サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > BMW Z4新型、最新フォト スープラ共用でハイブリッドの可能性も 発売は19年か

ここから本文です

BMW Z4新型、最新フォト スープラ共用でハイブリッドの可能性も 発売は19年か

2.0ℓ直4/3.0ℓ直6 8段ATも有力

次世代Z4が、テスト走行の距離を重ねている。2019年3月の発売が見込まれるそれのテストカーは、カモフラージュパターンに身を包んでいるが、ボディはほぼ市販スペックと思われるもの。また、以前に遭遇した個体よりホイール径が小さいことから、ロースペックなモデルだと思われる。

『BMW Z4新型プロトタイプ』すべての画像を見る

以前、サーキットでキャッチしたテストカーには、フロントにカナードが装着されており、BMWが高負荷走行時のパフォーマンスを評価中だったことを示唆していた。

現在はそこからデザインが進歩しており、外付けのパーツはないものの、空力性能を高めていると推測される。

エンジンは、最新ラインナップに用いられているターボユニットからチョイスされることになるだろう。

sDrive 30iには251psの2.0ℓ直4、また、よりパワフルなグレードにはM240iと共通する340psの3.0ℓ直6が搭載される見込みだ。いずれもZFの8段ATが組み合わされ、後輪駆動が標準仕様となる。

スープラと共用HVも採用か 発売時期は?

このモデルは、トヨタの新型スープラと主要コンポーネンツをシェアするとみられている。そのため、トヨタお得意のハイブリッドが採用されるとみられており、さらに4WDが導入されることも見込まれる。

リアアクスルは、M3やM4と同じものが採用されるが、これはその他のコンポーネンツにも互換性があることを暗示する。

つまり、431psのツインターボ仕様や、M2のシングルターボ370ps仕様の3.0ℓ直6や、7段DCTなどが採用される可能性も否定できないということだ。

そうしたドライブトレインを積むモデルにはMのバッジが与えられ、専用のボディワークやシャシーセッティングも用意されるとみられる。

Z4のプロトタイプによるテストは、ほぼ1年にわたり続けられている。開発がアナウンスされたのは2015年で、コンセプトモデルは昨年公開された。市販版は2ドアのソフトトップで、発表は今年後半、発売は2019年と予想される。

対して、共同開発されるトヨタ版は、固定ルーフとなる見込みだ。そちらのデザインは、2014年のデトロイトモーターショーで披露されたFT-1コンセプトに準じたものになる模様だ。

なお、AUTOCAR JAPAN上でこの記事をご覧になっている方は、記事下の「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアでこの記事をご覧の方は、記事下に設けられたリンク「『BMW Z4新型プロトタイプ』すべての画像を見る」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します