現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【予算100万円】秋冬春に最高の中古オープンカー3選+αを紹介! V8のトヨタ「ソアラ」は今のうちに味わっておきたい1台です

ここから本文です

【予算100万円】秋冬春に最高の中古オープンカー3選+αを紹介! V8のトヨタ「ソアラ」は今のうちに味わっておきたい1台です

掲載 20
【予算100万円】秋冬春に最高の中古オープンカー3選+αを紹介! V8のトヨタ「ソアラ」は今のうちに味わっておきたい1台です

低予算でもじつは選び放題

予算100万円で、趣味性が高く、爽快なドライブが楽しめるクルマこそ、オープンモデルではないだろうか。多くは2人乗りだから、実用車としては使いにくいが、クルマ好きのシングルやカップルにとっては、ぜひ自身のクルマ歴の中で所有、体験すべきモデルである。

今すぐ買える「予算100万円以下で選ぶMT車」走りも楽しく故障のリスクも少ないオススメ中古車10台

中古で選ぶなら車種は驚くほど多い

もちろん、オープンカーと言ってもマツダ「ロードスター」に代表されるライトウェイトオープンスポーツから、レクサス「SC430」のような「マイアミのマダム御用達」とも言えるラグジュアリーモデル、そしてVW「ゴルフカブリオレ」やBMW「3シリーズカブリオレ」といった後席を備えた実用性の高いモデルまでさまざまだ。

マツダ ロードスター(NC)

まず、探しやすい1台として挙げられる国産オープンモデルの筆頭が、ユーノスロードスターから今に至るマツダ ロードスターだ。根強い人気車だけに強気の価格設定が維持されていて、予算100万円でいけるのはロードスターとして初めての3ナンバーサイズ(といっても全幅1720mmだが)となった3代目のNC型。

初代・2代目に対して1000kgを超える車重だったこともあり、ライトウェイトスポーツとしてはやや不人気だったが、狙い目は2011年式前後のモデル。エンジンは2Lでトランスミッションは5MT、6MT、6ATが設定されていた。とはいえ、気軽に乗れるFRレイアウトのオープンモデルとして、オープンカー初心者なら満足、納得の走りを目いっぱい楽しめるオープンスポーツと言えるだろう。タマ数も多く、探しやすいのも特徴だ。

ダイハツ コペン

タマ数が意外に多い……!? のが、ダイハツ「コペン」。軽自動車規格の2シーターオープンスポーツで、その初代モデルの後期型なら2012年前後が、特別仕様車のアルティメットエディションを含めて狙える。

コペンはもちろん軽自動車だから、660cc DOHCツインスクロールターボエンジンを搭載し、最高出力64ps、最大トルク11.2kgmのスペックであり、車重800~840kgをもってしても、スポーツカーとして格別に速いわけではない。

だが、むしろ日常、近所一周でも全開(?)にできる等身大のスポーツカーであるところが最大の魅力。しかも、電動油圧ポンプ開閉式のアクティブトップ=ハードトップだけに、幌よりも耐久性がありイタズラに強い特性がある。もちろん、ライトウェイトを生かしたスポーティな走りを楽しむならMTの選択が絶対だろう。

トヨタ ソアラ(4代目)

コンパクトかつリーズナブルな国産オープンモデルを2台紹介したが、100万円の予算で目いっぱい見栄(?)を張れる1台が、海外ではレクサスSC430として販売された4代目トヨタ「ソアラ」だ。

4人乗りの2ドアコンバーチブルで、パワーユニットはなんと4.3L V8、280ps、43.8kgm+5ATだ! 全幅こそ1825mmと当時としてはワイドだが、全長は4515mmとショートだった。1355mmの全高もあって、丸っこくはあるが、ラグジュアリースポーティカーとしての存在感は絶大。

電動格納式ハードトップ、豪華さを極めた本革インテリア、大排気量ならではの優雅でパワフル、トルキーな走りは北米を中心としたセレブにも大人気だった。そんなクルマが今、2005~2006年モデルとはいえ、予算100万円で買えるのだ。レクサスのエンブレムでドレスアップした中古車もありそうだ。

100万円で選べる輸入車の世界

予算100万円で輸入オープンカーなんて無理……と思いがちだが、そんなことはない。年式的に新しい順に紹介すると、フィアット「500C」(2012~2016年)、フォルクスワーゲン「ゴルフVIカブリオレ」(2011~2012年)など。

かなりレアなフレンチオープンスポーツのルノー「ウインド」(2011年)は、2011年7月に発売され、即完売。ルノー・スポールが開発に関わったとされる2ドアクーペカブリオレで、全長3835mm×全幅1690mm×全高1380mm。ホイールベース2365mm。パワーユニットは1.6L+5MT。ただし、左ハンドルのみの設定だった。メンテナンスには苦労するかもしれないが、大切に扱われた個体があれば、レアモデルとして所有する喜びは格別だろう。

そのほか、かなり古くはなるものの、BMW「Z4ロードスター2.5i」(2006年前後)も予算100万円で手に入るドイツ製オープンカーである。

こんな記事も読まれています

400万円未満! トヨタ新型「“SUV”ミニバン」発表! 「欲しい」反響多数 タフ顔&高級内装で標準装備モリモリ「イノーバ ハイクロスGX O」印に登場
400万円未満! トヨタ新型「“SUV”ミニバン」発表! 「欲しい」反響多数 タフ顔&高級内装で標準装備モリモリ「イノーバ ハイクロスGX O」印に登場
くるまのニュース
まさに日産「スカイラインGT-R」のワゴン版!「ステージア オーテックバージョン260RS」のエンジン載せ替えだけじゃないチューニングとは
まさに日産「スカイラインGT-R」のワゴン版!「ステージア オーテックバージョン260RS」のエンジン載せ替えだけじゃないチューニングとは
Auto Messe Web
東急と京急、共同で自動運転の実証実験 横浜や川崎で小型バスを無料で運行 6/3まで
東急と京急、共同で自動運転の実証実験 横浜や川崎で小型バスを無料で運行 6/3まで
日刊自動車新聞
アルピーヌ育成のツォロフとミニがモナコで勝利を飾る【正式結果/FIA F3第4戦モンテカルロ】
アルピーヌ育成のツォロフとミニがモナコで勝利を飾る【正式結果/FIA F3第4戦モンテカルロ】
AUTOSPORT web
トヨタ、パリ大会最後に五輪スポンサー契約終了へ[新聞ウォッチ]
トヨタ、パリ大会最後に五輪スポンサー契約終了へ[新聞ウォッチ]
レスポンス
「自動車税」“うっかり”払い忘れ… 一体どうなる?「5月末の期限」迫る!「延滞金」はかかるのか
「自動車税」“うっかり”払い忘れ… 一体どうなる?「5月末の期限」迫る!「延滞金」はかかるのか
くるまのニュース
【MotoE第3戦カタルーニャ大会】2人の新ウイナーが誕生。ライダーが感情を揺らしたパルクフェルメの言葉
【MotoE第3戦カタルーニャ大会】2人の新ウイナーが誕生。ライダーが感情を揺らしたパルクフェルメの言葉
バイクのニュース
第108回インディ500決勝レースは悪天候によりディレイ。スタートは日本時間5時44分を予定
第108回インディ500決勝レースは悪天候によりディレイ。スタートは日本時間5時44分を予定
AUTOSPORT web
【宮田莉朋F2密着】モナコで待ち受けていた不運。収穫を得たスプリントレース/第5戦レビュー前編
【宮田莉朋F2密着】モナコで待ち受けていた不運。収穫を得たスプリントレース/第5戦レビュー前編
AUTOSPORT web
【MotoGP】「最悪のケースでも3位だったのに」2戦連続転倒のアコスタ、表彰台確実の大チャンス逃す|MotoGPカタルニアGP
【MotoGP】「最悪のケースでも3位だったのに」2戦連続転倒のアコスタ、表彰台確実の大チャンス逃す|MotoGPカタルニアGP
motorsport.com 日本版
キャタピラーがCSPI-EXPO 2024に出展…オペレータをリスクの高い作業環境から回避
キャタピラーがCSPI-EXPO 2024に出展…オペレータをリスクの高い作業環境から回避
レスポンス
 原付二種フルカウルモデル スズキ「GSX-R125」最新モデルを海外で発表
原付二種フルカウルモデル スズキ「GSX-R125」最新モデルを海外で発表
バイクのニュース
トヨタ新型「トヨタ“クロス”」発表へ! “レクサス級”の「斬新フェイス」が超カッコイイ! 丁度いいサイズ感の「コンパクトSUV」ブルネイに近日登場
トヨタ新型「トヨタ“クロス”」発表へ! “レクサス級”の「斬新フェイス」が超カッコイイ! 丁度いいサイズ感の「コンパクトSUV」ブルネイに近日登場
くるまのニュース
トヨタ、合成燃料やバイオマス燃料の市場投入へ 出光・ENEOS・三菱重工とタッグ
トヨタ、合成燃料やバイオマス燃料の市場投入へ 出光・ENEOS・三菱重工とタッグ
日刊自動車新聞
ボルグワーナー LFPバッテリーの供給と電動化主要最新コンポーネントを公開
ボルグワーナー LFPバッテリーの供給と電動化主要最新コンポーネントを公開
Auto Prove
【さみしい・・・】気持ちのいいクルマと言えばオープンカー その数はどんどん減っている お薦めのコンバーチブルの中古車×5台を紹介!
【さみしい・・・】気持ちのいいクルマと言えばオープンカー その数はどんどん減っている お薦めのコンバーチブルの中古車×5台を紹介!
AutoBild Japan
関西の夢の南北道路「名神名阪連絡道路」に反響多数!?「超近道!」「メリット大きい」近畿~北陸の短絡ルートが「道路空白地帯」に誕生へ
関西の夢の南北道路「名神名阪連絡道路」に反響多数!?「超近道!」「メリット大きい」近畿~北陸の短絡ルートが「道路空白地帯」に誕生へ
くるまのニュース
【F1第8戦決勝の要点】楽天的すぎたマグヌッセン。3件のアクシデントに対する異なる判断とモナコGPの魔力
【F1第8戦決勝の要点】楽天的すぎたマグヌッセン。3件のアクシデントに対する異なる判断とモナコGPの魔力
AUTOSPORT web

みんなのコメント

20件
  • うーん、4リッターで13年超の税負担はきっつい!
  • 4代目ソアラはレクサス開業と同時に国内向けもSC430に改称しているので、エンブレムチューンではない本物は存在する。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村