現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「ホンダe」のレースマシンの正体は? 東京オートサロンで公開された「e-DRAG」がベースでした。EVレースでの走りに期待!

ここから本文です

「ホンダe」のレースマシンの正体は? 東京オートサロンで公開された「e-DRAG」がベースでした。EVレースでの走りに期待!

掲載
「ホンダe」のレースマシンの正体は? 東京オートサロンで公開された「e-DRAG」がベースでした。EVレースでの走りに期待!

外装はCFRP製を採用しトップを狙う

日本で初めて開催された本格的な公道レースとなったABB FIAフォーミュラE世界選手権第5戦「2024 Tokyo E-Prix」が、2024年3月29日(金)~30日(土)、東京ビッグサイト東展示棟周辺にできた1周2.582kmの特設コースで開催。その大会に合わせて東京ビックサイトでは「E-Tokyo Festival 2024」が開催され、EV参戦車両によるデモランが行われました。そこには「東京オートサロン2021」で見かけたホンダのコンセプトモデルの姿が……?

アクリル窓にカーボン外板! 実戦投入をもくろむホンダeの「ドラッグレース」仕様が衝撃の完成度だった

Tokyo E-Prix後のデモランでシェイクダウン

東京都では、フォーミュラEの開催に合わせ、子ども向けプログラムを中心にした「E-Tokyo Festival 2024」を東京ビッグサイトで開催した。フォーミュラE東京大会が終わった3月31日(日)、電気自動車界のF1と呼ばれるマシンが走り回ったコースを使用したプログラムを用意。レーストラックを自分の足で辿ることができるコースウォークや各種デモ走行が開催された。

そのプログラムの1つに、JEVRA(日本電気自動車レース協会)が主催するEVレースに参戦中の車両によるデモンストレーションランも行われた。走行車両は、ジャガー「IペースSVR」、テスラ「モデルS Plaid」、テスラ「モデル3」、日産「リーフ」(残念ながらトラブルにより走行はキャンセル)、ホンダ「ホンダe」、トヨタ「ミライ」の6台だ。

ホンダeは、2023年のJEVRAシリーズ最終戦「ALL JAPAN EV-GP SERIES ROUND.6 TSUKUBA」でデビューしているが、今回持ち込まれたのは、その2023年10月のレースで出場したものとは全く異なる個体であった。

その車両、どこかで見たぞ、と思った方も多いだろう。「東京オートサロン2021」で一般公開された「e-DRAG」がベースなのだ。前回のレースでは、搭載するバッテリーが容量35.5kWhということもあり、テスラ モデル3がトップ争いを展開しているJEVRAレースの中ではマイペースで走らざるを得ない状況であった。

そこで、2024年シーズンに向けて投入するのが、HKSが手掛けたワンオフの足まわりに、外装はCFRP製で、300kg程の軽量化を実現したという1台である。もちろんチームはホンダアクセスMS部のままとなる。

社内のクラブ活動が認められ、少し状況が進んだということだが、この個体による初レースとなるのが、4月27日(土)に筑波で開催となるJEVRAシリーズ第2戦。今回のデモランは、その参戦のためのシェイクダウンとなった。走り終えたマシンがブースに戻ってきたあとスタッフに印象を尋ねてみた。

「とりあえず何事もなくちゃんと走りました」

と語るが、実戦でどのような走りを見せるのか。そして、今シーズンでどこまで進化していくのか? そのあたりをしかと見届けたい!

こんな記事も読まれています

テラチャージと日栄インテック、機械式駐車場向けEV充電器を提供開始
テラチャージと日栄インテック、機械式駐車場向けEV充電器を提供開始
レスポンス
約30年前のデザインとは思えない! ユーリエ「イントルーダー コンバーチブル」を知ってる? 1140万円なら悪くない投資です
約30年前のデザインとは思えない! ユーリエ「イントルーダー コンバーチブル」を知ってる? 1140万円なら悪くない投資です
Auto Messe Web
【この911カレラSなんぼ?】日本から帰ってきた18年落ちのポルシェ911カレラS(997)その値段は?
【この911カレラSなんぼ?】日本から帰ってきた18年落ちのポルシェ911カレラS(997)その値段は?
AutoBild Japan
【7人乗りEV】 メルセデス・ベンツ新型「EQB」予約注文受付を開始 あらゆるライフスタイルにフィット
【7人乗りEV】 メルセデス・ベンツ新型「EQB」予約注文受付を開始 あらゆるライフスタイルにフィット
AUTOCAR JAPAN
スマホと同じくクルマもワイヤレス充電が可能に!? 自然界からもヒントを得て開発する「マーレ」の技術力
スマホと同じくクルマもワイヤレス充電が可能に!? 自然界からもヒントを得て開発する「マーレ」の技術力
くるまのニュース
スズキのトヨタ製ワゴン『スウェイス』、ベースはカローラ
スズキのトヨタ製ワゴン『スウェイス』、ベースはカローラ
レスポンス
小さな高級車[LBX]はさすがの仕立て!! 価格は460万円~と高価格帯も[3気筒]はちょっと気になる!?
小さな高級車[LBX]はさすがの仕立て!! 価格は460万円~と高価格帯も[3気筒]はちょっと気になる!?
ベストカーWeb
試される総合力。かつてはオフテスト定番の地……F1はカタルニアへ|F1スペインGP DAZN配信スケジュール
試される総合力。かつてはオフテスト定番の地……F1はカタルニアへ|F1スペインGP DAZN配信スケジュール
motorsport.com 日本版
ホンダジェットシェアサービス開始へ…出発地から目的地までシームレスな移動を提供
ホンダジェットシェアサービス開始へ…出発地から目的地までシームレスな移動を提供
レスポンス
なぜ「雨の”降り始め”」は滑りやすい!? 突然のスリップ防ぐ方法は? 「雨天ドライブ」で気をつけるべきこととは
なぜ「雨の”降り始め”」は滑りやすい!? 突然のスリップ防ぐ方法は? 「雨天ドライブ」で気をつけるべきこととは
くるまのニュース
期間限定カラー追加でさらに選びやすく! 日産が「デイズ」と「ルークス」の新型モデルを発売
期間限定カラー追加でさらに選びやすく! 日産が「デイズ」と「ルークス」の新型モデルを発売
バイクのニュース
ホンダ、新型軽商用バンのEVモデル『N-VAN e:』を2024年10月10日から発売
ホンダ、新型軽商用バンのEVモデル『N-VAN e:』を2024年10月10日から発売
AUTOSPORT web
ロッキー/ライズと同サイズで名車パンダ4×4が復活! フィアット「グランデパンダ」は日本でもヒット間違いなし!
ロッキー/ライズと同サイズで名車パンダ4×4が復活! フィアット「グランデパンダ」は日本でもヒット間違いなし!
ベストカーWeb
スズキ「アルト」が200台以上集結! 希少なスライドドア仕様や「ハッスル」の姿もあった「あると祭2024」とは
スズキ「アルト」が200台以上集結! 希少なスライドドア仕様や「ハッスル」の姿もあった「あると祭2024」とは
Auto Messe Web
「C」のつく環状の高速道路、全部いえるかな? Cの路線番号は首都圏だけじゃない!【知らなかった! 道路のトリビア】
「C」のつく環状の高速道路、全部いえるかな? Cの路線番号は首都圏だけじゃない!【知らなかった! 道路のトリビア】
くるくら
スーパーGTマシンを彷彿とさせるトムスのエアロで、プリウスをよりアグレッシブに仕上げる
スーパーGTマシンを彷彿とさせるトムスのエアロで、プリウスをよりアグレッシブに仕上げる
Webモーターマガジン
ほぼ200万円! イチバン安い「国産ミニバン」はどんなモデル? 国産車では“ダントツの安さ”でも「十分すぎる装備」のクルマとは
ほぼ200万円! イチバン安い「国産ミニバン」はどんなモデル? 国産車では“ダントツの安さ”でも「十分すぎる装備」のクルマとは
くるまのニュース
[car audio newcomer]日産 サニー(石原怜さん)by Warps 後編
[car audio newcomer]日産 サニー(石原怜さん)by Warps 後編
レスポンス

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村