現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 30年以上の愛車なのにナンバーが真新しいのはなぜ? オースチン「A30」をニュージーランドから連れてこれたのは妻のおかげ!?

ここから本文です

30年以上の愛車なのにナンバーが真新しいのはなぜ? オースチン「A30」をニュージーランドから連れてこれたのは妻のおかげ!?

掲載 3
30年以上の愛車なのにナンバーが真新しいのはなぜ? オースチン「A30」をニュージーランドから連れてこれたのは妻のおかげ!?

ニュージーランドから連れて来たオースチン

2023年9月3日(日)新潟県糸魚川市で「クラシックカーレビュー ITOIGAWA」が開催された。このイベントでは見かけたことのないオースチン「A30」を発見したので、オーナーに声を掛けてみた。お話を伺うことができたので紹介しよう。

彼女の初めての旧車はバンデンプラ「プリンセス1300」バブル期にヒストリックカー入門車として大人気でした

当時の空気感を大切にしているクルマたち

地元のヒストリックカー愛好家らが中心となって、1992年に新潟県糸魚川市で第一回目が開催された「日本海クラシックカーレビュー」。以来、回を重ねるごとに毎回多くの参加車両とギャラリーが集まり、いまや上信越・北陸エリアを代表する老舗ヒストリックカー・イベントとして広く認知されている。

しかし、その知名度と人気ゆえ会場やスタッフのキャパシティ的には飽和状態となりつつあったことから、昨年のイベントを一区切りとして「日本海クラシックカーレビュー」は一旦終了。今年からはその名称も「クラシックカーレビュー ITOIGAWA」と改め、参加台数のスリム化、市内パレードの割愛など、一部コンテンツを見直すリニューアルを行ったうえで改めて開催されることとなった。

今回から参加台数が絞られたとはいえ、やはり長い歴史を誇る人気イベントとあって、イベント当日の9月3日(日)、会場となった糸魚川市郊外のフォッサマグナミュージアム敷地内には早朝から130台以上のヒストリックカーが続々と集結した。

参加車両は国籍を問わず1974年以前に生産されたクルマとされるが、単に旧ければよいというわけではなく、基本的にはオリジナル重視。少々のカスタムなどはアリだが、それも当時の雰囲気を壊さない範囲内でと、そのクルマが生まれた時代の空気感を何より大事にしているのが特徴だ。そんなイベント主催者の見識もあり、会場内はとても穏やかで落ち着いた雰囲気となっている。これはイベントが始まった時から一貫して変わらないクラシックカーレビューの大きな美点である。

英国仕様ではなくニュージーランド仕様のA30

長い歴史を誇るイベントゆえ、エントラントの中には毎年のように参加する常連も多いが、その一方で「今までどこに隠れていたのですか?」というようなニューカマーも少なくない。今回の会場で見かけたオースチンA30も、過去のクラシックカーレビューでは見かけた覚えのない1台だった。

今ではブランドが消滅してしまったが、かつてオースチンといえばライバルのモーリスと共に英国を代表する自動車メーカーのひとつで、わが国で言えばトヨタや日産のようなメジャーな存在であった。また、1950年代には日産がオースチンの技術供与をうけてA50のノックダウン生産をしていたことを思い出す年配のファンもいらっしゃることだろう。そのひとクラス下のA30は、ミニやスプリジェットなどでもお馴染みのAタイプ・エンジン(当初は800cc)が初めて搭載された小型FRセダンとして知られている。

真新しいナンバー・プレートの分類番号が510、そしてこのイベントでは初めてお見かけした個体だったので「最近手に入れられたのですか?」と尋ねると、オーナーの荻野晃さんは「このA30を手に入れたのは1990年ごろのことです」と、意外なお答え。

「実は35年ほどニュージーランドで暮らしておりまして、当時からずっと現地で乗っていたクルマです。仕事の関係で日本に戻ってくることになり、このA30も今年の6月に船で日本に運んできて、8月にこちらのナンバーがついたばかりです」

とのこと。つまりこのA30は右ハンドルながら英国本国仕様ではなくニュージーランド仕様というわけだ。

「もともとヒストリックカーが好きだったもので、ニュージーランドにいた頃にはT型フォードをはじめ、他にもさまざまなクルマに乗っていて、このA30は7台目の趣味のクルマでした」

このクルマを楽しめるのは家族のおかげ

ニュージーランドではヒストリックカー以外にも、モーターサイクルや軽飛行機(!)の操縦まで楽しまれていたという乗り物好きの荻野さんが、帰国にあたってこれだけは日本に持って帰りたいと思ったのがこのオースチンA30だった。走行距離は5万8895マイル(9万9733km)と、1955年生まれの大衆車としては比較的少なめの走行距離。ボディやエンジン、内装のコンディションも非常にしっかりしており、当日はイベント内イベントの”ジョイフル・ラリー”にもナビゲーター役の奥様と一緒に参戦、元気な走りを見せていた。

「ニュージーランドで暮らしていた時も日本に帰ってきてからも、好きなクルマで遊んでいられるのは妻の理解があればこそ、です」

と語る荻野さん。これからも奥様と二人三脚でオースチンA30との旧車ライフを楽しまれていくことだろう。

こんな記事も読まれています

プジョー 408【1分で読める輸入車解説/2024年最新版】
プジョー 408【1分で読める輸入車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
普通二輪免許で乗れるハーレー「X350」試乗インプレ! 扱いやすいストリートトラッカー
普通二輪免許で乗れるハーレー「X350」試乗インプレ! 扱いやすいストリートトラッカー
WEBヤングマシン
マツダ新型「CX-3」発表! 約480万円グレードもある「コンパクトSUV」に驚きの声も!? 「サンルーフ」設定もアツイ尼の「新モデル」に反響集まる
マツダ新型「CX-3」発表! 約480万円グレードもある「コンパクトSUV」に驚きの声も!? 「サンルーフ」設定もアツイ尼の「新モデル」に反響集まる
くるまのニュース
シトロエン新型「C3エアクロス」初公開! 全長4.4mの人気コンパクトSUVはセグメント初の7人乗り仕様も用意!?
シトロエン新型「C3エアクロス」初公開! 全長4.4mの人気コンパクトSUVはセグメント初の7人乗り仕様も用意!?
VAGUE
【順位経過】2024年WEC第2戦イモラ 決勝6時間後
【順位経過】2024年WEC第2戦イモラ 決勝6時間後
AUTOSPORT web
日産が「新型プレミアムSUV」世界初公開! 全長4.4m級“ちょうどイイサイズ”に「豪華内装」採用! 斬新顔の「新型キャシュカイ」欧州発表に大反響
日産が「新型プレミアムSUV」世界初公開! 全長4.4m級“ちょうどイイサイズ”に「豪華内装」採用! 斬新顔の「新型キャシュカイ」欧州発表に大反響
くるまのニュース
【ポイントランキング】2024年WRC第4戦クロアチア・ラリー後
【ポイントランキング】2024年WRC第4戦クロアチア・ラリー後
AUTOSPORT web
スバルが「ステレオカメラ×AI」を「次世代アイサイト」に搭載へ! 米・AMDと協業で実現
スバルが「ステレオカメラ×AI」を「次世代アイサイト」に搭載へ! 米・AMDと協業で実現
くるまのニュース
【山形県】四季の表情を映す田園と調和したカフェ+ギャラリー ~男を磨くデイドライブ~
【山形県】四季の表情を映す田園と調和したカフェ+ギャラリー ~男を磨くデイドライブ~
グーネット
スズキ「GSX-S125 ABS」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「GSX-S125 ABS」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
【福岡県】家具の産地・大川で出逢える無垢一枚板インテリアの魅力 ~男を磨くデイドライブ~
【福岡県】家具の産地・大川で出逢える無垢一枚板インテリアの魅力 ~男を磨くデイドライブ~
グーネット
【広島県】開放感の中で腕を磨く 創業60年のゴルフ練習場 ~男を磨くデイドライブ~
【広島県】開放感の中で腕を磨く 創業60年のゴルフ練習場 ~男を磨くデイドライブ~
グーネット
【秋田県】人間らしい温もり感じる革製品店「すずなり」 ~男を磨くデイドライブ~
【秋田県】人間らしい温もり感じる革製品店「すずなり」 ~男を磨くデイドライブ~
グーネット
【青森県】至福の空間づくり叶えるサウンドシステムを提供 ~男を磨くデイドライブ~
【青森県】至福の空間づくり叶えるサウンドシステムを提供 ~男を磨くデイドライブ~
グーネット
【宮崎県】オーナーこだわりの中深煎りコーヒーはヴィンテージの香り ~男を磨くデイドライブ~
【宮崎県】オーナーこだわりの中深煎りコーヒーはヴィンテージの香り ~男を磨くデイドライブ~
グーネット
【広島県】オンリーワン主義を貫く眼鏡店が新しい世界を見せる ~男を磨くデイドライブ~
【広島県】オンリーワン主義を貫く眼鏡店が新しい世界を見せる ~男を磨くデイドライブ~
グーネット
【滋賀県】子どもも愛犬も楽しめる、農家が造る“複合レジャー農園” ~男を磨くデイドライブ~
【滋賀県】子どもも愛犬も楽しめる、農家が造る“複合レジャー農園” ~男を磨くデイドライブ~
グーネット
【静岡県】インポートファッションの名店で「大人のオトコ」に ~男を磨くデイドライブ~
【静岡県】インポートファッションの名店で「大人のオトコ」に ~男を磨くデイドライブ~
グーネット

みんなのコメント

3件
  • art********
    1950年代のオースチンいいですね。オールドカーに関しては欧米など海外にくらべ日本での維持は大変なのにムカつくけど、オーナーさんはこれからもオースチン・ライフを楽しんで下さい。
  • tak********
    そりゃ、新規登録したらナンバープレートは新しいのしか付かんだろ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

90.0150.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

49.967.1万円

中古車を検索
レビューの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

90.0150.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

49.967.1万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村