サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 漆黒ボディが美しい! 「ミニ・クロスオーバー」に特別仕様車シャドーエディション登場

ここから本文です

漆黒ボディが美しい! 「ミニ・クロスオーバー」に特別仕様車シャドーエディション登場

■ミニ・クーパーDクロスオーバー/クーパーDクロスオーバーALL4がベース

 ビー・エム・ダブリューは2021年10月18日、MINIブランドの「ミニ・クロスオーバー」に、ミッドナイト・ブラック・メタリックをまとった特別仕様車「MINI Crossover Shadow Edition(ミニ・クロスオーバー シャドーエディション」を設定して発表しました。納車は同年10月末以降を予定しています。

【画像】漆黒ボディが美しい!MINIクロスオーバーの特別仕様車を画像で見る(13枚)

 ミニ・クロスオーバー シャドーエディションは「その影は、光を放つ。」をコンセプトに、内外装をブラックでまとめた、強烈なインパクトを放つモデルです。

 パワフルなクリーンディーゼルエンジンを搭載した「ミニ・クーパーDクロスオーバー」「ミニ・クーパーDクロスオーバー ALL4」をベースにした限定車になります。

 車両価格は、ミニ・クーパーDクロスオーバー シャドーエディションが477万円(消費税込、以下同)、ミニ・クーパーDクロスオーバー ALL4シャドーエディションが501万円です。

 エクステリアにはブラックとシルバーをキーカラーとし、ミッドナイト・ブラック・メタリックのボディカラーにシルバールーフのコンビネーションを採用。さらにスポーティな18インチブラックホイールやブラックルーフレールなど、多くのブラックパーツを採り入れています。

 ライト周りやドアハンドル、リアのCrossoverロゴなど、標準モデルではクロームであるパーツを、すべてピアノブラックでまとめています。

 インテリアも、通常のクーパーDモデルでは選択できないレザレット・シート・カーボンブラックを標準装備し、全体をブラックで統一。さらに専用ステッカー付きインテリアサーフェス・ピアノブラック、専用ドアシルプレートも採用しています。

ミニ・クロスオーバー シャドーエディションのおもな装備内容

・専用ボンネットストライプ
・専用ルーフステッカー
・専用サイドスカットル/フロントフェンダーステッカー
・専用ステッカー付インテリアサーフェス ピアノブラック
・専用ドアシルプレート(フロント&リア)
・ブラックルーフレール&サイドシルフィニッシャー
・ピアノブラックエクステリア
・18インチ アロイホイール ピンスポーク ブラック
・LEDヘッドライト(コーナリングライト付)
・LEDフロントフォグランプ
・マルチディスプレイメーターパネル
・レザレットシート カーボンブラック(スポーツシート フロント:左右)
・ヘッドライナーアンスラサイト
・シートヒーター(フロント:左右)
・ドライビングアシストパッケージプラス
・リアビューカメラ
・パーキングアシストパッケージ
・フロント&リアPDC(パークディスタンスコントロール)
・ドライビングアシスト(前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ、レーンディパーチャーウォーニング機能)
・アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)
・ワイヤレスチャージング
・MINIドライビングモード
・オートマチックテールゲートオペレーション(オープン/クローズ、イージーオープナー機能付)
・スマートフォンインテグレーション(Apple CarPlay)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します