現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 30年以上の愛車なのにナンバーが真新しいのはなぜ? オースチン「A30」をニュージーランドから連れてこれたのは妻のおかげ!?

ここから本文です
30年以上の愛車なのにナンバーが真新しいのはなぜ? オースチン「A30」をニュージーランドから連れてこれたのは妻のおかげ!?
写真を全て見る(2枚)

ニュージーランドから連れて来たオースチン

2023年9月3日(日)新潟県糸魚川市で「クラシックカーレビュー ITOIGAWA」が開催された。このイベントでは見かけたことのないオースチン「A30」を発見したので、オーナーに声を掛けてみた。お話を伺うことができたので紹介しよう。

彼女の初めての旧車はバンデンプラ「プリンセス1300」バブル期にヒストリックカー入門車として大人気でした

当時の空気感を大切にしているクルマたち

地元のヒストリックカー愛好家らが中心となって、1992年に新潟県糸魚川市で第一回目が開催された「日本海クラシックカーレビュー」。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

VWの新型3列シートSUVを激写!ティグアンより20cmも長い、このモデルの正体は?
VWの新型3列シートSUVを激写!ティグアンより20cmも長い、このモデルの正体は?
レスポンス
愛車に備えたい!汚れない消火具「ファイヤーショーカスティック」登場【動画あり】
愛車に備えたい!汚れない消火具「ファイヤーショーカスティック」登場【動画あり】
グーネット
日本で発売される可能性は?テスラの近未来EV「サイバートラック」の独創的すぎる世界観
日本で発売される可能性は?テスラの近未来EV「サイバートラック」の独創的すぎる世界観
@DIME
ホンダ新型「コンパクトSUV」まもなく登場! “約210万円から”の「WR-V」は「“最大級”荷室」採用!? 「コスパ最強SUV」は車中泊もできるのか
ホンダ新型「コンパクトSUV」まもなく登場! “約210万円から”の「WR-V」は「“最大級”荷室」採用!? 「コスパ最強SUV」は車中泊もできるのか
くるまのニュース
ホンダ、F1参戦60周年のメモリアルイヤーに「新たな歴史刻めるように全力」過激なレッドブルRB20にはさすがに驚き?
ホンダ、F1参戦60周年のメモリアルイヤーに「新たな歴史刻めるように全力」過激なレッドブルRB20にはさすがに驚き?
motorsport.com 日本版
マーク・ウェーバー、今や辣腕マネージャー! 担当するピアストリを語る
マーク・ウェーバー、今や辣腕マネージャー! 担当するピアストリを語る
motorsport.com 日本版
[15秒でわかる]マツダ『ロードスターND2』改良新型…進化の真相
[15秒でわかる]マツダ『ロードスターND2』改良新型…進化の真相
レスポンス
普通の車いすを電動化! ボルトオン型電動車いすユニットは某自動車メーカーの部活動から誕生!?
普通の車いすを電動化! ボルトオン型電動車いすユニットは某自動車メーカーの部活動から誕生!?
Auto Messe Web
新型トライトンに受け継がれた”パジェロ”の資産…サイドステップに隠された秘密
新型トライトンに受け継がれた”パジェロ”の資産…サイドステップに隠された秘密
driver@web
バイクで世界初の水冷90度V型4気筒エンジン搭載 ホンダ「VF750マグナ」は近未来クルーザーだった
バイクで世界初の水冷90度V型4気筒エンジン搭載 ホンダ「VF750マグナ」は近未来クルーザーだった
バイクのニュース
名門スプーンがスーパー耐久復帰を発表。山田英二とピストン西沢、HFDPの若手がFL5シビック・タイプRを駆る
名門スプーンがスーパー耐久復帰を発表。山田英二とピストン西沢、HFDPの若手がFL5シビック・タイプRを駆る
AUTOSPORT web
メルセデスベンツの超高級車ブランド「ミトス」、最初の市販車は2025年発表へ
メルセデスベンツの超高級車ブランド「ミトス」、最初の市販車は2025年発表へ
レスポンス
インディアナポリス、F1と商標問題で対立。”レース界最高のスペクタクル”のトレードマークは譲れない!
インディアナポリス、F1と商標問題で対立。”レース界最高のスペクタクル”のトレードマークは譲れない!
motorsport.com 日本版
マセラティ 新型オープンカー「グランカブリオ」2月29日初公開へ【動画あり】
マセラティ 新型オープンカー「グランカブリオ」2月29日初公開へ【動画あり】
グーネット
ルノー5がEVで復活!──GQ新着カー
ルノー5がEVで復活!──GQ新着カー
GQ JAPAN
【2024年F1新車情報:ウイリアムズ】FW46は昨年型のコンセプトを継続も、ディフューザー効果に懸念
【2024年F1新車情報:ウイリアムズ】FW46は昨年型のコンセプトを継続も、ディフューザー効果に懸念
AUTOSPORT web
日産「次期型GT-R」北海道で“実車目撃”!? 伝統の「丸目4灯テール」を確認! 次世代「国産スーパーカー」は1300馬力に超進化
日産「次期型GT-R」北海道で“実車目撃”!? 伝統の「丸目4灯テール」を確認! 次世代「国産スーパーカー」は1300馬力に超進化
くるまのニュース
まもなく日本で初披露!? 新型「ミニ・クーパー」は10年ぶりのフルモデルチェンジでどう進化?
まもなく日本で初披露!? 新型「ミニ・クーパー」は10年ぶりのフルモデルチェンジでどう進化?
VAGUE

みんなのコメント

3件
  • art********
    1950年代のオースチンいいですね。オールドカーに関しては欧米など海外にくらべ日本での維持は大変なのにムカつくけど、オーナーさんはこれからもオースチン・ライフを楽しんで下さい。
  • tak********
    そりゃ、新規登録したらナンバープレートは新しいのしか付かんだろ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

90.0150.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

49.966.4万円

中古車を検索
レビューの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

90.0150.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

49.966.4万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村