サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フォーミュラE第3戦サンティアゴ決勝:最終周の劇的大逆転……BMWのギュンターが初優勝

ここから本文です

 フォーミュラE第6シーズンの第3戦サンティアゴePrixの決勝レースが行われ、BMWのマキシミリアン・ギュンターが優勝を果たした。

 第3戦の舞台は、南米チリの首都サンティアゴ。パーク・オイギンス・サーキットは、1周2.287km。11のコーナーを持つレイアウトである。

■FEサンティアゴ予選:ジャガーのエバンス、圧巻のポールポジション。予選を席巻

 ポールポジションにつけたのは、ジャガーのミッチ・エバンス。その後方にはマキシミリアン・ギュンター(BMW)、パスカル・ウェーレイン(マヒンドラ)らが続いた。気温34度、路面温度は39度というコンディションで、レーススタート時刻を迎えた。

 ポールのエバンスは無難なスタート。

おすすめのニュース

サイトトップへ