現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【試乗】フーガ ハイブリッドは「かつてない加速G」を堪能できるフラッグシップに変貌した【10年ひと昔の新車】

ここから本文です

【試乗】フーガ ハイブリッドは「かつてない加速G」を堪能できるフラッグシップに変貌した【10年ひと昔の新車】

掲載 更新 4
【試乗】フーガ ハイブリッドは「かつてない加速G」を堪能できるフラッグシップに変貌した【10年ひと昔の新車】

「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前のクルマは環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回は、日産 フーガ ハイブリッドだ。

日産 フーガ ハイブリッド(2010年:車種追加)
現行フーガの誕生から遅れること1年、待望のハイブリッドモデルが遂に正式デビューを果たした。以前にプロトタイプの試乗は紹介したが、今回はカタログモデルに試乗することができた。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

「フーガ ハイブリッド」という名前のとおり、扱いはグレードの追加である。そのためか内外装の違いはパッと見では判断しにくいほど。違いをあえて挙げるとすれば、左右のフェンダーとリアに付けられた「HYBRID」のエンブレムと、ミラーコーティングされたホイール、そしてエネルギーモニターがメーター内とナビに備えられた程度。

もっとも、このクラスのセダンを選ぶオーナーは、あまりはっきりとした差別感や自己主張を押し付けることに抵抗があるため、あくまで「さり気なく違いを感じさせる」程度で、十分なのだという。

だが、見た目の違いにはこだわりがなくても、その走りは圧倒的な違いを見せつけた。エンジン車ではトランスミッションが収められていたスペースには、ミッションとデュアルクラッチ、そしてモーターが収まる。さらにトランクの奥には、EVのリーフでも採用されているラミネート構造のセルを持つリチウムイオンバッテリーが収納される。

そのため、トランクスペースはやや狭くなっているが、コンパクトなリチウムイオンバッテリーと、巧みに収められた鉛バッテリー(電装関係用)の絶妙な配置のおかげで、ゴルフバッグ4つを収納できるスペースを確保している。システム全体の構成はライバルと比べてもシンプルなため、達成できたようだ。

V8モデルに似た重厚感。燃費はコンパクトカー並み
パワーユニットは最新のVH37型ではなく、VQ35HRがベース。エンジン単体のパワーは306psで、これにモーターの68psが加わることで、フーガとしては新たなフラッグシップという位置づけになっている。つまり、先代フーガの頂点にあったV8の4.5Lに代わるもの。それゆえ開発陣は、このハイブリッドにV8並みのポテンシャルをを目指したという。

実際、その走りはとても豪快だ。エンジンとモーターのポテンシャルをすべて開放してやれば、V8を凌駕するほどダイナミックな加速が体感できる。車両重量は3.7Lモデル(18インチ仕様)より140kgほど重くなっているが、逆に走り味には重厚さが増している。圧倒的なトルク感と相まって、1クラス上の上級感を味わうことができる。

トルコンなしのふたつのクラッチが生み出すダイレクトなフィーリングも、その豪快感を演出してくれる。アクセルを踏み込む右足の感覚が、即座に加速感に変わる。しかも、ただパワフルなだけでなく、きっちりスポーティな吹け上がり感まで兼ね備えている。微低速時や坂道ではクラッチ制御にやや粗さを感じることもあるが、これは今後のプログラムの更新で、改善される余地があるようだ。

また、EV走行できる領域を広げ、80km/hくらいまでモーターのみで走ることができる。減速側においては140km/hまでエンジンを停止するという。だから、おとなしく走ればまるでEV。静粛性も抜群だ。

カタログ値の10・15モード燃費は19.0km/Lとされているが、試乗中にはそれを上回って20km/L近い数値も記録することができた。この数値は、ほぼコンパクトカー並み。走りも燃費もユーティリティも、妥協なき真のフラッグシップセダンの誕生と言えるだろう。

■日産 フーガ ハイブリッド 主要諸元
●全長×全幅×全高:4945×1845×1500mm
●ホイールベース:2900mm
●車両重量:1860kg
●エンジン種類:直6 DOHC+モーター
●排気量:3498cc
●エンジン最高出力:225kW<306ps>/6800rpm
●エンジン最大トルク:350Nm<35.7kgm>/5000rpm
●モーター最高出力:50kW<68ps>
●モーター最大トルク:270Nm<27.5kgm>
●トランスミッション:7速AT(マニュアルモード付き)
●駆動方式:FR
●10・15モード燃費:19.0km/L
●タイヤ:245/50R18
●当時の車両価格(税込):577万5000円

[ アルバム : フーガ ハイブリッド はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

フェルスタッペン、コースオフを繰り返し、0.541秒差の7番手「ひどい一日。快適に走れなかった」/F1第7戦金曜
フェルスタッペン、コースオフを繰り返し、0.541秒差の7番手「ひどい一日。快適に走れなかった」/F1第7戦金曜
AUTOSPORT web
佐藤琢磨、インディ500予選は9番手で初日通過。「チームにとって素晴らしい結果。明日はさらにいい結果を」
佐藤琢磨、インディ500予選は9番手で初日通過。「チームにとって素晴らしい結果。明日はさらにいい結果を」
motorsport.com 日本版
もっと燃費が良ければ理想的! マツダMX-30 R-EV 長期テスト(2) パワージェネレーターが故障
もっと燃費が良ければ理想的! マツダMX-30 R-EV 長期テスト(2) パワージェネレーターが故障
AUTOCAR JAPAN
え?え?えっ!? 標識が複雑すぎる「初見殺しの交差点」どうしてこうなった!? ドライバーは一瞬で理解…できるかも?
え?え?えっ!? 標識が複雑すぎる「初見殺しの交差点」どうしてこうなった!? ドライバーは一瞬で理解…できるかも?
乗りものニュース
インディ500ファストフライデイ/予選想定首位はニューガーデン。トップ5を占めたシボレー勢が本領発揮か
インディ500ファストフライデイ/予選想定首位はニューガーデン。トップ5を占めたシボレー勢が本領発揮か
AUTOSPORT web
ロータス EVのスーパーSUV「ELETRE」(エレトレ)最新スペックと価格を発表
ロータス EVのスーパーSUV「ELETRE」(エレトレ)最新スペックと価格を発表
Auto Prove
ホンダ新型「フィット」実車公開! 約200万円の“超スポーティ”仕様! 専用エアロがカッコイイ「5ドアハッチバック」中国に登場で反響あり
ホンダ新型「フィット」実車公開! 約200万円の“超スポーティ”仕様! 専用エアロがカッコイイ「5ドアハッチバック」中国に登場で反響あり
くるまのニュース
予選用ブースト解禁。佐藤琢磨は9番手【第108回インディ500】ファストフライデイ総合結果
予選用ブースト解禁。佐藤琢磨は9番手【第108回インディ500】ファストフライデイ総合結果
AUTOSPORT web
日本車レベル越えの[未体験ゾーン]へ!? ロングボディなのに2ドア採用[初代ソアラ]がハンパないカッコいい!!
日本車レベル越えの[未体験ゾーン]へ!? ロングボディなのに2ドア採用[初代ソアラ]がハンパないカッコいい!!
ベストカーWeb
「4WDターボのMT車」しばりでトヨタ「GRヤリス」を購入! カスタムベースの「RC」を選んでパーツが先にショップに届いた!?
「4WDターボのMT車」しばりでトヨタ「GRヤリス」を購入! カスタムベースの「RC」を選んでパーツが先にショップに届いた!?
Auto Messe Web
フェラーリ、アップデートは上手く機能した? マクラーレン勢に敗北も「予想通り」とサインツJr.|F1エミリア・ロマーニャGP
フェラーリ、アップデートは上手く機能した? マクラーレン勢に敗北も「予想通り」とサインツJr.|F1エミリア・ロマーニャGP
motorsport.com 日本版
しっかり悩んでみる価値はあり! 超個性派トンガリモデル、ベストバイはこれ!【スズキ・クロスビー】
しっかり悩んでみる価値はあり! 超個性派トンガリモデル、ベストバイはこれ!【スズキ・クロスビー】
月刊自家用車WEB
「俺のはフルチューンだから」……とかクルマ好きたるもの一度はいってみたい! とはいえ「フルチューン」ってなに?
「俺のはフルチューンだから」……とかクルマ好きたるもの一度はいってみたい! とはいえ「フルチューン」ってなに?
WEB CARTOP
【クルマら部】クルマ愛クイズ!今回は「マツダ・デミオ」から全4問!
【クルマら部】クルマ愛クイズ!今回は「マツダ・デミオ」から全4問!
レスポンス
【本田宗一郎DNAは息づいている】 型破りで破天荒なホンダの目標 EV化の裏には現実的な考えが
【本田宗一郎DNAは息づいている】 型破りで破天荒なホンダの目標 EV化の裏には現実的な考えが
AUTOCAR JAPAN
「阿蘇の長大トンネル」26年度に開通へ! 熊本ー大分直結「中九州横断道路」超クネクネ難所にオサラバ!
「阿蘇の長大トンネル」26年度に開通へ! 熊本ー大分直結「中九州横断道路」超クネクネ難所にオサラバ!
乗りものニュース
「真夏日の暑い車内」キンキンに冷やしたい!「最速でクルマを冷やす」方法が存在! “実証実験”で判明した「マル秘技」と注意点とは
「真夏日の暑い車内」キンキンに冷やしたい!「最速でクルマを冷やす」方法が存在! “実証実験”で判明した「マル秘技」と注意点とは
くるまのニュース
「Zカー」といえば思い出すのは何代目!? バブル絶頂期に登場したスポーツカー 日産・Z32型「フェアレディZ」ってどんなクルマ?
「Zカー」といえば思い出すのは何代目!? バブル絶頂期に登場したスポーツカー 日産・Z32型「フェアレディZ」ってどんなクルマ?
VAGUE

みんなのコメント

4件
  • 前この企画でフーガあったよな いよいよ十年前の日産車が枯渇して他グレードやり出したか
  • 地方で乗ってます。
    田舎道なのに燃費は12。
    まあフーガで10越えて満足してます!
    ありあまるパワーがちょうどいい!
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

551.9709.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

32.0309.8万円

中古車を検索
フーガハイブリッドの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

551.9709.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

32.0309.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村