サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「最新モデル試乗」レクサスの頂点、LSが示す「快適性の新基準」。新型はどこが進化したのか、ズバリ評価

ここから本文です
LSが進化。ハンドリングのリファインと上質な乗り味を目指した改良を実施

 LSは、レクサスのフラッグシップであると同時に、数ある日本車の中でもプライベートカーの頂点に位置する高級サルーンだ。2017年にデビューした現行型は第5世代(1st~3rdモデルは日本では「セルシオ」の名称で販売)。2020年11月にマイナーチェンジを受け、いちだんと完成度を高めた。
 5thモデルは、4thモデルに対してボディ骨格からシャシー、パワーユニットまで、あらゆる部分が刷新された革新作。今回のリファインは、現行型になって4回目。いっそうの進化を目指した作り込みが実施された。

おすすめのニュース

サイトトップへ