現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > クルマのボディの主役はやっぱり鉄! 置換素材の「アルミ・カーボン・FRP」は何が凄くで何がネック?

ここから本文です
クルマのボディの主役はやっぱり鉄! 置換素材の「アルミ・カーボン・FRP」は何が凄くで何がネック?
写真を全て見る(5枚)

 この記事をまとめると

■クルマにとって軽量化は最重要課題となっている

「アルミボディ」の優位性は崩れつつある! いまどきのクルマのボディ事情

■鉄よりも軽量な素材とされるアルミやカーボン、FRPはボディ構成材として注目されている

■軽さと強さの両面でさまざまな素材が使われているが、それでも鉄が主役の座を堅持している

 鉄に代わる素材として使われるアルミやカーボン

 クルマの究極的な姿は、軽量・小型であるといわれる。また近年は、脱二酸化炭素へ向けた排出量低減のため、軽量化は重要課題となっている。

記事全文を読む

関連タグ

こんな記事も読まれています

GM、アンドレッティのF1参戦申請書は「双方の能力を明確にした」と内容に満足。一方でFOMとのさらなる議論を望む
GM、アンドレッティのF1参戦申請書は「双方の能力を明確にした」と内容に満足。一方でFOMとのさらなる議論を望む
AUTOSPORT web
ドライバーとマシンの“感情”はシンクロすることも、分かれることもある。『Pepper』生みの親の東大准教授が研究成果を熱弁。今後は“推し車両”との対話も可能?
ドライバーとマシンの“感情”はシンクロすることも、分かれることもある。『Pepper』生みの親の東大准教授が研究成果を熱弁。今後は“推し車両”との対話も可能?
motorsport.com 日本版
14年ぶり大刷新! 三菱が新型「キャンター」を発表! カッコいい“新デザイン”に「フル液晶メーター」初搭載!「自動ブレーキ」や「巻き込み防止機能」も充実! 652万円から
14年ぶり大刷新! 三菱が新型「キャンター」を発表! カッコいい“新デザイン”に「フル液晶メーター」初搭載!「自動ブレーキ」や「巻き込み防止機能」も充実! 652万円から
くるまのニュース
アクティブが XSR125(24)用アクラポヴィッチ製マフラー「JMCA仕様 レーシングライン/チタン」の予約を受付中!
アクティブが XSR125(24)用アクラポヴィッチ製マフラー「JMCA仕様 レーシングライン/チタン」の予約を受付中!
バイクブロス
ルノー『5』、EVで復活へ…ジュネーブモーターショー2024で発表予定
ルノー『5』、EVで復活へ…ジュネーブモーターショー2024で発表予定
レスポンス
「新潟‐山形・仙台」の最短ルートが改善! 無料BP「梨郷道路」3月開通に反響集まる 東北中央道に接続
「新潟‐山形・仙台」の最短ルートが改善! 無料BP「梨郷道路」3月開通に反響集まる 東北中央道に接続
くるまのニュース
日産とNISMOがモータースポーツファンイベントを開催、2024年のモータースポーツ活動概要を発表
日産とNISMOがモータースポーツファンイベントを開催、2024年のモータースポーツ活動概要を発表
Webモーターマガジン
新型「5シリーズ」はBMW初の電気自動車でした。エンジンも選べるセダンのベンチマークの詳細をお伝えします
新型「5シリーズ」はBMW初の電気自動車でした。エンジンも選べるセダンのベンチマークの詳細をお伝えします
Auto Messe Web
新型「2人乗りスポーツカー」実車展示! 25年年初に“1000万円弱”で発売!? 全長4.1m&400馬力超えの「SC-01」が凄すぎる
新型「2人乗りスポーツカー」実車展示! 25年年初に“1000万円弱”で発売!? 全長4.1m&400馬力超えの「SC-01」が凄すぎる
くるまのニュース
【ホンダ】大阪・東京・名古屋モーターサイクルショー2024の出展概要を発表
【ホンダ】大阪・東京・名古屋モーターサイクルショー2024の出展概要を発表
バイクブロス
ホンダが新型車「NX400」を4/18に発売! 400Xからモデルチェンジでトラコン、TFTメーター、スマホ連動も
ホンダが新型車「NX400」を4/18に発売! 400Xからモデルチェンジでトラコン、TFTメーター、スマホ連動も
WEBヤングマシン
えっ…! 軽自動車に「軽油」!? いまだ誤解される「油種の間違い」に注意! では軽に「ハイオク」は大丈夫?
えっ…! 軽自動車に「軽油」!? いまだ誤解される「油種の間違い」に注意! では軽に「ハイオク」は大丈夫?
くるまのニュース
ドライでも速い! 牧野任祐が鈴鹿テスト“完全制覇”目前の3連続一番時計。山本尚貴、岩佐歩夢が続く
ドライでも速い! 牧野任祐が鈴鹿テスト“完全制覇”目前の3連続一番時計。山本尚貴、岩佐歩夢が続く
motorsport.com 日本版
Hi-Storyから1/43スケール「トヨタ ハリアー 3.0 FOUR Gパッケージ(1997)」ディスプレイモデルが登場|インターアライド|
Hi-Storyから1/43スケール「トヨタ ハリアー 3.0 FOUR Gパッケージ(1997)」ディスプレイモデルが登場|インターアライド|
driver@web
ダイハツ認証不正で1.3LのFRコペンは消滅か? 夢物語で終わってほしくない! 発売をあきらめるな!
ダイハツ認証不正で1.3LのFRコペンは消滅か? 夢物語で終わってほしくない! 発売をあきらめるな!
ベストカーWeb
クルマ好きたるもの知ってて当然!? 車名と同等レベルに浸透した「超有名ボディカラー」10選
クルマ好きたるもの知ってて当然!? 車名と同等レベルに浸透した「超有名ボディカラー」10選
WEB CARTOP
トヨタ『ランドクルーザー250』、日本にない326馬力ターボハイブリッド搭載…米国仕様
トヨタ『ランドクルーザー250』、日本にない326馬力ターボハイブリッド搭載…米国仕様
レスポンス
新型「レッドサラマンダー」見てきた! まるで戦車な“全地形対応”レスキュー車 あえて性能ダウンで使い勝手◎!?
新型「レッドサラマンダー」見てきた! まるで戦車な“全地形対応”レスキュー車 あえて性能ダウンで使い勝手◎!?
乗りものニュース

みんなのコメント

1件
  • エガちゃんねらー
    アルミは使い方を知ると剛性と軽量化を
    両立出来る素材ではあるが
    事故った時に鈑金不可なのがネック
    (NSXをそこらの工場で直したの見たけど
    まあ酷い仕上がりだったよ)
    俗に言うドライカーボンは高すぎるし
    なんだかんだで鉄からは離れられないわな
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村