現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【懐かしの輸入車 42】フォルクスワーゲン パサートワゴンはW8エンジンを搭載してスーパーワゴンになった

ここから本文です

【懐かしの輸入車 42】フォルクスワーゲン パサートワゴンはW8エンジンを搭載してスーパーワゴンになった

掲載 更新 3
【懐かしの輸入車 42】フォルクスワーゲン パサートワゴンはW8エンジンを搭載してスーパーワゴンになった

今から20年ほど前、新しい世紀に変わる頃。クルマに対する考え方も変わり始めていた。そんな時代の輸入車ニューモデルのインプレッションを当時の写真と記事で振り返ってみよう。今回は「フォルクスワーゲン パサートワゴンW8」だ。

フォルクスワーゲン パサートワゴンW8(2002年)
パサートは、フォルクスワーゲンのミドルクラス セダン & ワゴンだ。1996年に発表された現行型の4代目は、昨年(編集部註:2001年)のマイナーチェンジで高級化が図られ、トップグレードには今回紹介するW8エンジンを搭載した。このエンジンは、15度という狭角のV型4気筒エンジンを、72度のバンク角でV型に配置したもの。

●【くるま問答】ガソリンの給油口、はて? 右か左か、車内からでも一発で見分ける方法教えます(2020.01.21)

これに等間隔爆発のシングルプレーン クランクシャフトと、2本のバランサーシャフトを組み合わせている。メカニズム的にはかなり複雑だが、V8エンジンとは思えないほどコンパクトにまとめられている。組み合わされるトランスミッションはティプトロニック付き5速ATで、駆動方式は4モーションと呼ばれるフルタイム4WDを採用している。

セダンとワゴンが同時に発表されたパサートのW8だが、今回はワゴンに試乗してみることにした。日本でも先に発売されていたマイナーチェンジモデルも高級感が増していたが、このW8はさらに上を行く。外観こそ専用のタイヤ&ホイールとエンブレムくらいしか見分けがつかないが、インテリアは高級車そのもの。

ファインナッパレザーという上質の本革をシート地などに採用し、フロントシートは電動アジャスト、ヒーターはリアシートにも備わっている。ステアリングやパネルなどにウッド素材もふんだんに使われている。DVDカーナビをはじめ、8スピーカー オーディオ、オートエアコン、クルーズコントロール、オートワイパーなどなど、まさにフル装備。

W8エンジンには可変バルブタイミング機構も備えており、低速域からきわめてトルクフル。排気量は4Lなのだが、もっと大きなエンジンのように感じる。かといってアメリカンV8のような音や振動は皆無。フォルクスワーゲンには失礼だが、もっと高級ブランドのエンジンのような、ジェントルかつ上質なフィーリングだ。

今回の試乗は郊外路が中心で少しだけ高速道路も走ってみたが、ティプトロニックでマニュアルシフトしなくてもDレンジに入れっぱなしで十分に速い。トルセンデフを採用した4WD「4モーション」の効果が感じられるほどの走りはしていないが、直進安定性は高く、コーナリングもスムーズだった。

運転していて、ふっと気がついた。そう、このクルマはワゴンだった! 後ろを振り返らない限り、そんなことを忘れさせるほど高級スポーツセダンのような雰囲気と走りっぷりを見せてくれる。リアシートもセダン同様に居住性が高く、座り心地も良い。ラゲッジスペースはFF車と変わらずスクエアでフラット。フロアにはリブが付けられて荷物の出し入れはしやすい。もちろんリアシートは分割可倒式だ。

FFのパサートワゴンでも実用的にはまったく不満はないが、予算的に余裕があって、高級ブランドのワゴンに負けない装備や走りを求めるなら、このW8はアリだ。そこまでラゲッジスペースは必要ないという人なら、もちろんセダンもオススメできる。

■パサートワゴンW8 4モーション 主要諸元
●全長×全幅×全高:4680×1745×1495mm
●ホイールベース:2700mm
●車両重量:1800kg
●エンジン形式:W8・4バルブSOHC・縦置き4WD
●排気量:3998cc
●最高出力:202kW(275ps)/6000rpm
●最大トルク:370Nm(37.7kgm)/2750rpm
●トランスミッション:電子制御5速AT(ティプトロニック付き)
●タイヤ:225/45R17
●車両価格(当時):541万円

[ アルバム : フォルクスワーゲン パサートワゴンW8 はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

シボレーの新型電動SUV、航続513km…『エクイノックスEV』の米国受注開始
シボレーの新型電動SUV、航続513km…『エクイノックスEV』の米国受注開始
レスポンス
ワークスマシンに近い走りを楽しめるTOM’S「GRヤリス TSS340」の魅力
ワークスマシンに近い走りを楽しめるTOM’S「GRヤリス TSS340」の魅力
@DIME
予選大失敗のアロンソ、エミリア・ロマーニャGP決勝に向けセットアップ変更。ピットレーンスタートを選択「その方が、いくつかメリットがある」
予選大失敗のアロンソ、エミリア・ロマーニャGP決勝に向けセットアップ変更。ピットレーンスタートを選択「その方が、いくつかメリットがある」
motorsport.com 日本版
レッドブル&HRC密着:RB20に5つのアップデートを実施。初日は「期待ほどパフォーマンスはよくなかった」と不安が残る
レッドブル&HRC密着:RB20に5つのアップデートを実施。初日は「期待ほどパフォーマンスはよくなかった」と不安が残る
AUTOSPORT web
完成度の高いアッパーミドルサルーン、新型「クラウン」セダンの魅力
完成度の高いアッパーミドルサルーン、新型「クラウン」セダンの魅力
@DIME
マクラーレン、打倒フェルスタッペン狙いの”ギャンブル”はしない!「手は尽くすが、サイコロは振らない」
マクラーレン、打倒フェルスタッペン狙いの”ギャンブル”はしない!「手は尽くすが、サイコロは振らない」
motorsport.com 日本版
東京多摩を貫く「幻の街道」とは? 青梅街道から“分岐するはず”の大幹線 影も形も…ちょっとある!
東京多摩を貫く「幻の街道」とは? 青梅街道から“分岐するはず”の大幹線 影も形も…ちょっとある!
乗りものニュース
日産「新型ミニバン」初公開! ちょっとビッグな「エヴァリア」! 3列7人乗りの「欧州のオシャレミニバン」は日本でもアリか
日産「新型ミニバン」初公開! ちょっとビッグな「エヴァリア」! 3列7人乗りの「欧州のオシャレミニバン」は日本でもアリか
くるまのニュース
ルーキー岩佐歩夢が魅せた! 2番手以下にコンマ3秒差をつけSF初ポールを獲得【第2戦予選レポート】
ルーキー岩佐歩夢が魅せた! 2番手以下にコンマ3秒差をつけSF初ポールを獲得【第2戦予選レポート】
AUTOSPORT web
完成度の高いアッパーミドルサルーン、新型「クラウン」セダンの魅力
完成度の高いアッパーミドルサルーン、新型「クラウン」セダンの魅力
@DIME
完成度の高いアッパーミドルサルーン、新型「クラウン」セダンの実力
完成度の高いアッパーミドルサルーン、新型「クラウン」セダンの実力
@DIME
モーターマガジンMovie 週間視聴回数BEST5 プラス1(2024年5月12日~5月18日)
モーターマガジンMovie 週間視聴回数BEST5 プラス1(2024年5月12日~5月18日)
Webモーターマガジン
機能とデザイン、どちらも大事! 愛煙家は必見…新作アッシュトレイ【特選カーアクセサリー名鑑】
機能とデザイン、どちらも大事! 愛煙家は必見…新作アッシュトレイ【特選カーアクセサリー名鑑】
レスポンス
初優勝・牧野任祐の涙に、ダンディライアン村岡総監督も感極まる。苦悩する若武者に密かに感じていたシンパシー「自分を見ているようだった」|スーパーフォーミュラ第2戦
初優勝・牧野任祐の涙に、ダンディライアン村岡総監督も感極まる。苦悩する若武者に密かに感じていたシンパシー「自分を見ているようだった」|スーパーフォーミュラ第2戦
motorsport.com 日本版
【正式結果】2024スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス 予選
【正式結果】2024スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス 予選
AUTOSPORT web
アストンマーティン、イモラで投入のアップデートは”攻めの姿勢”の表れ「昨年の学びを生かした」
アストンマーティン、イモラで投入のアップデートは”攻めの姿勢”の表れ「昨年の学びを生かした」
motorsport.com 日本版
ハミルトン4番手「アップデートの効果を感じる。今までより上位との差が縮まった」メルセデス/F1第7戦金曜
ハミルトン4番手「アップデートの効果を感じる。今までより上位との差が縮まった」メルセデス/F1第7戦金曜
AUTOSPORT web
新型「大型商用バン」初公開! 全長5.4m超え「車中泊専用」仕様登場!? 西海岸風“オシャ内装”採用! デュカト発売へ
新型「大型商用バン」初公開! 全長5.4m超え「車中泊専用」仕様登場!? 西海岸風“オシャ内装”採用! デュカト発売へ
くるまのニュース

みんなのコメント

3件
  • 今、部品が無くて困っている人、多いんだよなぁ。(悲)

    一度、リアシートに座りましたが…膝周りの空間がエブリイワゴンより狭かったなぁ。横方向は広かったが。

  • いいクルマでした。 今はステップアップしてW12に乗り換えましたが、
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

319.2581.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

44.844.8万円

中古車を検索
パサート ワゴンの車買取相場を調べる

フォルクスワーゲン パサート ワゴンの中古車

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

319.2581.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

44.844.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村