サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「A33で唯一5速MTが設定されたエクシモ」MTで乗るVQ20のフィーリングに悶絶!【ManiaxCars】

ここから本文です

「A33で唯一5速MTが設定されたエクシモ」MTで乗るVQ20のフィーリングに悶絶!【ManiaxCars】

豊かなトルク感と実測燃費23.6km/Lの経済性!

VQ20DEリーンバーン仕様の実力おそるべし!

「もはや“カウルを被ったF1マシン”! キミは伝説の“ヤマハOX99-11”を知っているか?」心臓部は超高回転型V12ユニット!

まさにイケイケだったバブル景気の頃の勢いはどこへやら、たった10年でそんなにも落ちぶれてしまうものなのか? 日産が2兆円もの負債を抱えて倒産寸前の危機的状況に追い込まれたのが1998年。そんな年に通算3代目、FFでは2代目となるA33セフィーロは登場した。ちなみに、ゴーンさんがやってきてルノーと資本提携を結んだのは翌99年…と、もう20年も前のことだったりする。

2代目A32でマキシマと統合され、アッパーミドルクラスのFFサルーンに生まれ変わったセフィーロは、3代目A33でもそのコンセプトを踏襲。経営不振なところへきて、意味不明感満点な『イルカに乗ろう』などというキャッチコピーを掲げたものだから「ついに日産も崩壊したか!?」と心配したけれど、イルカがモチーフのデザインを内外装に採り入れたからこそのキャッチコピーだと知って胸をなでおろした。

マイナーチェンジは21世紀になって間もない01年1月。海外仕様インフィニティI30と同じ前後バンパーが装着され、全長が前期型より140mm近くも延びて4920mmに達した。また、グレード構成も見直され、スポーティなSツーリング系を廃止。ラグジュアリー志向のエクシモ系に一本化された。

グレードは上から、直噴エンジンVQ25DD(210ps/27.0kgm)を搭載する25エクシモGと25エクシモ、リーンバーン仕様のVQ20DE(160ps/20.0kgm)を載せるエクシモGとエクシモの4つで、取材車両のエクシモだけに5速MTが設定されるのだ。

VQ20DEは1994年発売の先代A32セフィーロとともに登場。同年、稼働を始めた福島のいわき工場で生産されたエンジンだ。A33への搭載にあたってはリーンバーン(希薄燃焼)化が図られ、クラストップレベルの低燃費だけでなく、CO2排出量の低減も実現。同時に、低中速域におけるトルクも格段に向上させている。

探しても簡単には見つからないエクシモの5速MT車だけど、オーナーは「北米仕様と同じ5マイルバンパーでサイドマーカーも付くから」という理由で後期型に絞り、しかもボディカラーもボルドーレッドに決めた。あまりにも狙いがピンポイントすぎて難航を極めるかと思いきや、半年後にはまさにその仕様が出てきたっていうから、中古車探しはオモシロイ。

5速MTのギヤ比は1速から順に3.285、1.850、1.272、0.954、0.795。1~2速が大きく離れてて4~5速がオーバードライブになる。また、最終減速比は4.167だ。

『フルリラックスコンフォート』をうたうA33の室内は広く、ゆとりが感じられる。そして、全長5mに迫る大柄な4ドアセダンを5速MTで乗るっていう感覚がちょっと不思議だ。

純正オプションのDVDナビはダッシュボード中央にポップアップ式モニターが備わるけど(未装着時はフタ付きの小物入れ)、取材車両はそこに2DINナビを装着。パーキングブレーキはAT車の足踏み式に対して、MT車ではサイドレバー式になる。メーターは中央にスピード&タコメーターが並び、右側に水温計、左側に燃料計を配置。

開発コンセプトの“フルリラックス性能”を最もよく表すインテリア。シート表皮には肌触りの良いラッセル地が採用される。運転席には座面の高さを前後個別に調整できるデュアルシートリフターやランバーサポート機能を装備。

シートバックは後席の二―ルームに余裕を持たせる形状で居住性を高め、上部にはアシストグリップも設けられる。

トランクルーム容量は当時ライバルだったアバロンを上回る540L(VDA式)。9インチのゴルフバッグとスポーツバッグをそれぞれ4個ずつ積める広さを誇り、開口部が大きいため荷物の積み降ろしもラクにできる。また、6:4分割可倒式の後席背もたれによりトランクスルーも可能となっている。

4インチアップとなるフーガ純正19インチホイールを装着。リム幅8.5J、オフセット+50で、フェンダーに対する張り出し具合はワイドトレッドスペーサーで調整する。タイヤは、左右非対称パターンが特徴のATRコルサ2233をセット。225/35サイズを引っ張り気味に履く。足回りにはラルグス車高調が組まれ、ノーマル比約60mmのローダウンを実現。

エンジンは静粛性が高く、吹け上がりも上質かつスムーズ。回した時のパワー感は「まぁこんなもんでしょ」と、取り立てて言うほどのことはないけど、思いのほか低中速トルクがあるから2500rpmくらいで早めにシフトアップして、3~4速でダラダラ走るのもまったく苦にならない。

また、とくにインジケーター類は付いてないんだけど、燃費を稼ぐためのリーンバーン(=希薄燃焼)状態は走ってる感覚で分かるというから、さすがオーナーだ。ともかく、クルマとエンジンの性格が一致してるという点でA33の印象は非常に良い!

というか、5速100km/hで3000rpmだからギヤ比は全体的に低め。それが低中回転域での扱いやすさをもたらしてくれてたりもする。クラッチペダルは軽く、これならストップ&ゴーが続く渋滞でも、その操作を煩わしく思うことはなさそうだ。

たしかに、前後方向、左右方向ともにシフトストロークが大きくてスポーティ感はまるでない。けど、逆に今どき廉価グレードゆえの実用的5速MTって方が希少だし、そこに興奮してこそ変態グルマ好きだとも思うのだ。

■SPECIFICATIONS

車両型式:A33

全長×全幅×全高:4920×1780×1440mm

ホイールベース:2750mm

トレッド(F/R):1530/1510mm

車両重量:1390kg

エンジン型式:VQ20DE(NEO)

エンジン形式:V6DOHC

ボア×ストローク:φ76.0×73.3mm

排気量:1995cc 圧縮比:10.0:1

最高出力:160ps/6400rpm

最大トルク:20.0kgm/4400rpm

サスペンション形式(F/R):ストラット/マルチリンクビーム

ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク/ディスク

タイヤサイズ:FR205/65R15

TEXT&PHOTO:廣嶋健太郎(Kentaro HIROSHIMA)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します