現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > レトロな「新型スポーツカー」登場! 丸目4灯×6速MTにめちゃオシャレ内装も魅力!?「M55コンセプト」インテリアの特徴は

ここから本文です

レトロな「新型スポーツカー」登場! 丸目4灯×6速MTにめちゃオシャレ内装も魅力!?「M55コンセプト」インテリアの特徴は

掲載 8
レトロな「新型スポーツカー」登場! 丸目4灯×6速MTにめちゃオシャレ内装も魅力!?「M55コンセプト」インテリアの特徴は

■青レザーにハトメがイイ! M55コンセプトの“オシャ内装”とは?

 光岡自動車が2023年に創立55周年を迎え、それを記念するモデルとして、「M55コンセプト(エムダブルファイブ)」を公開し、話題となっています。
 
 1968年に同社は創業し、新車販売をおこなう傍ら、1981年からオリジナルカーの製造を開始。現在は、様々な国産車(一部輸入車ベースもあり)をベースに、手作業で内外装にカスタムを施したクルマを販売しています。

【画像】「えっ…!」カッコよすぎる! これが「M55コンセプト」です! 画像を見る(32枚)

 今回公開されたM55コンセプトは、光岡と同じく55年の人生を歩んだ同世代の人をメインターゲットに据え、1970年代の時代感覚をベースに制作されたもの。

 当時の夢や希望に満ち溢れ、先の未来を変える大きなエネルギーのなか、時代を駆け抜けた人たちのマインドを形にしたといいます。

 そんなM55コンセプトのベースとなったのは、5ドアハッチバックのホンダ「シビック」(11代目)です。

 フロントには丸目4灯のヘッドライト、リアはウインドウにルーバーを装着するなど、70年代風のデザインを実現。

 TWSのブラックホイールにミシュランのホワイトレタータイヤ(プライマシー4)が装着され、こちらも70年代を思わせます。

 外観に関してSNSでは、「ケンメリ スカイラインですね」「セリカ リフトバックみたい」「フロントはダッジ チャージャーに見える」など、人気を博した国産車やアメ車に似ているといった声も少なくなく、現代のクルマでありながらレトロな雰囲気がウリとなっています。

 外観デザインに注目が集まるなか、内装にも特徴があります。

 インパネは、メッシュパネルが装着されたエアコン吹き出し口などは“シビックのまま”で、変更点はハンドル中央に光岡エンブレムが装着されるくらいなのですが、シートが大きく変わっています。

 シートはブルーのレザーにハトメ加工が施されたもの。当時のパフォーマンスモデルを彷彿とさせる仕様となっており、明るいブラウンのステッチとのコントラストもオシャレでセンスの良さを感じさせます。

 フロントシートには光岡エンブレムや「MITSUOKA M55 CONCEPT」の刺繍も入れられており、仕立ての良さを演出しました。

 このシートについて、「70年代車を彷彿とさせるシート!」「シートも往年のアメ車感あって良いな」といった意見がSNSで見受けられ、内外装ともにクルマ好きに刺さるデザインとなっているようです。

※ ※ ※

 M55コンセプトのスペックは明らかになっていないものの、6速MTが搭載されることから、1.5リッターターボエンジンが搭載されるものと思われます。

こんな記事も読まれています

セッション2も牧野任祐が首位。ルーキー岩佐歩夢が2番手に続く/鈴鹿公式合同テスト
セッション2も牧野任祐が首位。ルーキー岩佐歩夢が2番手に続く/鈴鹿公式合同テスト
AUTOSPORT web
自動車ブランド初!DSオートモビル「ChatGPT」を標準装備に 日本導入は4月中旬
自動車ブランド初!DSオートモビル「ChatGPT」を標準装備に 日本導入は4月中旬
グーネット
全長4.2m級! 新型「3人乗り小型スポーツカー」25年に登場へ! 「美しすぎる」流麗フォルムדリア駆動”の斬新マシンは日本での発売も
全長4.2m級! 新型「3人乗り小型スポーツカー」25年に登場へ! 「美しすぎる」流麗フォルムדリア駆動”の斬新マシンは日本での発売も
くるまのニュース
ジープ 北米でバズった“ダック”付き!ラングラーアンリミテッドにフリーダムな特別仕様車
ジープ 北米でバズった“ダック”付き!ラングラーアンリミテッドにフリーダムな特別仕様車
グーネット
スクランブルモード他を搭載しカラー液晶で大画面化、HKSのブーストコントローラーが進化して新発売
スクランブルモード他を搭載しカラー液晶で大画面化、HKSのブーストコントローラーが進化して新発売
レスポンス
ケンウッドが電気自動車の再生バッテリーを利用したポータブル電源「IPB01K」を発売
ケンウッドが電気自動車の再生バッテリーを利用したポータブル電源「IPB01K」を発売
くるまのニュース
純ガソリン車ならではの歓びを味わえるのは今がラストチャンスかも──アバルト695コンペティツィオーネ試乗記
純ガソリン車ならではの歓びを味わえるのは今がラストチャンスかも──アバルト695コンペティツィオーネ試乗記
GQ JAPAN
山本尚貴、SFテストで好タイムマークも怪我の影響については複雑なコメント。首の痛みは否めず「意外といけた部分はあるけど、元通りには戻っていない」
山本尚貴、SFテストで好タイムマークも怪我の影響については複雑なコメント。首の痛みは否めず「意外といけた部分はあるけど、元通りには戻っていない」
motorsport.com 日本版
運転手不足の救世主!?「ダブル連結トラック」駐車場が念願の「事前予約可能」に NEXCO東日本「初めての実験」
運転手不足の救世主!?「ダブル連結トラック」駐車場が念願の「事前予約可能」に NEXCO東日本「初めての実験」
くるまのニュース
三菱、新グローバルSUV『エクスフォース』を出展…インドネシアモーターショー2024
三菱、新グローバルSUV『エクスフォース』を出展…インドネシアモーターショー2024
レスポンス
【MotoGP】テスト最速バニャイヤに迫ったマルケス、ここからが大変? 「最後の0.3秒が最も難しい。もっと近づく方法を理解しなきゃ」
【MotoGP】テスト最速バニャイヤに迫ったマルケス、ここからが大変? 「最後の0.3秒が最も難しい。もっと近づく方法を理解しなきゃ」
motorsport.com 日本版
0~100km/h 2.8秒の「爆風」体験! 日本初のフォーミュラEを記念し、日産が銀座で特別イベント
0~100km/h 2.8秒の「爆風」体験! 日本初のフォーミュラEを記念し、日産が銀座で特別イベント
くるくら
ミニバンから電動SUVに変化、ルノー『セニック』新型…ジュネーブモーターショー2024出展へ
ミニバンから電動SUVに変化、ルノー『セニック』新型…ジュネーブモーターショー2024出展へ
レスポンス
F1バーレーンテスト2日目:午前はコース破損で早期終了。ルクレールが1分31秒台で初日最速フェルスタッペンに迫る
F1バーレーンテスト2日目:午前はコース破損で早期終了。ルクレールが1分31秒台で初日最速フェルスタッペンに迫る
motorsport.com 日本版
スーパーフォーミュラ、2024年シーズン途中でのカーボンニュートラル燃料導入を目指す
スーパーフォーミュラ、2024年シーズン途中でのカーボンニュートラル燃料導入を目指す
AUTOSPORT web
RAV4の“目ヂカラ”をアップグレード!KINTOの新サービスでヘッドランプを最新モデルに
RAV4の“目ヂカラ”をアップグレード!KINTOの新サービスでヘッドランプを最新モデルに
グーネット
ついにクルマの世界にも生成AIが進出──ChatGPT搭載のDSが4月中旬からスタート|DS
ついにクルマの世界にも生成AIが進出──ChatGPT搭載のDSが4月中旬からスタート|DS
OPENERS
キャデラック 3台のハイブリッドマシンでル・マンに挑む! 2023シーズンは初の表彰台
キャデラック 3台のハイブリッドマシンでル・マンに挑む! 2023シーズンは初の表彰台
グーネット

みんなのコメント

8件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

193.7235.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

23.9239.8万円

中古車を検索
シビックの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

193.7235.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

23.9239.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村