデルは0-60マイル(約97km/h)を3秒未満でこなす実力の持ち主だ。

オークションは著名オークショニアの「バレット・ジャクソン」が米国アリゾナ州スコッツデールで開催。今回のオークションで得た収益の300万ドルはデトロイトの子ども基金に寄付され、子どもたちの教育の改善に役立てられるという。

ちなみに新型コルベットは米国ケンタッキー州のボウリンググリーン工場で生産されており、カスタマーへの納車は2月末までにはじまる予定とのこと。

 



おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します