現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「好きなのに乗っていいよ!」「じゃあ、フィアット8Vで!」博物館の貴重なクルマを極東のジャーナリストに預ける懐の深さよ【クルマ昔噺】

ここから本文です
「好きなのに乗っていいよ!」「じゃあ、フィアット8Vで!」博物館の貴重なクルマを極東のジャーナリストに預ける懐の深さよ【クルマ昔噺】
写真を全て見る(3枚)

博物館のクルマを日本のいちジャーナリストに預けてしまう懐の深さを痛感

モータージャーナリストの中村孝仁氏が綴る昔話を今に伝える連載。第13回目はチェントロ・ストリコ・フィアットで、出会ったフィアット「8V」を振り返ってもらいました。

「好きなのに乗っていいよ」チェントロストリコ・フィアットの取材で「124アバルトラリー」をトリノの街で全開走行【クルマ昔噺】

貴重な8Vに試乗することができた

モータージャーナリストになって初の大仕事と言えるのが、当時のカースタイリング出版から刊行した世界の自動車博物館シリーズである。僅か3冊を出版して打ち止めになってしまったのは残念だったが、自分自身にとっても今となっては貴重な資料となっている。

記事全文を読む
【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

270馬力の国内最強[スープラ]ターボAと[フェラーリ328]が谷田部で激突! 夢の対決どちらが勝った?【リバイバルBESTCAR】
270馬力の国内最強[スープラ]ターボAと[フェラーリ328]が谷田部で激突! 夢の対決どちらが勝った?【リバイバルBESTCAR】
ベストカーWeb
参加資格は500ドル=8万円以下の車両のみ! ペナルティはラブレター執筆にパントマイム! ル・マンならぬ「レモン24時間」なんて超珍レースが大真面目に開催されていた
参加資格は500ドル=8万円以下の車両のみ! ペナルティはラブレター執筆にパントマイム! ル・マンならぬ「レモン24時間」なんて超珍レースが大真面目に開催されていた
WEB CARTOP
FIA、F1ベルギーGPでフレキシブルウイングを映像分析へ。今後の規制強化に繋がる可能性も
FIA、F1ベルギーGPでフレキシブルウイングを映像分析へ。今後の規制強化に繋がる可能性も
motorsport.com 日本版
今年も Insta 360が 鈴鹿8耐にブース出展! カメラやアクセサリーの展示販売も
今年も Insta 360が 鈴鹿8耐にブース出展! カメラやアクセサリーの展示販売も
バイクブロス
走りが全然違う! レクサスが新型「LBX MORIZO RR」発表! 高級車の概念を変える隠し玉!? 試乗した印象は
走りが全然違う! レクサスが新型「LBX MORIZO RR」発表! 高級車の概念を変える隠し玉!? 試乗した印象は
くるまのニュース
トランプ再選がもたらす「自動車関連企業」への影響! 押さえておくべき“2つのポイント”とは
トランプ再選がもたらす「自動車関連企業」への影響! 押さえておくべき“2つのポイント”とは
Merkmal
ステランティス、新型EVの発売に向け充電サービス「Free2move Charge」を米国導入
ステランティス、新型EVの発売に向け充電サービス「Free2move Charge」を米国導入
レスポンス
6速MTあり! レクサスが「新型LBX “スポーツ仕様”」発表! 304馬力「爆速ターボ&4WD」×クラス超え「上質インテリア」採用! 特別な「MORIZO RR」8月発売
6速MTあり! レクサスが「新型LBX “スポーツ仕様”」発表! 304馬力「爆速ターボ&4WD」×クラス超え「上質インテリア」採用! 特別な「MORIZO RR」8月発売
くるまのニュース
“レクサス初のMT車”を設定! 小さな高級車「LBX」に高性能モデル「モリゾウRR」誕生! 300馬力超えの“コンパクトSUV”は高級感も魅力です
“レクサス初のMT車”を設定! 小さな高級車「LBX」に高性能モデル「モリゾウRR」誕生! 300馬力超えの“コンパクトSUV”は高級感も魅力です
VAGUE
「盛夏と戦うライダーへ」クシタニ、2024年夏向けメッシュアイテムを続々発表
「盛夏と戦うライダーへ」クシタニ、2024年夏向けメッシュアイテムを続々発表
レスポンス
【アプリリア】「アクラポビッチ サイレンサーキット20%OFF キャンペーン」を9/30まで実施中!
【アプリリア】「アクラポビッチ サイレンサーキット20%OFF キャンペーン」を9/30まで実施中!
バイクブロス
長期休みに練習したい人必見! バイクの操作方法のおさらい
長期休みに練習したい人必見! バイクの操作方法のおさらい
バイクのニュース
【ホンダ フリード 新型】CROSSTARは実用性と冒険心が調和するエクステリア[詳細画像]
【ホンダ フリード 新型】CROSSTARは実用性と冒険心が調和するエクステリア[詳細画像]
レスポンス
オコンのF1初優勝から3年。アルピーヌ、大波乱のハンガリーGPを制した『A521』を贈る
オコンのF1初優勝から3年。アルピーヌ、大波乱のハンガリーGPを制した『A521』を贈る
AUTOSPORT web
10年ぶりの全面刷新、新型『インディアン・スカウト』が受注開始 価格は196万円から
10年ぶりの全面刷新、新型『インディアン・スカウト』が受注開始 価格は196万円から
レスポンス
もう我慢の限界! ついに始まった「江の島封鎖」に反響多数!?「英断です」「検挙すべき」騒音など被害収まらず「ゲート閉門」夜間に無期限実施
もう我慢の限界! ついに始まった「江の島封鎖」に反響多数!?「英断です」「検挙すべき」騒音など被害収まらず「ゲート閉門」夜間に無期限実施
くるまのニュース
秋の夕べを愛するカングーと楽しめる名物イベント「KANGOO CAMP」、4年ぶりの開催が決定
秋の夕べを愛するカングーと楽しめる名物イベント「KANGOO CAMP」、4年ぶりの開催が決定
月刊自家用車WEB
最強グリップで街乗りからサーキットまでコレ1本……でも魔法のタイヤじゃない! いま人気の「ハイグリップラジアル」のいいとこネガなとこ
最強グリップで街乗りからサーキットまでコレ1本……でも魔法のタイヤじゃない! いま人気の「ハイグリップラジアル」のいいとこネガなとこ
WEB CARTOP

みんなのコメント

2件
  • ちゅうきち
    「8V」と書いて「オット-ヴー」と読むんでしたっけ?イタリア車はV6積んだクルマも「6V」(セイヴー?)と表記したりしていたな...「ランチアテーマ6V」
  • furima-jirosan
    日本にもこのフィアット8Vの1954年モデル(車体色:ブラウン)が
    輸入されて、クラシックカーイベントに登場したりしていますね。
    この当時は4灯のヘッドライトがつり目状にデザイン配置された
    いわゆる「チャイニーズアイ」が流行っていたようで、
    ロールスロイスやベントレーを始め、日本ではミケロッティデザインの
    「スカイラインスポーツ(コンバーチブル)」などがこのチャイニーズアイの
    ヘッドライトを持っていましたね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

406.0416.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

278.0535.0万円

中古車を検索
124スパイダーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

406.0416.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

278.0535.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村