現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェルスタッペン「アロンソは僕と組んだときだけル・マン復帰を望んでいる」超強力チーム始動は2028年以降?

ここから本文です

フェルスタッペン「アロンソは僕と組んだときだけル・マン復帰を望んでいる」超強力チーム始動は2028年以降?

掲載
フェルスタッペン「アロンソは僕と組んだときだけル・マン復帰を望んでいる」超強力チーム始動は2028年以降?

 2023年シーズンでキャリア3度目のF1チャンピオンとなったレッドブルのマックス・フェルスタッペンは、フェルナンド・アロンソ(アストンマーチン)から将来ル・マン24時間レースでチームを組もうと誘いを受けたと語った。

 2度のF1チャンピオンであるアロンソは、一度F1を離れた際にWEC(世界耐久選手権)に参加。トヨタからレースに出場し、2018年と2019年に伝統のル・マン24時間レースで勝利し、WECチャンピオンにも輝いた。

■ルクレール、将来のル・マン24時間参戦についてプランを明かす「いつか絶対に弟のアーサーと組んでやりたい」

 その後F1復帰を果たしたアロンソは、F1での活動を続けていたとしても、耐久レースの世界にカムバックをする可能性がゼロだとは考えていない。


 アロンソは「やるかもしれないね。僕は世界耐久選手権とF1世界選手権に参戦してきた。両方のチャンピオンシップでも、ある1戦だけならどうだろう?」と今年語っている。

 フェルスタッペンによると、アロンソから共にプロジェクトを始めようと誘いを受けたという。ただアロンソの耐久レース復帰は、フェルスタッペンと一緒に出場できる時だけを考えているようだ。

「ル・マンは確かにやってみたいね」

 フェルスタッペンはホンダ・レーシング・サンクスデーに参加した際、そう語った。

「父がル・マンでレースをしていた時に行ったことがある。たくさんの人が集まっていて、雰囲気は素晴らしい。夜通しのドライビング、そして日の出と、本当にクールだと思う」

「ル・マンについてはフェルナンドと話をしたんだ。彼は僕とならまたやりたいと言っていた。だから僕も『ワオ、それはマジでクールだ!』という感じだった」



 フェルスタッペンがアロンソと組んで耐久レースに出る、という話題がニュースになるのはこれが初めてではない。2022年末にも、フェルスタッペンは次のようにmotorsport.comに語っていた。

「フェルナンドは絶対にレースを辞めないと思う。僕よりも年齢を重ねていてその点では違うけどね。僕たちにはいいチャンスが必要なんだ。もしフェルナンドが(耐久レースに)行くなら、競争力のあるクルマで勝つために挑戦したいと思うだろう。それは僕も同じだ」

「僕がそのプロジェクト全体急いでいない理由でもある。耐久レースではいま多くの変化が起こっている瞬間でもあるんだ。状況を待って、今何が起きているのかをしっかり確かめるのも、その変化を確認するのも良いと思う。急いではいないよ」

 なおフェルスタッペンは現在レッドブルと結んでいる2028年までのF1キャリアが続く間は、ル・マン挑戦は考えていないとも語った。

「いや、そうじゃないね。(F1参戦中に)そういうのをしたいとは考えていない。ひとつのコトに完全に集中したいんだ」

「いろいろな事を組み合わせて、ひとつのレースしかできないのなら、それはまだ十分準備ができていないということだ」

 ただそれではアロンソと走る時間がなくなってしまうのではないか? そう問われたフェルスタッペンだったが「僕が言いたいのは、フェルナンドがレースをし続ければ。50歳でも彼は今みたいに競争力があるだろうってことだよ」と答えた。

こんな記事も読まれています

F1中国GPスプリント予選速報|雨の中がノリス最速! ハミルトン2番手で母国戦の周がSQ3進出。RB角田裕毅は19番手
F1中国GPスプリント予選速報|雨の中がノリス最速! ハミルトン2番手で母国戦の周がSQ3進出。RB角田裕毅は19番手
motorsport.com 日本版
日産、2023年度決算を下方修正 販売台数が計画に届かず サプライヤー関連費用も拡大
日産、2023年度決算を下方修正 販売台数が計画に届かず サプライヤー関連費用も拡大
日刊自動車新聞
アウディのEV「Q8 e-tron」、航続距離を118km伸ばすオプションを設定
アウディのEV「Q8 e-tron」、航続距離を118km伸ばすオプションを設定
日刊自動車新聞
【復刻版カタログ】オリジナルとスクエア、2種のフロントマスクで個性を主張した1973年クラシックミニの肖像
【復刻版カタログ】オリジナルとスクエア、2種のフロントマスクで個性を主張した1973年クラシックミニの肖像
カー・アンド・ドライバー
ホンダのスゴい「新型軽バン」発売延期! 「100万円台」なるか 斬新「前後2人乗り」で注目も!  6月に価格発表、どんな声集まる?
ホンダのスゴい「新型軽バン」発売延期! 「100万円台」なるか 斬新「前後2人乗り」で注目も! 6月に価格発表、どんな声集まる?
くるまのニュース
【NISMO、STI、無限、TRD】ワークスチューニング・サーキットデイ2024を開催。マイカーでのサーキット体験とレーシングドライバーからレッスンが受けられる
【NISMO、STI、無限、TRD】ワークスチューニング・サーキットデイ2024を開催。マイカーでのサーキット体験とレーシングドライバーからレッスンが受けられる
driver@web
「開発チームが語るスズキGSX-8Rの実力」GSX-R不在の時代に現れた、サーキットもイケるフルカウルスポーツ
「開発チームが語るスズキGSX-8Rの実力」GSX-R不在の時代に現れた、サーキットもイケるフルカウルスポーツ
モーサイ
「モデリスタ」からランドクルーザー 250用のカスタマイズ アイテムを発表
「モデリスタ」からランドクルーザー 250用のカスタマイズ アイテムを発表
Webモーターマガジン
レクサスが世界最大のデザインイベント「ミラノデザインウィーク2024」に出展! EVコンセプトカー「LF-ZC」にインスパイアされた2作品を展示
レクサスが世界最大のデザインイベント「ミラノデザインウィーク2024」に出展! EVコンセプトカー「LF-ZC」にインスパイアされた2作品を展示
THE EV TIMES
明治通りが「完全分断」へ!? 池袋駅前の再開発で「ブツ切り」になる南北道路、一体何がどうなってしまうのか 実は渋滞緩和の解決策も
明治通りが「完全分断」へ!? 池袋駅前の再開発で「ブツ切り」になる南北道路、一体何がどうなってしまうのか 実は渋滞緩和の解決策も
くるまのニュース
「ギア感」マシマシ! ホンダ「N-VAN」に“アウトドア仕様”登場 内装も自然派!? 従来モデルも進化
「ギア感」マシマシ! ホンダ「N-VAN」に“アウトドア仕様”登場 内装も自然派!? 従来モデルも進化
乗りものニュース
平嶋夏海さん来店! バイク用インカムを体験できる「MIDLAND 応援キャラバン」が4/20よりスタート
平嶋夏海さん来店! バイク用インカムを体験できる「MIDLAND 応援キャラバン」が4/20よりスタート
バイクブロス
Barkbusters の「ハンドルガードキット」にスクランブラー400X用が登場!
Barkbusters の「ハンドルガードキット」にスクランブラー400X用が登場!
バイクブロス
小さな差が運命を分ける! メルセデスのラッセル、F1中国GPでも熾烈な上位争いを予想「ポテンシャルはまだまだある」
小さな差が運命を分ける! メルセデスのラッセル、F1中国GPでも熾烈な上位争いを予想「ポテンシャルはまだまだある」
motorsport.com 日本版
中原街道の名物クランク解消へ… 新道建設の進捗は 東横線側は一部で拡幅済み
中原街道の名物クランク解消へ… 新道建設の進捗は 東横線側は一部で拡幅済み
乗りものニュース
ニュルに挑んだ下半身不随のウィケンスがコース外転落の大事故。救出時には事前の訓練も活きる
ニュルに挑んだ下半身不随のウィケンスがコース外転落の大事故。救出時には事前の訓練も活きる
AUTOSPORT web
トヨタ新型「アクア」発表! まさに「小さな高級車」な“上質内装”採用! 斬新2トーンの「新ラフィネ」に販売店でも反響アリ
トヨタ新型「アクア」発表! まさに「小さな高級車」な“上質内装”採用! 斬新2トーンの「新ラフィネ」に販売店でも反響アリ
くるまのニュース
お手軽だけど重要! F1中国GPでメルセデスやRB、ウイリアムズがコックピット周辺をミニ・アップデート
お手軽だけど重要! F1中国GPでメルセデスやRB、ウイリアムズがコックピット周辺をミニ・アップデート
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村