サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 見かけによらず実力はすごい? スポーツカーじゃないけど気合が入った軽自動車3選

ここから本文です

■見かけによらずハイスペックだった軽自動車を振り返る

 近年、日本の自動車市場でもっとも販売台数が多いのは軽自動車で、トップセラーでは月間2万台近くを販売しています。

MT専用! スズキ新型「ジムニーライト」人気沸騰を受け発売へ

 日本独自の自動車規格として1949年に法律上で制定され、本格的に普及が始まったのは1950年代に入ってからで、現在のような軽自動車規格が明確になったのは1954年です。

 その規格は排気量が360cc以下、ボディサイズは全長3000mm以下×全幅1300mm以下×全高2000mm以下と定められ、1975年まで続きました。

おすすめのニュース

サイトトップへ