現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 4代目ミニ・クーパー “電動”の魅力

ここから本文です

4代目ミニ・クーパー “電動”の魅力

掲載 1
4代目ミニ・クーパー “電動”の魅力

車種別・最新情報 [2024.04.09 UP]


4代目ミニ・クーパー “電動”の魅力

新型MINI特集!フルモデルチェンジでどう変わった?【2024】

新型MINI COOPERついに登場!

約10年ぶりのミニ×ミニ大作戦! 注目の4代目は“電気”が魅力
おそらく日本で最も認知度の高い輸入車ブランドのひとつ、ミニがフルモデルチェンジを遂げた。ニューミニの誕生から数えると4代目となる新型は、ひと目でわかるミニらしさを守りながら、最新プレミアムモデルらしい進化を遂げている。ガソリン車に加えて、シリーズ初のEVがラインナップされたのもニュースだ。

●文:横田 晃 ●写真:月刊自家用車編集部


新型MINI COOPER

新型MINI COOPER エクステリア&プロフィール
誰が見てもミニとわかる
ブランドアイコンは健在
 スエズ運河の利権争いが原因の第二次中東戦争による石油危機を受けて、英国の天才エンジニア、アレック・イシゴニスが開発した革新的なFF小型車がミニだ。
 今から60年以上前の1959年に誕生した、オリジナルミニのそんなストーリーを、もはや知らない人のほうが多いかもしれない。
 それどころか、1990年代まで作られ続け、最晩年には日本でもっとも売れていたミニというブランドを、英国のメーカーからドイツのBMWが買い、現代的でファッショナブルなプレミアムコンパクトとして再生・成功した話も、喜ぶのはマーケティング論専攻の学生さんぐらいだろう。
 BMWの手になるニューミニは、日本では2002年3月2日の”ミニの日“に登場。古くて小さいオリジナルミニには手が出せなかった、女性をふくむ多くの人々に支持されて、たちまちプレミアムブランドとして確固たる地位を築いた。今や誰も国籍を気にしないほど、日本中の道に根付いた定番英国車(生産は主に英国工場で行われている)だ。
 今回はカレンダーの都合で前日の3月1日に発表された新型ミニは、ニューミニの誕生から数えて4代目。車名も、オリジナルミニの時代に誕生して日本でも高い知名度を誇ったスポーツモデル、クーパーのサブネームを全車に冠して販売されることになった。
 日本の一般市民が知っていそうな名前をフルに入れ込んだ感もあるが、肝心なのは、クルマに詳しくない人が見ても、ひと目で「あ、ミニだ」と認識できるところ。「かわいいよね」「お洒落だね」と賞賛してもらえることだ。新型のエクステリアデザインも、その点に関しては完璧に達成されていることがわかるだろう。
 まず導入されたのは、ベーシックな3ドア。と言いたいところだが、じつは新型ミニは、2023年11月にSUVモデルのカントリーマンがすでに上陸している。3ドアはそれに続く待望の真打ちだ。
 おそらくは続いて、3代目までに存在していた5ドアやワゴンボディのクラブマン、コンバーチブルなどのバリエーションも上陸してくることだろう。
 搭載されるエンジンは、カントリーマンにも設定されている1.5ℓ3気筒ターボと、2ℓ4気筒ターボが選べる。ただし、カントリーマンにあるディーゼルターボの設定は、当面はない。
 そしてもうひとつの注目点が、135kWと160kWの2種類のモーターを積む、シリーズ初となるバッテリー式電気自動車が設定されることだ。


MINI Cooper SE 3Door
■主要諸元 MINI Cooper SE 3Door 全長3860mm、全幅1755mm、全高1460mm、ホイールベース2525mm、最高出力160kW、最大トルク330Nm、リチウム・イオン・バッテリー容量136.0Ah/54.2kWh、一充電走行距離402km


●価格:531万円

フロントマスクと比べると、後ろ姿の変化は大きい。伝統だった縦長のテールランプも、三角形に変身。ヘッドランプ周囲のLEDシグニチャーランプは、3種類にカスタマイズ可能。

2トーンに塗り分けられた薄く長いルーフや、丸いライトとグリルが織りなす表情は、まぎれもないミニ。EVモデルでは、フラッシュタイプのドアハンドルやフィンタイプのアンテナとなり、ホイールアーチの樹脂加飾もない。

外観はガソリン車もEVもほぼ同じだが、じつはEVは専用のプラットフォーム。エンジン車は先代をベースとしている。とはいえボンネットを開けても、違いはほとんど見分けられないだろう。

MINI Cooper S

MINI Cooper SE
左がガソリン車で右がEV。エンジン車は従来通りのドアハンドルやミニらしさの決め手でもあった樹脂製のホイールアーチ加飾などがつき、アンテナもロッドタイプとなる。もちろん、どちらもクルマを知らない人でも他車と識別できるミニらしさを備えている。


新型MINI COOPER インテリア&装備
環境負荷にも配慮した
意識高い系オシャレ車
 インテリアもまた、初めて乗る人には「これがミニなんだね」と気分をアガらせ、歴代のミニを知る人にも「これがミニだよね」と納得させるデザインでまとめられている。ただし、そこに散りばめられた装備群は、見るからに先進的なフルデジタル仕様だ。
 インパネの中央にどーんと据えられた直径240mmの円形の液晶パネルは、オリジナルミニの象徴であったセンターメーターへのオマージュ。歴代ニューミニに受け継がれてきた、いわば伝統だ。
 しかし、形は伝統的でも中身は最新の有機ELディスプレイ。アナログとデジタルを併記する速度計のほか、ナビやエンタメ、空調や各種の設定まで、あらゆる操作を集約し、スマホ感覚で操れる。
 運転中に視線を大きく移動する必要がないように、必要な情報はヘッドアップディスプレイに表示させることが可能だ。
 インパネにリサイクルポリエステル製のクロス風表皮を使い、クロームパーツやレザーにもリサイクルアルミなどの新素材を採用するなど、サステナブルな作りも今日のプレミアムブランドらしさ。
 クルマオタクではなく、意識高い系オシャレ層を振り向かせそうな一台に仕上がっている。


従来はあった通常のステアリング奥のメーターはなくなり、すべての機能をセンターメーターのみに集約。広々としたダッシュボード上には、最大7パターンのデザインされた光を投影でき、音楽に合わせて変化させることも可能。

歴代のBMWミニは、上質なインテリアのクオリティでプレミアムコンパクトの評価を築いた。その伝統は健在。オーナーはサイズを超えた、持つ喜びを感じることができるだろう。

サステナビリティへの配慮もプレミアムブランドの務め。インパネ表皮の布地風の素材はリサイクルポリエステル製。レザータッチのシート表皮も、じつは本革ではない最新素材だ。

直径240mmのまん丸のセンターメーターは、色や柄までお好み次第。もはや計器というよりもタペストリー感覚のインテリア。必要な表示はヘッドアップディスプレイにも出せる。

有機ELディスプレイへのスマホのようなスワイプやタッチ操作で、ウィジェットから必要な情報を呼び出せる。左はAR機能付きのナビ画面、右は必要な情報にアクセスするメインメニュー画面。

ラゲッジルームや開口部の広さは、もとよりあまり重視されていないモデル。その代わりにドイツ車らしい走りの良さが、歴代ミニの伝統だった。後席シートバックは分割可倒式。

ADASは高性能カメラ&レーダー併用タイプが全モデルに標準装着される。高性能プロセッサーによる高い解析能力が加わったことで、安全運転支援機能も大きくアップデートしている。

新型MINI COUNTRYMAN

クロスオーバー改めカントリーマンにも電気自動車を追加
新型ミニクーパーの発売に先駆けて、昨秋から導入されていたカントリーマンにもEVモデルが設定された。先代ではクロスオーバーと名乗っていたSUVモデルだが、じつはサーキット走行もこなせる高いスポーツ性も自慢。EVでもエンジン車以上の高性能版が設定されている。

高性能電動4WD車の
走りはエンジン車以上
 4代目ニューミニとなるミニ クーパー3ドアの導入に合わせて、先に新型が導入されていたSUVモデルのカントリーマンにも、バッテリーEVが追加されている。
 EVのラインナップを紹介する前に、既存のエンジン車をおさらいしておくと、今回発売された3ドアのベーシックグレードに設定されたのと同じ、115kW(156PS)の1.5ℓ3気筒ターボを2WD車に、150kW(204PS)の2ℓ4気筒ターボをALL4と呼ぶ4WD車に搭載。2WD車には、110kW(150PS)の2ℓ4気筒ディーゼルターボも設定されていた。
 さらに4WDモデルには、ノーマルのSに加えて、最高出力を233kW(317PS)まで高めたスポーツモデルのジョン・クーパー・ワークス(JCW)も設定され、サーキット走行も可能な駿足SUVであることが謳われていた。
 カントリーマンに新たに加わったEVモデルは、150kW(204PS)のモーターで前輪を駆動するカントリーマンEと、前後に140kW(190PS)のモーターを備えた4WDのカントリーマンSE ALL4の2タイプとなる。
 面白いのは搭載されるモーターの出力が全車バラバラなこと。3ドアのミニクーパーでは従来のワンに相当するベーシックなEが135kW(184PS)、従来のクーパーSに相当するスポーツモデルのSEが160kW(218PS)で、いずれも前輪駆動だ。
 Eでも0-100km/h加速7.3秒というかなりの高性能だが、SEに至っては、0-100km/hわずか6.7秒。じつはそれより凄いのが190PS×2のカントリーマンSE ALL4で、0-100km/h5.6秒は、ほとんどスーパースポーツカーのダッシュ力だ。
 精密なトルク制御が可能なモーターで前後輪を独立して駆動する4WDのEVは、ガソリン車を蹴散らす運動性能を可能にするというわけ。
 新型ミニシリーズのEVは、エンジン車より趣味性の高いモデルと位置づけられていることがうかがえる、味付けの差別化と言えそうだ。


全長4445mm、全幅1845mm、全高1640mmは、もはや“ミニ”ではないが、縦長のテールランプなどのアイデンティティを守ったデザインは、ちゃんとミニの兄弟に見える。

インテリアの仕立てや装備は、3ドアのミニクーパーと同じ。240mm径のセンターメーターを備えたインパネのデザインや質感も同じだが、見下ろし感覚のSUVらしいドライビングポジションとなる。

車高が高いSUVだが、フロア下に重いバッテリーを搭載するEVでは、見かけよりも重心が低く、路面に効率よくパワーを伝えられるため2WDのエンジン車よりダッシュ力もある。

3ドアより大容量の、66.45kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載。満充電航続距離もEで462km、SE ALL4で433kmと3ドアより長い。蓄えた電力を外部に給電する機能も備える。

3ドアには搭載されていない、ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能を日本国内では初搭載。事故回避ステアリング付き衝突回避・被害軽減ブレーキやパーキングアシストも備わる。

関連タグ

こんな記事も読まれています

世界の富裕層に向けた超高級EVの世界【ピニンファリーナ】
世界の富裕層に向けた超高級EVの世界【ピニンファリーナ】
グーネット
時代の移り変わりとトヨタ カローラの歩み【名車の生い立ち】
時代の移り変わりとトヨタ カローラの歩み【名車の生い立ち】
グーネット
ロータス 電動SUV「エレトレ」最新仕様と新価格を発表 デリバリーは2024年秋以降に
ロータス 電動SUV「エレトレ」最新仕様と新価格を発表 デリバリーは2024年秋以降に
グーネット
BMW 「ノイエクラッセX」で示した、最新技術とエコが融合する未来のカタチ
BMW 「ノイエクラッセX」で示した、最新技術とエコが融合する未来のカタチ
グーネット
「一粒で二度美味しい」ってこういうこと【AMG CLAシューティングブレーク】
「一粒で二度美味しい」ってこういうこと【AMG CLAシューティングブレーク】
グーネット
世界中で物議を醸した自動車デザイン 20選 今見ると「カッコいい」?
世界中で物議を醸した自動車デザイン 20選 今見ると「カッコいい」?
AUTOCAR JAPAN
DSオートモビル「DS7」 シックで上質感漂うインテリアの特別仕様車が登場
DSオートモビル「DS7」 シックで上質感漂うインテリアの特別仕様車が登場
グーネット
なぜホンダは日本で売らないのか? [インスパイア]PHEVは乗り味滑らかなFFサルーンに仕上がっているのに!!!
なぜホンダは日本で売らないのか? [インスパイア]PHEVは乗り味滑らかなFFサルーンに仕上がっているのに!!!
ベストカーWeb
ジープ・アヴェンジャー 詳細データテスト 低重心ゆえの良好な操縦性 日常的な乗り心地には注文あり
ジープ・アヴェンジャー 詳細データテスト 低重心ゆえの良好な操縦性 日常的な乗り心地には注文あり
AUTOCAR JAPAN
ハイラックスとトライトン待っていろよ! [BYD]初のピックアップトラック[SHARK]降臨!!
ハイラックスとトライトン待っていろよ! [BYD]初のピックアップトラック[SHARK]降臨!!
ベストカーWeb
スズキが新型「最上・最大級SUV」を2025年発売へ! 全長4.3mボディ&「斬新シフト」採用! 「謎のサイ」もいる「eVX」の指し示すものとは
スズキが新型「最上・最大級SUV」を2025年発売へ! 全長4.3mボディ&「斬新シフト」採用! 「謎のサイ」もいる「eVX」の指し示すものとは
くるまのニュース
【欧州市場投入】「マツダCX-80」高性能と最大7人乗りのゆとりある室内空間を実現
【欧州市場投入】「マツダCX-80」高性能と最大7人乗りのゆとりある室内空間を実現
AutoBild Japan
トヨタ・アルファードってどんなクルマ? ヴェルファイアとの違いも解説!
トヨタ・アルファードってどんなクルマ? ヴェルファイアとの違いも解説!
WEB CARTOP
三菱 軽EV「eKクロス EV」を一部改良 アッシュグリーンの新ボディカラー追加
三菱 軽EV「eKクロス EV」を一部改良 アッシュグリーンの新ボディカラー追加
グーネット
最強「V8エンジン」の爆音が轟く! 670馬力の新型「FRスポーツカー」実車公開に驚きの声! ツインターボ搭載の爆速「シックスパック」にも期待大!
最強「V8エンジン」の爆音が轟く! 670馬力の新型「FRスポーツカー」実車公開に驚きの声! ツインターボ搭載の爆速「シックスパック」にも期待大!
くるまのニュース
トヨタが11人乗り新型「プレミアムバン」発売! 最上級は1000万円超えで高級顔&豪華内装採用!? 全長5m「マジェスティ」タイで刷新、反響は?
トヨタが11人乗り新型「プレミアムバン」発売! 最上級は1000万円超えで高級顔&豪華内装採用!? 全長5m「マジェスティ」タイで刷新、反響は?
くるまのニュース
ジャガー「Fペイス」 ブランド90年祝う特別グレード追加 多彩な人気オプションを標準装備
ジャガー「Fペイス」 ブランド90年祝う特別グレード追加 多彩な人気オプションを標準装備
グーネット
可憐な[カレン]を知っているか! ST200系セリカの兄弟車は端正なフロントマスクのノッチバッククーペだった!!
可憐な[カレン]を知っているか! ST200系セリカの兄弟車は端正なフロントマスクのノッチバッククーペだった!!
ベストカーWeb

みんなのコメント

1件
  • aqu********
    BEVは否定しません。自分も乗っています(i3レンジエクステンダー)が、やはり一台ではまかなえません。エンジン車があるから乗れているのと、使い方を限定しているからであって、土日の高速長距離は充電に並ぶ事を考えたらウンザリなので長距離はガソリン車になります。

    ワンペダル走行は中々ラクですが、冬は暖房入れると途端に距離も短くなりますし、レンジエクステンダーが付いているから安心…とも言い切れないです。
    一台所有かつ長距離ドライブも…という方は現状はガソリン車の方が後悔はしないと思います。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

178.9209.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

70.0575.0万円

中古車を検索
ミニの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

178.9209.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

70.0575.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村