サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキとダイハツが「CJP」プロジェクトに参画。軽自動車の商用車事業でCASE普及などを目指す

ここから本文です
2021年7月21日、スズキとダイハツ工業は、トヨタ自動車やいすゞ自動車、日野自動車を中心とする商用事業プロジェクト「Commercial Japan Partnership(以下、CJP=コマーシャル ジャパン パートナーシップ)」に参画することを決定した。軽自動車事業において、CASE技術の普及を通じたカーボンニュートラルへの取り組みを加速する。

コネクテッド基盤の構築や電動化への技術協力も目指す
CJPは、いすゞと日野が培ってきた商用車事業基盤に、トヨタのCASE技術を組み合わせることでCASEの社会実装・普及に向けたスピードを加速。

おすすめのニュース

サイトトップへ