現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > BMW Z4新型、最新フォト スープラ共用でハイブリッドの可能性も 発売は19年か

ここから本文です

BMW Z4新型、最新フォト スープラ共用でハイブリッドの可能性も 発売は19年か

掲載 更新
BMW Z4新型、最新フォト スープラ共用でハイブリッドの可能性も 発売は19年か

2.0ℓ直4/3.0ℓ直6 8段ATも有力

次世代Z4が、テスト走行の距離を重ねている。2019年3月の発売が見込まれるそれのテストカーは、カモフラージュパターンに身を包んでいるが、ボディはほぼ市販スペックと思われるもの。また、以前に遭遇した個体よりホイール径が小さいことから、ロースペックなモデルだと思われる。

『BMW Z4新型プロトタイプ』すべての画像を見る

以前、サーキットでキャッチしたテストカーには、フロントにカナードが装着されており、BMWが高負荷走行時のパフォーマンスを評価中だったことを示唆していた。

現在はそこからデザインが進歩しており、外付けのパーツはないものの、空力性能を高めていると推測される。

エンジンは、最新ラインナップに用いられているターボユニットからチョイスされることになるだろう。

sDrive 30iには251psの2.0ℓ直4、また、よりパワフルなグレードにはM240iと共通する340psの3.0ℓ直6が搭載される見込みだ。いずれもZFの8段ATが組み合わされ、後輪駆動が標準仕様となる。

スープラと共用HVも採用か 発売時期は?

このモデルは、トヨタの新型スープラと主要コンポーネンツをシェアするとみられている。そのため、トヨタお得意のハイブリッドが採用されるとみられており、さらに4WDが導入されることも見込まれる。

リアアクスルは、M3やM4と同じものが採用されるが、これはその他のコンポーネンツにも互換性があることを暗示する。

つまり、431psのツインターボ仕様や、M2のシングルターボ370ps仕様の3.0ℓ直6や、7段DCTなどが採用される可能性も否定できないということだ。

そうしたドライブトレインを積むモデルにはMのバッジが与えられ、専用のボディワークやシャシーセッティングも用意されるとみられる。

Z4のプロトタイプによるテストは、ほぼ1年にわたり続けられている。開発がアナウンスされたのは2015年で、コンセプトモデルは昨年公開された。市販版は2ドアのソフトトップで、発表は今年後半、発売は2019年と予想される。

対して、共同開発されるトヨタ版は、固定ルーフとなる見込みだ。そちらのデザインは、2014年のデトロイトモーターショーで披露されたFT-1コンセプトに準じたものになる模様だ。

なお、AUTOCAR JAPAN上でこの記事をご覧になっている方は、記事下の「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアでこの記事をご覧の方は、記事下に設けられたリンク「『BMW Z4新型プロトタイプ』すべての画像を見る」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

こんな記事も読まれています

【MotoGP】復活目指すヤマハ、グランプリも将来に向けたテスト……クアルタラロ「昨年1年よりも多くの変更を、今回のグランプリで行なったよ」
【MotoGP】復活目指すヤマハ、グランプリも将来に向けたテスト……クアルタラロ「昨年1年よりも多くの変更を、今回のグランプリで行なったよ」
motorsport.com 日本版
【正式結果】2024年スーパーGT第1戦岡山 公式予選
【正式結果】2024年スーパーGT第1戦岡山 公式予選
AUTOSPORT web
DAMDが純正のエアバッグ/スイッチ類がそのまま使えるジムニー/ジムニーシエラ専用「全周オールウッドステアリング」抽選販売の受付開始
DAMDが純正のエアバッグ/スイッチ類がそのまま使えるジムニー/ジムニーシエラ専用「全周オールウッドステアリング」抽選販売の受付開始
くるまのニュース
37号車Deloitte TOMS、ついに霧が晴れたか!? 開幕戦で上位うかがう走り……笹原右京も手応え「コツコツ積み上げれば良いものが出来る自信がある」
37号車Deloitte TOMS、ついに霧が晴れたか!? 開幕戦で上位うかがう走り……笹原右京も手応え「コツコツ積み上げれば良いものが出来る自信がある」
motorsport.com 日本版
ポルシェ、ダ・コスタの失格に不公平感主張「フォーミュラE全体にとっても大きな損失」
ポルシェ、ダ・コスタの失格に不公平感主張「フォーミュラE全体にとっても大きな損失」
motorsport.com 日本版
【MotoGP】マルケス、大得意COTAでスプリント2位も「予想外」? マシンに問題発生し限界ライドできず
【MotoGP】マルケス、大得意COTAでスプリント2位も「予想外」? マシンに問題発生し限界ライドできず
motorsport.com 日本版
好調au TOM’Sがタイム合算方式初のPP。初陣シビックは3番手を獲得【第1戦GT500予選レポート】
好調au TOM’Sがタイム合算方式初のPP。初陣シビックは3番手を獲得【第1戦GT500予選レポート】
AUTOSPORT web
MKタクシーがメルセデス・マイバッハ『GLS』を日本初導入…独超高級車ブランド
MKタクシーがメルセデス・マイバッハ『GLS』を日本初導入…独超高級車ブランド
レスポンス
今年のSARDは今までとは違う! 中山雄一が開幕戦2位で感じた手応え「展開さえ良ければau TOMSに追いつけたはず。力強いレースができた」
今年のSARDは今までとは違う! 中山雄一が開幕戦2位で感じた手応え「展開さえ良ければau TOMSに追いつけたはず。力強いレースができた」
motorsport.com 日本版
「対向車のライトが眩しい!」なぜなのか ハイビーム推奨のせい? もしかしたらライトそのものの影響かも
「対向車のライトが眩しい!」なぜなのか ハイビーム推奨のせい? もしかしたらライトそのものの影響かも
乗りものニュース
”シンプルな”エネルギーマネジメント大成功で4位。ERTのティクトゥム「他のチームが同じような戦略を採らないなんて、驚きだったね」|フォーミュラEミサノE-Prix
”シンプルな”エネルギーマネジメント大成功で4位。ERTのティクトゥム「他のチームが同じような戦略を採らないなんて、驚きだったね」|フォーミュラEミサノE-Prix
motorsport.com 日本版
アルファ ロメオ新型「ミラノ」世界初公開! スタイリッシュな全長4.2mのコンパクトSUVはブランド初のEVのほかハイブリッドも用意
アルファ ロメオ新型「ミラノ」世界初公開! スタイリッシュな全長4.2mのコンパクトSUVはブランド初のEVのほかハイブリッドも用意
VAGUE
「動くぞッ!」 地面にめり込んだスバル「ヴィヴィオ」が話題に!? 超シャコタンな極限仕様、なぜ誕生?
「動くぞッ!」 地面にめり込んだスバル「ヴィヴィオ」が話題に!? 超シャコタンな極限仕様、なぜ誕生?
くるまのニュース
【2024年版】トヨタ ヤリス VSトヨタ プリウスを徹底比較
【2024年版】トヨタ ヤリス VSトヨタ プリウスを徹底比較
グーネット
注目高まる自転車ビジネス、電動化や高性能化 自動車メーカーやサプライヤーが技術応用
注目高まる自転車ビジネス、電動化や高性能化 自動車メーカーやサプライヤーが技術応用
日刊自動車新聞
モーターマガジンMovie 週間視聴回数BEST5 プラス1(2024年4月7日~4月13日)
モーターマガジンMovie 週間視聴回数BEST5 プラス1(2024年4月7日~4月13日)
Webモーターマガジン
“再出発”の藤波清斗、予選アタックと鬼ブロックで魅せた! プライベーターTEAM MACH勝たせるべく鼻息は荒い「また一花咲かせたい」
“再出発”の藤波清斗、予選アタックと鬼ブロックで魅せた! プライベーターTEAM MACH勝たせるべく鼻息は荒い「また一花咲かせたい」
motorsport.com 日本版
ドライバーふたり揃って”復帰戦”の100号車STANLEY、いきなりの3位表彰台。山本尚貴安堵「39号車を抜けず悔しいが、次に繋がるレースができた」
ドライバーふたり揃って”復帰戦”の100号車STANLEY、いきなりの3位表彰台。山本尚貴安堵「39号車を抜けず悔しいが、次に繋がるレースができた」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

365.0485.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

30.0233.0万円

中古車を検索
Z3 ロードスターの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

365.0485.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

30.0233.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村